幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー巡りー1-

「ここから先は、俺の知らない世界・・・か」
今は、門の前にいる門の近くまでは、来たことはあるのだが、この先は、行ったことは、無かった。
(今の俺は通用するか?)
「っとこれはいらない思考か、」
レミィ達が言うには、十分すぎるほど強いらしい、少なくとも博麗の巫女ってのには、匹敵するらしい。
「まぁ行き当たりばったりでいきますか。」
扉に手をかけ開けようとした時。
タタタタタタタタタッ
可愛らしい足音が聞こえ、後ろを振り返ると皐月が、走ってきた。
「あれ?どうしたんだろうか」
急いできたらしい相当息切れしている。
「ま、待ってください・・はぁ・・・はぁ・・・わ、私も連れてってください。」
「・・・・旅は道連れ、俺は別に良いけど・・・・咲夜さんに言ったのか?」
「大丈夫です!!長年溜まった休暇日を使ってます!!」
「そうか・・・まぁ俺でよければ夢の同行をするよ。」
「ありがとうございます!!では、失礼します。」
そう言うと、俺の胸ポケットに向かって飛び込んできた。
「のわぁ!!!」
すると俺との距離に比例して体が小さくなり、丁度いいサイズで、すっぽりと収まった。
「あんたらこんなこともできるのか」
「小さくなるぐらいならどうって事ないです!!」
「んじゃ行くか、」
俺は、門を押し最初の一歩を踏み出した。・・・・・・っと思ってた。





「グ~~~~~~~~~ス~~~~~~~~~~~~~~~~ピ~~~~~~~~~~~~~~~~~」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(イラ☆)」ブスブスブス
「アッ-----------------------------------♂」
「美鈴?なぜ寝てるのかしら?」
「す、すみません!!!咲夜さん!!こ、これは、そのふ、不可抗力というか、自身の意志じゃないというか・・・」
「はぁもう良いわ、それで?霊夜さんは、無事出発できたかしら?」
「あれ?そんなに気にするなんてもしかして咲夜さ――――」ゴキ
拳が身体の中心より少し上にめり込む。
「今度余計なことを言うと口を縫い合わすぞ」
「ハイ、ワカリマシタ」
「お嬢様たちが気になってそわそわしてたのよ」
「あぁお嬢様達霊夜さんの事好いてますしね。・・・・・ってあれ?その言い分だと霊夜さんってもう出たんですか?」
「えぇ序に妖精メイドも一緒よ」
「それなんでまた」
「屋敷の外の世界を見て回りたかったらしいわ、」
「そうなんですか、でも霊夜さんみたいな、気配を消せるなら分かるですけど、妖精メイドも一緒だと言うと・・・・それらしい気は一度感じて起きて確認したんですけど何処にもいなかったんですよね、」
「おかしいわね・・・??」
「「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」」
「と、取り敢えずお嬢様達には、無事に出ていったと伝えるわ、」
「レミリアお嬢様には、すぐばれるんじゃ・・・」
「なんでも霊夜さんの未来は、見たくないそうよ」
「これは、ガチで好かれましたね。」
~その頃の霊夜たち~
「・・・・・・・・・・・・いやここ何処」
迷子になっていた。

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く