~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。

簗瀬 美梨架

テネヴェの裁き再び

*3*


「おはよう」ティティは眼帯をしっかりとつけながら、通り過ぎた神官ソルに挨拶をした。


 胸騒ぎがする。慣例に倣い、クフに謁見し、柱のテーベ神に挨拶をし、キオスクに足を踏み入れた。侵略に備えての作戦会議を神官ソルたちは熱心に繰り広げている。

「ティティインカ。もう潮時でしょうに」

 クフはちらとティティを見ると、オベリスクの下部を指した。正方形になっていて、幾重にも象形文字が重なって彫られている部分だ。元々の白い石膏の粉が少しずつ削れて、舞い散っている。相当の時間を隔てているから、風蝕しているのかも知れない。

「この粉は身体に良くないと言われている。ティティインカ」
「そうね。ありがと、イザーク」

 クフが驚愕の眼をした。後で、ふっとイザークと同じ笑みを見せた。すべて看破されている。ティティは唇を噛んだ。クフはあれから髪を銀色にしたから、なおさら間違いそうになる。もしかすると、それさえも心に付け入る〝準備〟かも知れない。

(冗談じゃない。しっかりしなさいよ、わたし!)

 両手で頬を叩いて、ティティはオベリスクの真下の石版に気付いた。模様だと想っていたが、これも、小さな聖刻文字だ。

「ねえ、引っ掻き文字が、名前に見えるのだけど……これが縛り付けている原因?」
「子供の悪戯だよ。届かなかったんだろうね。ひっかき傷だ」


「いえ、間違いない。小指の爪ほどの小さな文字。大人なら、もっと高い場所に彫り込めるでしょうし。調査は隈無く済ませたはずだったのに」


(諱がこんな低い場所まで? こんな所に彫り込んであるなんて。この聖刻文字、この諱を彫り潰してあるんだ。では、数十もあるイザークへの呪いの文字はなに? 上から削って本当の文字を取ったのだわ! だとすると、この聖刻文字を書いたのは)

 ――何か、ある。顔を近づけた途端、「ターナは足止めにもならない」と悪の声がした。クフが王の剣を引き抜き、ティティの首にぴったりと当てていた。

「動かないで。呪術師ティティインカ。動けば、綺麗な首が血塗れになります」

「わたしを殺したら、結界は作れないわよ。滅びたいの?」

「構いません。もう、神に逆らう準備は済みましたから。むしろ、兄が身代わりになったお陰で、我らはマアトなどには怯えないで済みそうでね!」

(かろうじて、文字、見える……イホメトが告ぐ。ええと、アメンレスト……スウト……ラー……? 隠すように、どうしてこんな場所に?)

 オベリスクは通常は中央に神への讃辞の碑文を彫る、台座のほんの小さな一角。まるで見ないで書いたような、ひっかき傷。

(やっぱり、これ、イザークが彫った聖刻文字!)

「動くなと言ったでしょう。懲りない呪術師ですね。ティティインカ」

(ええと、急いで、急ぐの。読むのよ、わたし)

 夢中で文字を追うティティの視界に、短剣の刃が映った。クフはティティの目の前に短剣を翳し、そのまま首にぴったりと当てた。

「仕方がない。首を落としましょう。綺麗な首ですが残念ですね」

 チク、とティティの首に切っ先が刺さった。耳朶の下に、クフの舌が触れた。身体を強ばらせたティティの耳元で、クフはうっとりと低音で囁いた。

「読まれては困るんだよ。人々には、あくまで兄を怨んでいただかないと……ね。兄も兄だ。こんなところに仰々しく真実マアートを彫り込んでいたとは。削り潰すもどれだけの時間と、命を削ったか。テネヴェには、憎しみの対象が必要。裁きを呼ぶためにね!」

「イザークへの呪いの文言、嘘、だったってこと……あなた、呪いをでっちあげたの?」

 ティティは合点が行ったと顔を上げた。

(イザークの中傷をしでかしたは弟のクフだ。では、その下の子供の文字は誰が)

「おどきなさい。神官ソル」あまりの呪術師の怒りの迫力に、神官ソルがたじろいだ。

 クフの手はぶるぶる震えていた。怒りが激しいのか、笑っているのか。

「たかが呪術師に見破られるとはね。おまえは、素直に呪を解け。マアト神を世界に呼び寄せるためにだ!」

「短剣をどうぞ」ティティはくまなく聖刻文字に眼を走らせた。あと少しで読み終える。最後が、長い。でも大丈夫。クフはティティを殺せない。直感だ。

(クフには感情がない。違う、感情を出せない。兄の裁きを嘆いている自分に気付いていない。奥底では――)


 賭けるしかない。ティティは僅か、眼を伏せた。


「貴方はオベリスクを使って、兄の諱を呪いで封じたの。呪いの力は強力よ。その力で、マアト神を呼び寄せ、殺すつもりだった。クフ、テネヴェを滅ぼすは、貴方だ。イホメトの諱を滅茶苦茶にすることで、兄を超えようと、神を呼び寄せ、欺こうとしたなら、貴方は裁かれていい。マアト神はバカではないわ」

(イザーク、悔しかったでしょ。兄弟なんて、強欲の前には関係がない。欲って怖い)

 ティティはじっとオベリスクを見詰めた。イザークがここに何かを彫ったなら、それが真実マアートだ。クフのねじ曲がった虚構などに騙されてはいけない。

「首を落とすよ。兄の元など行けないように、髑髏に魂を塗り込めてやる」

「クフ、よく見て。これが、神を欺いた者の末路よ」

 ティティは眼帯を外して見せた。オッドアイの強い瞳に神官ソルたちが一人、二人と膝を付き、ティティに頭を下げ始めた。頬が熱く焼け焦げる。左眼からの炎が溢れそうな熱のせいで。

「何をやっている! 役立たずものが! 首を! マアト神への手土産だ! 次にマアト神を狩りましょうかァ! 今こそヴァベラの悪の民の復活ですよ!」

 ティティの中の何かが目覚めた。怒りの炎が眼に宿る。哀しみと、夫への恋慕の炎だ。手に崩れたスカラベがあった。

「敬愛するネフティス神!」ティティは涙を堪えて、思い切り叫んだ。

「アメンレスト! スウト・ラー! 運命はこのスカラベに封じ込める!」

 声が掠れた。

(イザークは最後に弟の名を遺して去った。いつか、弟が粛正されることを願って! 言えば、わたしが諱を読んでしまうから……)

 クフの髪が青い炎に包まれ、頭巾が飛んだ。クフの右眼が燃え始める。イホメトはイザークの諱だから、残ったどちらかがクフの本物の名前。でも、効果はあった。


「よくも、僕の諱をおおおおおおおおお――っ! 許さないよ、もう……せっかく、この、僕が、許してやったのに……そう、僕に呪いをかけようとは、いい度胸だ……!」


 破裂した片眼を押さえ、クフは手を伸ばした。ティティはクフの目に大きなコブラの幻影を見る。クフの悪意の産物だ。悪意を形にできるクフは、呪術が使えた。違う、誰にでも呪の力はある。それを正しく使えるか使えないかだけだ。

「死ね! 全てだ! マアト神よ、今こそ降り立て! 裁きをこの女に下せ!」

 うねるコブラを見詰め、ティティは首を振った。王を気遣う神官ソルも、さすがに躊躇している。
今、クフの道化の王の化けの皮は剥がれたのだ。

「自分を絶対神と勘違いし、謀った。もう用はない。一神教? 貴方は貴方だけを信じる民の箱庭を作りたかっただけでしょ。そのために、イザークを追い出したのよ」

 ティティはふいとオベリスクに向いた。「ティティ……」クフが躙り寄った。

「ねえ、ごめん。僕が悪かったよ。でも、ほら。もう大丈夫だよ。きみのお陰で眼が醒めたから、だからずっとここにいていい。兄に僕も逢いたいんだ」

 ね? と優しく笑いながら、クフはティティを抱き締めた。一瞬夫に似たぬくもりに騙されそうになって、ティティは首を振った。破裂した眼が網膜に焼き付いた。

「悪いけど、わたしが触れたいのは、イザークだけ。あっち、行きなさい」


 クフの表情が崩れた。右腕が伸びてきた。首を捕まえられ、激しくオベリスクに背中を押しつけられた。無表情のクフの目は滾って、ティティすら映してはいなかった。

「兄に愛された。どうせ嫌らしい女の本能のくせに。なら、僕にだって優しく出来るだろう? それとも、アケト・アテンに突き出してやろうか。ドレイ女」

 悪意に操られたような悪意の権化の言葉は胸を貫いてゆく。ティティは腕を伸ばしてクフを撫でた。瞬間、クフの顔が歪んだ。

「わたしは、もう誰一人と呪いなどかけたくなかった。眼を、醒ましなさい」

「なんの話かわかりませんね」クフは空っぽの笑顔を向けた。

(なんで、笑えるの……? わたしを、悪魔が嘲笑っている)

「いたっ……」悲鳴の前で、手首を捕まれた。悪魔の声音が覆い被さる。

「さあ、僕にも優しくできるでしょう? 案外、同じかもしれませんよ。イホメトは正真正銘、兄ですからね……」

 怯えた唇に爪を立てられた。痛い。痛みが体内を駆け抜けた。

 瞬間、空気が張り裂けるように揺れた。


《俺の妻に触れんじゃねえ! 弟でも、この国ブチ壊すぞ! マジで!》


 イザークの怒り口調が大音量で世界に響き始める。

「なんで死人が僕に怒鳴るんだ! 神官ソル! 何をしている!」

 幻聴だ。イザークがいるはずがない。でもここにはイザークの生きるべき証がある。諱という命の名前が。


 ――オベリスク……もしかしたら、今こそ繋がるのかも知れない。

見上げた時、大きな鳥の影が見えた。はらり、と黒い翅が落ちた。


(マアト神の裁き! どこ、どこにいるの?)


 ――オベリスクの上だ! 見上げると、大きな翼が赤い月に翻っているが見えた。



「――悪意は全て、消す。スウト・ラー、悪意を持つ者は世界創世に不要」

「~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く