幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー始まりー7-

ドガーン
「あそこね」
あの後何人もの妖精メイドが報告しに全力で飛来し気付き、叫んだ
「・・・たしかここのメイドって5匹一組で動いてたわよね?たしか・・・ここに三十組来たから二匹の時もあったし・・・百匹位が追ってるのかな?」
「あ、あそこです!!」
メイドが指差した方向でたまに轟音が鳴り響く。
「早く助けに行かないとだぜ!!」
魔理沙が突撃しようとしたところでパチュリーに首根っこをつかまれる
「グヘッ」
「ちょっと待って、アリスも・・・」
「何してるんだぜ!!早く助けに行かないと!!」
「よく見なさい!」
「「ん?」」
青年に後ろと前から斬撃が前からは頭、後ろからは膝を狙い、迫る。
「あぶな―――」
それを青年は間をその場でバク転し潜り抜けた。
「へ?」
さらに着地の時、しゃがみ込み横に転がり背後から迫ってた全身拘束器具をよける。
「あら、」
床に片手を付き逆立ちし、鈍器を蹴り上げる。
更にそのまま片手でジャンプし、手首を狙った斬撃をよけるとともに立つ。
「・・・様子を見ていたいの」
「いいわ」「分かったぜ」

・・・・キリがないどんなによけても止まることが無い。しかもちゃんと連携してるからなおさらよけずらい
「くそ‘‘何か防ぐものが有ったら‘‘」グニュ
「!!」
両手首の皮膚から可笑しな音がし、確認すると渦巻きが肘から手先まで広がり形を変形させていった。
「隙あり!!」
頭上から鉈が振り下ろされる。ギィン
「な!!」
その攻撃は‘‘硬い物‘‘に防がれる
「これなら・・・捌ける!!」
青年の両腕には、小型の盾が両腕を覆っている籠手にとりついていた。

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く