幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー自分ー6-

「それじゃぁ始めるわね、魔理沙、分かってるわね?」
「もちろんだぜ!」
「それじゃ初め!!」
俺は、今弾幕ごっこごっこをしている。なぜこうなったかと言うと・・・

「さて次は、弾幕を出させたいところね、さっさと次に進みたいからなるべく早く出せるようになってほしいのだけど・・・」
「それなら実戦あるのみだぜ!!」

って具合に決まったのだ、どうやら妖精達との戦闘で刺激されたらしく俺と一度戦ってみたかったらしい。
「まずは、こうだぜ!!」
等間隔な弾幕がすぐ横をとうり過ぎる。
「もっときつく、早くても良いよ」
「それなら!!《魔符 ミルキーウェイ》!!」
白い星のような弾幕が銃弾の如く迫る。
「ちょっと魔理沙!!何してるの!!そんなことしたら―――」
「ちょっと待ってパチュリー!よく見て!」
「・・・噓」
ここで弾幕ごっこごっこのルールを説明する、攻め側と避ける側を決め、避ける側があいての弾幕に当たらず攻め側にタッチすれば避ける側の勝ち、逆に当たれば攻め側の勝ちっと言った具合だ。今回は、俺も弾幕を出していいが、
「この弾幕なら・・・いけるな」
俺は、迫りくる弾幕に正面から突っ込んだ。

「・・・噓・・・弾幕の上を走るなんて、」
霊夜は、いきなり魔理沙のスペカに突っ込んでいき、当たる瞬間飛び込みその弾幕を地面に向かって蹴った、そしてその反動を使い次の弾幕へ、またその反動を使い次の弾幕へ、と走っていた。
「な!!んなのありかよ!」
「銃弾より遅いんでな!!タッチっと」
そのまま魔理沙の肩に触り、背後に降り立った。
「な、何なんだぜ!!今の動き!!」
「えっと・・・戦武ラビット、オリジンルの戦闘術なんだ、別名ダルマの戦い」
「だ、ダルマ???」
「そうダルマ、」
「にしてもまさか弾幕の上を走るなんて・・・本当に凄い物を作っちゃたわね、私達」
「いや、現代でもやってたよ?そもそも弾幕の方が、デカいし遅いし、簡単だよまぁ横方向の遠距離攻撃にしか使えないんだけどね」
「貴方現代でも相当、いえ今ぐらい強かったでしょ、」
「んーそうだね、現代での中が、ここでの低だな」
「・・・強いんだ」
「・・・・・・!!こうなったら今度は、普通に弾幕ごっこをするぜ!!」

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く