幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー自分ー4ー

「こ、ここが幻想郷について書かれた本がある場所です。」
「・・・うん広い」
「えーっと確か・・・あ、これです。」
「それは?」
「ここ最近の幻想郷で起こった出来事をまとめた奴です。あとお読みになるのでしたら・・・」トントン
皐月は、本棚と本棚の間、丁度中間の床を足で叩いた。
「ここにでも腰掛けて下さい。」
床がせり上がり机と椅子が現れた。
「ありがとうな、仕事を止めてまで案内してもらっただけでなく、こんなことまでしてもらって。」
「い、いえもう仕事は無かったですし///」
「お寿司」
「へ?」
「あ、気にしないでこっちの話」
「そ、そうですか」
「さて予習するとしますか」
俺はさらに数冊の本を選び、椅子に腰掛けた、この椅子は丸い机を囲む様な長椅子になっているのだが
「皐月よ、なぜ隣に座る。」
「座らせて下さい。やることなくて暇なんです。」
「そ、そうかまぁ好きにしたら良いさ」
〜数時間後〜
「・・・・・・・・ん?」
(これは・・・・興味深いな、ちょっと刻んでおくーーー            コテン
「っと限界だったか、」
膝に何かが当たる感覚がし、確認すると、皐月が寝落ちし膝に頭を落とした感触だった、
「こんな所で寝たら風邪引くだろうに、さてどうしよっかな」
(この子が寝ている部屋は、知らないし、かと言ってこのままほっとくわけには、行かないし。)
「ん?そう言えば・・・」
『適応石、貴方にどんなものでも体内で魔力に変換、又は魔力から物質を作り出すわ、』
「・・・・やって見ますか」
俺は、手を突き出し意識を集中した、
(・・・・このぐらいの大きさで厚さは・・このぐらいだな、素材は、あれで良い、・・・・よしそしたら血液を外に出す様に・・・って本に載ってたよな?・・・っと)
「・・・・よし、」
目の前で手のひらから出た光の粒は、集まり形を作り始める。
それは、長方形になると、光が散り、中から一枚の掛け布団が出てきた。
「出来たな、何か少し削れた様な感覚があったが直ぐにそれ以上の満たされる感覚があったな・・・このぐらいの物だったら難なくできるってことか、」
掛け布団を皐月にかけ、少し考え今だ指の先から肘まで有る物に意識を向けた。
「・・・・・・・・よしっと」
籠手と盾は出てきた時とは逆再生の様に普通の腕に戻った。
「ふぅーんこっちは、感じられない程・・・か、」
この後本を読みながら様々なことを試し時間を潰した。

「・・・・むにゃ霊夜さ・・・ん・・・むにゃ」

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く