幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー自分ー8ー

図書館入り口
「クゥッ」
「お、お嬢様、ご、ご無事ですか?」
「な、なんとか・・・ね」
「レミィ!!咲夜!!どうしたの!?」
「パチェ・・・フランが・・・」
「フランが!?ここずっと暴走しなかったのに・・・それよりフランーーー」
「パチュリー!!霊夜いた!?」
「アリス落ち着くんだぜ」
「貴方達もい・・・リョウヤ?誰なのかしら?」
「そ、そんな事よりどうしたんだぜ?!」
「それはーーー」
「キャハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」
「あれよ」
「マジかだぜ・・・ここにいるメンツ・・・魔法使い三人でどうにかできるか?」
「聞き捨てならないわね・・・私は、まだ・・・」
「お嬢様!!無理なさらないで下さい!ここはこの咲うっ」
「貴方こそ休んどきなさい、私よりボロボロじゃない・・・大丈夫私はレミリア・スカーレット、ここ紅魔館の主よ、まだやられる訳にーーー」ドサ
羽の生えた少女は耐えか寝た様に倒れる。
「レミーーー」チュドン
パチュリーは、助けに行こうと動こうとするが、紅い弾幕が行く手を阻む。
「ねぇ、もっと遊ぼう私の為に遊ぼう、動かないなら・・・・・壊れちゃえ」
「させないぜ!!《星符ドラゴンメテオ》!!!」
頭上から大小様々な燃える弾幕が降り注ぐ・・・・・・・・・・・が
「ギュッとして・・・ドカン!!!」
全て粉砕された。
「それじゃぁコワレチャエ、エイ」
爆発性のある弾幕が羽生えた少女に迫る。
「駄目!間に合わない!!」
「咲夜!」
「す、すみませんもう能力を使う程・・・」
止まることの知らない弾幕が羽生えた少女に迫る思わず目をつぶった時、
「させるか。」
体が浮き上がり疾走していた。
「へ?」
目を開け気付いた時には本棚の後ろにいた。
「・・・は!!あれ?何で皆本棚の後ろにだぜ?」
「俺が運んだからだよ」
「「「「「!!!!!!!」」」」」
「貴方は、だーーー」
少女は叫ぼうとしたが口を抑えられてしまう。
「静かにあの女の子に気付かれる」
霊夜はずっと同じ場所を見ていた
「キャハハハハハ!!次はかくれんぼだね?!」
「取り敢えず自己紹介等は後、今は"泣いてる"あの子を助けなきゃ」
「泣いてる?」
「目がね、アレは好きでやってないいやいややってる時の目だ。」
「貴方が何でそんな事が分かるのかしら?」
「そんな目ばっかの世界で生きてきたからね。」
霊夜は、ゆっくりと姿勢を変えて行く
「待って、まさか一人で、しかも丸腰で行くつもり?」
「そのまさかだな、大丈夫だどっちも無傷・・・ってわけには、行かないけど、最小限の怪我で済ますよ。」
「どこからそんな自信が来るのよ。」
「・・・経験」バリ
その言葉とともに姿を消した。

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く