幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー自分ー11-

「よかったその返事を聞けて・・・でも満足に動けないだろう、まだ」
「うっ」
「図星か・・・遠距離を頼む生憎最近弾幕を初めて出したもんでな威力とかそこらへんが、まだあいまいなんだ」
「そうゆう事なら分かったわ、でもこのままじゃさっきと同じよ?」
「大丈夫、今度は、守り優先にする。スゥーーーーー」
霊夜が息を吸う動作をすると霊夜の体内で魔力が、練りあがっていくのを感じる、練りあがった魔力は、二つに分離し両腕へ、移動し、
「ハァ-ーーーーーー」ギュルルルルルルルルル
浮かび上がり一組の円盾が出来上がった、大きさは、半径が肘から指先分で円状の白い魂とその周りに三体の黒い魂のようなものが、特徴的だった。
「完全護りに徹するつもりねいいわ乗ってやろうじゃない!!」
「さてそろそろ限界だな、ナイスだ!!パチュリー!!」
そうレミリアがここに来たときからパチュリーが、捕縛魔法をかけ、フランの動きを止めてたのである。
「礼は、良いから早く元に戻して!!もう無理―――」
「・・・・・!!!!!」
その言葉どうりに捕縛魔法が解かれ弾幕を撃ち始める。
「それじゃ・・・・行きますか」
「前衛・・頼んだわよ!!」
同時に二人は、動き出した。

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く