幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー自分ー17ー

「おーい何とかこの子の暴走止め・・た・・・おい!!大丈夫か!!」
本棚の裏側、パチュリー達がいる所を除くと気絶している皆がいた。
「リョ、霊夜-どうしたのー?」
レミリアは、まだ動くことがままらないのでフランを任せてる(離れる時ジャケットを離してもらえず持っていかれ今は、抱き枕になっている。)
「だ、大丈夫だーも、問題ない」
そう言いながらパチュリー達に近づく。
「お、おいパチュリー大丈夫か、」ゆさゆさ
「う、うぅ~」
「魔理沙も大丈夫・・・ん?」
ここで霊夜は、四人の違和感に気付いた。
パチュリーは楽な体勢で気絶しており、自分の意思で、やった感覚があるのに対し、魔理沙、アリス、人間のメイドは、全員仰向けで気絶しており最大の違和感は・・・
「何か後頭部を殴られたような後、アリスは・・・ここに落ちてる布・・・・催眠薬の匂い・・・こんなものがなぜここに・・・」
「いてててて・・いきなり何だったんだぜ」
「魔理沙・・・気が付いたんだな」
「あ、霊夜!!フランは、どうなったんだぜ?!」
「今は、寝てるよ姉の膝枕でね、」
「そうかよかった・ん・・だ・・・ってよくないぜ!!どうしたんだぜ?!この状況!!!」
「俺も理解しがたい、起こすの手伝ってくれ、魔理沙は、そこのメイドを頼む、俺は、パチュリーを起こす。」
「アリスは、どうするんだぜ?」
「アリスは、ちょっと特殊な気絶の仕方をしてるからしばらくは、絶対起きないよ。」
「そうかだぜ、パチュリーは、魔力枯渇マジックデプリシャンだから魔力を回復させないと起きないぜ」
「その魔力の回復ってどうやるんだ?」
「ん~~~~あ、そうだ霊夜の体液を飲ませたらいいんじゃないかだぜ?」
「・・・・・・・・・・・・え、マジで言ってる?」
「霊夜の中には、魔力が、凝縮してできた、魔力水があるんだぜ、それを飲ませれば一発で起きると思うんだぜ?」
「あぁなるほどそうゆう事か。」
(あの時俺の身体から流れ出ていた液体の正体ってその魔法水だった訳だ。どうりで何かガンガン削られる感覚がするもんだ。やっぱり予測通り魔力が削れる感覚だったか)
「分かったそうする。」ブッチッ
手首に犬歯を尽きたて噛み切るそこから魔法水が流れて出てくる。
「んっんっんっ」
それをパチュリーの口の中に流し込む。
「こんぐらいだろう。」
手首に意識を向け傷を修復する。
「うっやっぱなんか乱れるな。・・・あんましない方が良いな。」
傷があった所をさすりながらもう一度身体を揺すり起こす。
「う〜ん・・・あ、霊夜もう大丈夫なの?」
「バッチリ、二人とも無事だよ」
「そう良かった」
「動けるか?」
「もう少し・・・って何かあったわね」
「気付くか、多分パチュリーが気絶した後に三人とも襲われている。アリスは、布に染み込ませた睡眠薬で眠らせられてる。魔理沙とそこのメイドは後ろから殴られたような後がある。アリスはもう少ししたら起きるよ、幸い量が少なかったからっね!!」パン  ピュンキン
霊夜はいきなり明後日の方向へ弾幕を飛ばす。するとそこから何か硬いもので弾いた様な音が響いた。
「・・・出てこいさもないと次は、当てるぞ。」
すると物陰から一人の男が出てきた。
全身を布が覆っており、顔は、分からなかった。
「全くあんたなに者だい?ことごとくこちらの計画を狂わせてくれるね?」
「そりゃどうも・・・どこから来た。少なくともこっちの世界の者では、無いだろう。」
「・・・答える義務は、無い。」カラン
男の後ろで音が響いた。

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く