~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。

簗瀬 美梨架

裁きの日より三年――……

*1*

 テネヴェ要塞――。


「結界は持ちこたえたようだね。イア。しかし、南の結界が緩んで攻撃を受けた」


「うるさいわね。見て分かるわ。……後で張り直しておくわ。貴方もあの中に閉じ込めてやりましょうか、クフ」

 クフは少年を抜けきらない表情で、艶然と笑う。暖簾に腕押し。クフに恐怖は通用しない。ティティはくるりと背中を向けた。

「わたしは呪術研究所に戻るわよ。読みかけの本もあるしね」

 城壁からクフ王と共にある程度の戦記を見守った後、踵を還した。

 額に斜めに嵌めた冠は、後宮の上級呪術師に与えられるハティプト女王神の紋。クフ王が与えたモノだ。


 だが、クフさえいなければ、夫、イザークは消えないで済んだ。

(いつでも刃を向けるがいいわ。呪術で返り討ちにしてやるから、この、悪魔!)

 女神と称された美しき女呪術師イアのかつての名は、ティティインカ。テネヴェの若き王、クフィルートとティティは一触即発の日々を超え、間もなく三年――。



「~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く