幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー自分ー10-

「《禁忌フォーオブアカインド》」
フランの姿がブレ、四つに分かれる。
「分身ってマジ―――」シュン
「え?」
気付くと四人に囲まれていた。
シュシュシュシュシュシュシュシュシュ
四方向から鋭い手刀が振るわれる。
「ッキッツイ・・ッチ」
肌に切り傷が刻まれていく、
「・・・・・・・・」
(これは、完全に意思を消されてるな、しかもドーピング済みか、)
「ちょっと怖いが・・・やるしかないな、」
霊夜は、一瞬、スキを作ったそして・・・
ブシュ ボト
片腕を切り落とされた。

「あ!!!」
「レミィ、どうしたの?」
「あの人間の腕が!!?!?」
「・・・・パチュリーあれは、流石にやばいんじゃないか?」
「もう見てられないわ!!」
「あ、レミィ!!」

「よっと」
腕を切り落としたスキを突き包囲網から逃れる。
ビチャビチャ
「何だよこれスゲー何か削られていくんだがしかもうまく魔力が操作できないし、意識の集中も危うい、原因はこの流れ出ている液体何だろうが、止まらないな」
「《神槍スピア・ザ・グングニル》!!」
紅色の槍が、脇を通り過ぎる
「・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!」
しかし不意を付いたにもかかわらず分身体を一体消すまでで止まる。
「お嬢さん?もう動けるのか?」
「吸血鬼を馬鹿にしないであの位休めばすぐ動けるようになるわ」
「吸血鬼・・・・成程、そうゆう事か異様な再生能力のたわものだな」
「貴方は、休んどきなさいそんな身体じゃまともに戦えないでしょう。」
「・・・・・・何の事かな?」
「何のってあなたのその・・う・・・で・・・・」
「・・・直りました。」
「はぁ?」
霊夜の腕は、確かに少し離れたところに落ちていた。
「貴方・・・何者??」
「相当混乱してるんだな、とりあえず腕が落とされたことに変わりわないごっそり削られたし何か流れが不安定だし、なかなかなれない状況・・・・一緒に戦ってくれると・・・嬉しい。」
「その答えは・・・もちろんOkよ妹を救えない姉何て姉失格よ。」

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く