~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。

簗瀬 美梨架

マアトの裁きは誰の元へ

*1*

 多神教の礼拝堂は静寂。何日の夜を一緒に越えただろう――。その度にイザークの存在に救われて。気付いて、時間を見送る。ずっと続くと信じて。

***

「イザーク、お風呂、入りたい」

 ティティは手を繋いだまま、イザークを窺った。お風呂、と言えど、水浴びだが、呪術者には欠かせない。体に纏わり付く邪気を落とすためだ。

「風呂? ティ、クフに頼んでやるが、クフはオベリスクを何とかしろと言ってくる」

「やるわよ」短く告げて、ティティは真っ直ぐに世界を見詰めた。

「この問題が片付いたら、父母を追うの。合流したら、今度こそ兄に文句を言いに行くの。国から出てって貰いたいわ」


「俺との結婚はどうする。テネヴェか、それとも、ラムセスを追い出し……俺は王になるつもりはないから、テネヴェもアケトアテンもご免だが」

 さらりと告げられて、ティティは心ごとかちんと固まった。今度はぶくぶくと熱いマグマが迫り上がってくる。ティティの髪の反り返ったコブラの尻尾をイジリながら、イザークはしゃあしゃあと続けた。

(昨晩の余韻が……わかってて言ってるんでしょうね。驚かせたみたいだし)

 塩湖に映ったイザークの横顔は、凛々しく、見惚れている前で口元がニヤとなった。

「俺のことでいっぱいになっていれば、悪意なんぞに負けねえ。貴女は強い女性だが、時にヨロヨロするからな。……体、きつくない? 途中から夢中で」

「うん、大丈夫みたい。まだ驚いてる感じはするけど、落ち着いて来た」

 イザークはゆっくりと足を止めた。赤いオベリスクは光に当たり、鮮血をより浮き上がらせていた。
「ティ、全部終わったら、世界の商品を見に行かないか。地域で生活も違えば、作られるものもそりゃあ違って面白いもんだ」


(和ませてくれてるね)ティティは大きい手に指を差し込むようにして、強く力を込めた。手首と手首が自然と触れ合う。うん、この繋ぎ方のほうが、より近くていい。

「ん、楽しそう。小芝居して、まんまと商品を手に入れるイザーク」

 たわいない談笑は、やがて打ち切られた。イザークは、神殿の前に立つ神官たちに歩み寄っていった。


*2*


 ちゃぽん。ティティは水面に手を突っ込んだ。神官用の禊ぎの場所を提供され、ようやくお風呂。水は冷たいが、我慢できないほどでもない。

(ああ、すうっと落ち着いてきた……大丈夫、わたしには出来る。オベリスクの呪いの諱を口にして、空へ解き放つだけ。それが、イザークへの呪いならば、やらなきゃ)

 ぶくぶくと水面に顔を突っ込ませて、ティティはざばりと顔を上げた。

(でも分からない。どうして、民はあんなにもイザークを呪ったのだろう。イザークの眼が赤い理由もだ。いっつも充血している。そういえば、結婚がどうのこうの)

 ――昨晩の行為を思い出して、頬が火照った。

(……わたし、どうしてこう、一直線なんだろ)

 強く眼を瞑って、水に沈んだ。眼までを出して、恥ずかしさに辺りを伺う。無人。

(いいの! 受け止めて貰えたんだし! 今は、オベリスク。諱を読み、神へ交渉する力が何故、備わったのかが分かる気がするのは、予感ではないわ。落ち着くの、わたし。でも、また、したいな……違う違う。その気持ちを正しく向けるのよ)


「神に背く準備。テネヴェ、ヴァベラの民……ラムセスの諱」 お父さん、お母さん。言葉を口にしているうちに覚悟ができた。岩室の水面に別れを告げた。

*****


「――随分と思わせぶりに待たせますね」

 水滴を足元に垂らしたティティがオベリスクに連行された時、イザークは神官に剣を向けられていた。


「昨日と同じ、保険ですよ。貴女が呪術を解き、どう出るか分かりませんのでね。神を冒涜した諱を我が国にぶつけられたらたまらない」

「信用がないのね。――そういうの、止めて。はじめるわよ」

 ティティはざっとオベリスクの前に仁王立ちした。こわい。真っ赤なオベリスクは胴体にあらゆる文言を彫り込んだ、神への捧げ物だ。昨日は半分の諱を紐解いた。残り半分と、ぽつんと残したイザークの……。


(大丈夫。わたしは、イザークとひとつになった。心は揺らがないわ)


 ティティは靜かに絡まったままの魂の名前を読み上げた。名前は読まれなければ呪いになる。ただ、読めばいい。どこへもいけない未練が憎悪になる前に。


「見事ですね。解かれた諱が天へ昇華する。兄には勿体ない女だ」

 横目でイザークが誇らしそうにティティを見詰めている状況に気付く。イザークが見てくれている。

(だめだめ、集中、集中)とティティは最後の諱に眼を向けた。

 オベリスクが震動し始めた。呪術が働きかけている。

「は、はは……素晴らしいです! さすがはマアト神へのオベリスク!」

 クフ王が歓喜の声を上げた。

 ――おかしい。ティティは諱を読むを止めた。

(人の無念の憎悪の諱。わたしは解放したわ。それなら、どうして戻らないの?)



「何かが、来る」



 イザークが突き抜けた天を指した。いつしか空は真っ暗だった。
一縷の光もありはしない。黒が渦を巻いていた。月が今までにない悲鳴を上げた。世界が危険が迫っている事態を知らせる如く。


「マアトの裁きだわ!」ティティの叫びと同時に突風が吹き抜けた。


「なんだって?」イザークが叫び、クフが見上げたところで、神官たちが一気に黒い翅になり、崩れ落ちた。容赦なく人が消え行く。オベリスクはティティを嘲笑うように、更なる鮮血へと染まっていった。

「無駄だったの? 駄目、戻らない! わたしは諱を読んだわ! 何人もを」


「そう」声は天から響いて来た。


 ゆっくりと翼が翻る。暗い天に何かが下りた音。振り仰くと、鳥目類の大きな眼が地上を見下ろし、赤く光っていた。巨大な金の鷲。怖れ続けたマアト神がそこに!


「呪術師、汝は裁かれず。汝が裁けぬ以上、一帯を振り払うは出来ない。世には伝えるものも必要だが、面倒を起こす、ヴァベラの原罪を呼び起こした罪人アザエルは裁くべきだ」

 はらり、と黒金の翅が降り注がれたは――イザークだった。


***


 はらはらと黒い翅が降り積もる。


「積もった翅が、罪の具現だ」
「どうして、イザークが裁かれるの! いや、世界から、イザークを奪わないでよ! 裁くなら、ラムセスとか、クフ王とか、もっといるじゃない! 何考えてんの! いや、嫌だ、いやよ、いや……っ。あっちいって! 来ないで!」

 噛みついた相手が神であるなど、ティティにはどうでも良かった。

 イザークは膝をつき、両手を呆然と広げ、動かなくなった。

 ティティは涙声で、イザークに降り注ぐ黒翅を必死で払い始めた。

「立つの! 翅なんか蹴散らして、逃げるのよ!」


「いや、足が、動かない。この翅、触れると身体が硬くなる。ティティ、逃げろ」


 クフの足音がした。


「――兄さん、さよなら。テネヴェの罪を背負い、マアト神に裁かれるが相応しいよ。あーはははははは。はーはっはははははっははははははは――――――っ! 分からなかったの? オベリスクには、あんたの裁きを願う呪術がかかってたんだ! 素晴らしいよ、マアト神ありがとう! 僕は、ずっと兄さん。あんたに消えて欲しかった」

 声は狂った月の悲鳴と暴風に遮られ、空はグルグルな色になって、一つに集約された。光が落ち。国全体に黒翅が注ぎ落ちる。イザークは葬送の黒翅に座り込んでいた。


「そんな……イザーク、やだ、ねえ、愛してるの! ずっと一緒って言った!」


 目前の状況は疑いようがない。それでも、ティティはイザークにしがみついた。

「わたしも連れて行って! いやだ、離れたくない! なら、わたしも裁いて!」

 涙と洟水でだばだばにした顔をティティは向けた。大きな手が頬を撫で、力強い腕がティティを強く抱き締めた。


「やっと、聞けたな、それ。あはは、やっとだ、やっと!」

 低く響く声が、いつしか心の支えになっていた。「ティティ」呼ばれて、何度立ち上がっただろう。ラムセスの前で、何度も肩を抱いてくれた。何度も名前を呼んでくれた。その度に、ティティはティティらしくいることを許された気がした。


「まだ何も始まってない! 呪いをかけたこと、ちゃんと謝ってない! 間違ってる。悪人二人がのうのうと生きているのに! 大嫌いだ。神さまなんか!」


「汝の心は騒がしい。――さっさと済ませて、寝る。寝たりないのを起こされた」

 一瞬だけ大気に透けた男は耳に小指を突っ込んでいた。髪を鶏冠のように逆立て、大きな翼が六対。眼は赤く、手には透過する大きな剣。透明部分には数多の諱が彫り込まれている。神殿の柱に彫り込まれた神の塑像そのものだ。

「マアト……神……?」


 座り込んだティティの前で、男はうっすら笑いを浮かべる。


「我の姿を見た人間は天秤にかける。それが神と人との古き約束だったな――」


 カッと光が暴発し、大地を包み込んで、さっと靜かになった。


『愛しているなら、奪いに来い。――天秤の前で、待つとしよう』


 翅が溜まった地に神の笑い声が響く。イザークの姿はもうどこにもなく、変わらずオベリスクだけが朱を放って存在を示していた。


***


 ティティのコブラ頭はボロボロになった。撫でてくれる手はもはやない。


 涙は出なかった。泣かせてくれるのは、イザークだけだから涙なんか出やしない。


 クフは背中を向けた。また、笑っている。


「邪魔な兄は消えた。これで国は僕のもの」


 ティティはズカズカと歩くと、手を振り上げた。頬を叩かれたクフは驚き、ティティは涙目で世界を見つめた。

「イザークを取り返しに行く。マアト神は言ったわ。奪いに来いと」

「そう」とクフは肩を竦めた。ティティに悪の福音を囁いた。


「アケト・アテンとの戦いが始まる。テネヴェにて、呪術師の職を与える。いつまでもここにいたいなら、そうすればいい。戻らない罪人アザエルの男を信じ、黒い翅を抱き締めて。つがいを探していればいい。僕は忙しいんだ」


***


 ティティはいつまでも、太陽のない、月のない空の下で消えたイザークの面影を追った。決意が出来るまで。空が、明るくなるまで。オベリスクに寄り掛かり、一歩も動かなかった。数日経つと、根負けした様子のクフが自ら迎えに来た。


「強情を張りますね。これでは、僕が悪人みたいでしょうが。望みは?」

「過去を、知りたいの。ここにはイザークの欠片がある。紐解いて、神から取り返すの……それには、このオベリスクを」

 倒れ込んだティティをクフが抱き留めた。

「面白い。裁かれた罪人アザエルを捜しに行くって? 呪術師を生かせ。なんとしてもだ」

〝俺のことでいっぱいになっていれば、悪意なんぞに負けねえ。貴女は強い女性だが、時にヨロヨロするからな。……体、きつくない? 途中から夢中で〟

(もうヨロヨロしないわ。支えてくれる腕がないもの。夢中にさせる貴方がいない)


「我の姿を見た人間は天秤にかける。それが神と人との古き約束だったな――」


 神の謎の一言と共に、ティティの少女時代は終わりを告げようとしていた。



 ――『愛しているなら、奪いに来い。――天秤の前で、待つとしよう』――

「~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く