~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。

簗瀬 美梨架

少年王 クフ

*2*

 テネヴェはアケトアテンのように丘陵にあるのではなく、大きな囲いを持った宮殿で、広さは限りない。民衆の暮らしのど真ん中に位置していた。


「なんだ、おまえは」

 イザークは間髪入れず、衛兵の首を掴み、壁に叩きつけた。ティティが止めるも聞かず、短剣を引き抜くと、高く翳した。衛兵の一人が動きを止め、神官たちも平伏した。夕陽がイザークの背中を照らす。

「――不肖の第一王子が戻ったと、テネヴェ国王に告げろ! 話がある、と」


「生憎ですが」神官がぐるりと王子であるイザークと、ティティを一緒に取り巻いた。イザークは舌打ちをした。

「あの食い物屋の情報か。はん、相変わらず告げ口の情報網は素晴らしいと見えるな」

(あ、あの時! イザークは短剣を見せた。王子とバラしてしまったんだわ!)

 お金さえあれば。しかし、ティティはイザークの不敵な笑みを見た。イザークは、これを狙っていたのではないか。王子が戻ったと、敢えて知らせるために。

 ――相変わらずやり方、横柄。

(でも、わたしは知ってる。イザークは迷わず、間違わないと)


***

(ティティ、王に逢えるぜ。こうでもしないと、王の御前には行けないだろうからよ)
(もうちょっとやり方なかったの? 自分の家で捕まってどうするつもりよ)
(でないと、殺されたさ。これから逢う人間に、言葉は通用しねえよ……)

 物騒な。首を傾げながら、ティティは小声で聞き返した。それにしても、階段が多い。少し歩くと、また階段。ちょっと直進すると、また階段。それも平たい階段だ。赤い土城は同じ神の像で固められている。

 ――黄金の鷲のマアト神。どこもかしこも、マアト神しかいない。ティティは違和感を覚えた。カルナヴァルではおなじみの三柱神の姿もない。

 イザークがギリ、と歯ぎしりをした。王子との配慮か、腰紐で縛られて、連行の態を取られているが、まだ自由は残されている。と、イザークが衛兵のお尻を蹴った!

「ティティの縛り上げ方! 胸が挟まって、くっきりだ! おら、見てんじゃねえ!」
「……王の御前だ。クフ王に深く頭を」
「下げるわけねぇだろが」

 イザークは縛られたまま、数十段上に立った男を睨んだ。小柄だ。ラムセスに比べると、かなり小さい。と、一人の男がゆっくりと、階段を降りてきた。手には王が持つ笏丈がある。丸い輪っかに、獅子を象った大きめのものだ。

 王の証の冠にはコブラの象形文字。笏丈には丸い円と鳥の嘴文字。

 コツーン、コツーン。冷えた地を歩く音がやけに響く。王がゆっくりと歩み寄った。

(どうみても子供。――わたしよりも年下に見えるのだけど)

「――計算違いでなきゃ、俺の三つ下だから、十六を迎えたばかり。即位していたとは、さすがだぜ。……母は消されたと見えるな、助けられなかったか」

 言葉にティティは肩を震わせた。そうこうしている間も、王は間近に近寄りつつあった。表情は頭巾で見えない。震えるティティにイザークが耳元で囁いた。互いに縛られてはいるが、まだ近くに寄り添える距離。

「大丈夫。この国は呪術を使う人間を奨励する。むしろ堂々としていろ。いいな」

 ティティは頷いて、顔を上げた。衛兵が二人を無理矢理平伏させる。

 少年王の爪先がティティの前にやってきた。

「王さま、こんにちは。わたしは呪術師です」

 まだ顔は見えないが、コン、と笏丈が降ろされる音。すっと王がしゃがみ込んだ。無言で手を出してきた。アケトアテンにはない。手を繋げばいいのか。

「呪術師か。麻紐を切ってあげましょうか。縛り上げられてお辛そうだ。名は」

(本当だ。呪術師と名乗って奨励されるなんて、珍しいな)

 ティティは考えて、偽名を口にした。

「イア、です。甲虫石を使った神への交渉の呪術を生業としています」
「それはすごい。古代呪術ですか。しかし」

 年には相応しくない態度で、少年王は一瞬、表情に憎悪を漲らせ、にっこりと笑った。ゆっくりと長い神の衣を引き摺り、イザークと向かい合った。

「――ボケが」イザークが小声で悪態をついた。

 クフ王は天使の笑みを引っ込め、悪魔の目付きになった。(何?)と不穏な空気を感じ取る前で、イザークが、ザリ、と爪先を摺った。

「なんだよ。随分なお出迎えじゃねえか? そんなに俺が怖いかよ」

「害虫は早く捕まえねば。捨てた国で王子面。相変わらず面の皮が厚いですね」

「……お飾り王。どうせ、民衆の幸せなんか、考えてやいないんだろ? 相変わらずの欲塗れの、悪人面」

 だが、そうは見えない。ティティは物腰しか見ていないが、少年王は少なくともイザークより、穏やかに見えた。

「話にならないな」と少年王はイザークに見切りをつけ、再び黄金の鷲に囲まれている台座に辿り着くと、細身の体を落ち着かせた様子だった。直ぐに数十人の神官ソルが周りに控えたが、誰も彼も一言も声を発さない。

「――呪術師イア」呼ばれて顔を上げたティティの前で、少年王はようやく頭巾と冠を外し、顔を明かにした。整った顔立ちだが、眼は異端の血の色。マアトの裁きの後の黒翅のような。口元がイザークに似ている。弟だ、間違いなく。

「貴方、その、眼はなに……」
「過去にマアト神を見た。この瞳は神を間近にしてから、色が抜けない」

 はっとイザークを振り返った。同じ色だ。

(では、イザークは既に、神の呪いを受けていたの? だから、眼が赤いの?)

 クフはチラとイザークを見やり、シャランと笏丈を振った。

「数年前、この国は根刮ぎ裁かれた。すぐに他国の侵略が始まった時、王家は裁きに遭い、とある兄弟が残された」


 ――テネヴェ戦争。イザークから笑みが消えた途端に、クフ王が甘えた表情で涙を浮かべ始めた。急に年相応の声音を出され、ティティは驚いた。

「王は考えた。神に振り回されて、裁かれるはご免だ。多神教を廃止して、一神教――つまり、マアト神信仰に。他国と神ならば、神のほうが強いし、まだ、慈悲がある、人は親ですら殺せる。神は人を屠る権利がある」

 クフは笏丈を持ち上げ、イザークを真っ直ぐに指した。

「残った兄弟はどちらかが神に従属する王になり、他方は追放となる。結果は見ての通り。遠き国の書には、神の秘密が残されているというが、定かではない。兄のほうは、テネヴェを救うのだと出て行ったと思っていたが」

 ティティは執拗に王家の保持する「死者の聖典」を狙うイザークを思い起こした。

(わたしには分かる。今の話の弟は、クフ、兄はイザーク。……二人は裁きで残されたテネヴェの子供……!)

 ネフトはこの事実を知っていたのではないだろうか。ティティに話した「裁きの後に子供が残る」とは――。

「イザーク、もしかして、神に囚われた弟を救うために、世界の理を調べていたのではないの? 死者の聖典、探していると言ったわ。それで、アケトアテンを侵略した」

 この国のイザークはまるで別人だ。剽軽さをかなぐり捨て、無言を貫いている。まるで何一つ話すものかと拒絶しているように見えた。

(なんなのよ、いったい)

 ぱら、とティティの麻紐が切れて落ちた。少年王は丁寧な口調で微笑んだ。

「ようこそ、テネヴェへ。テネヴェ国第四十九代クフ王、名はクフィルートです」


 手を差し出されて、ティティはおずおずと手を差し出した。先程は縛られていて、思うように伸ばせなかった。やっと掴んだ少年、クフ王の手は氷のように冷たかった。

「~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く