~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。

簗瀬 美梨架

マアト神の名を刻んだオベリスク

*3*

「電気を灯せ。呪術師に、テネヴェの秘密を見せてやろう」

(でんき?)聞き覚えのない言葉に耳を疑っていると、王座の後の壁が動き、光が当てられ始めた。しかも、神への干渉もなく、耀が部屋を満たし始めた。

(テネヴェは室内に光を起こせるの? 信じられない……え)

 ――これは、なに。

 時代に不似合いな加工品オーパーツ。電気の前には、火影と思いきや、真っ赤なオベリスクが聳えていた。巨大なオベリスクは天を衝くように真っ直ぐに伸びていた。

 外で見えたオベリスクだ。階段を少しずつ昇り、近づいていた事実に今更気付く。

(赤く錆び付いたような色。こんな不吉なオベリスクは見た覚えがない。マアト神のオベリスク? 見つければなんとかなるって、イザークが言っていた)

 イザークはまだむっつりと腕を組んだまま、言葉を発する素振りを見せない。

「マアト神の名を刻んだオベリスク。幾人もの術士が解こうとして、皆がオベリスクとなった様子です――衛兵、その男に刃を向けておけ。邪魔されるも厄介だ。呪術で御身を。イアと言ったか」

 ティティはイザークを振り返った。いつもなら抵抗するが、その素振りもない。「行けば?」の威圧の態度。

(何よ、らしくない。わたしは戻りたくても神殿に戻れないのに、ばか。でも、離れるの怖いな……)
「どうしてイザークに剣を向けるの?」

「保険です。貴方にはある呪術を解いて欲しい。だが、そいつは邪魔をする悪魔だ。だから、牽制を。殺さないだけ有り難く思えばいい。貴方が命令を聞かぬなら、すぐにでも兄は死ぬでしょうね。ちょうどひとしずくで死ぬサソリの毒を試したかった」

〝でないと、殺されたさ。これから逢う人間に、言葉は通用しねえよ〟

 イザークの弱気な呟きを思い出した。そうだ、イザークはこと、クフ王に関してはいつもの強気を発揮しない。でも、イザークが縛られていては、いざとなった時――。

 不安に捲かれ、考えた挙げ句、「らしくない」とぽそっと呟いて、ティティはクフに向き直った。
 らしくない、はティティ自身へ。でも、そうしないと、イザークがどうなるか。
 ティティは手をぺたりと床につけた。らしくない態度を取った。


「行くから、イザークの縄を解いて。お願い。言うこと、きくから。サソリなんか止めて。なんでも、言うことを聞くから」

 窺いながら仰ぎ見たクフの顔は忘れられない。
 斜め上にある表情は人の情など感じられない、神の畏怖に塗れたものだった。


 ***


「足元にご注意を。おまえたちはここで待て。ここからは王族以外は入れない神域」

 サアア……とティティの視界が半分遮られ始めた。


〝マアト神は此の世と別の世界を往き来する〟


 ――マアト神が戻って来た!

(また、裁きが始まるの?)

 片眼の違和感に耐えつつ、地下階段を降りる。螺旋になっている階段は、オベリスクの最下部まで伸びていた。

「ここが最終地点だ」クフの声に向き直った。見上げると頂点は霞んでいて、夜空が見える。

「ねえ、オベリスクって普通、外に建っているものよ? あー、んん。知っている国も皆そうだった。なのに、どうして神殿内に建っているの?」

 王は嗤いを浮かべたまま、片手をさっと袖に隠し、赤いオベリスクを片手で撫でた。

(よく、触れるものね……呪いを感じないんだわ。鳥肌立ってるのに)

「オベリスクは死者の霊魂アク碑。赤は不浄、血、争い、傲慢、不吉を現す。貴女ものこのこと、よく命令に従えますね。プライドがないのか」

 ティティは唇を曲げた。クフの告げる言葉は正論だが、あまり良いものではない。

(兄弟なのに、性格が違う。イザークは不吉な言葉を口にはしない。それよりイザークの事情を聞きたいのよ。実は嬉しかった。イザークが王子なら、対等の立場で胸を張れる。王子姿のイザークも、きっと凛々しいと思うの)

 ティティはすうと息を吸った。

「わたしはティティインカ。元アケトアテン王の娘。新王の命令で降嫁して、イザークの妻になる身分よ。夫(予定)の事情を知りたいの」

 少年王は驚き、呪術師が「いいのですか」と声音靜かに聞いて来た。

「諱を口にすれば、誰にともなく呪われる。どうやら偽名ではなさそうだ」

 ――世界で、なくしてはならない大切なもの。それが諱だとイザークは告げた。

「貴方のお兄様が言っていた。諱があるなら、生きて行けるって。呪うなら、呪えばいいわ。わたしは自分に恥じたりしない。諱は、大切なものだから、恐れないの」

「クフと呼んでいい」少年王はさも可笑しそうに告げた。

「諱はクフィルート。今後の諱は「進化の王」、悪諱は恐らく、「神への反逆者」かと」

 クフは屈託のない笑顔を浮かべ、オベリスクを靜かに見上げた。恐怖に慣れると、今度は呪術の心得からの好奇心が沸き上がった。名をやり取りしたことで、安心もあった。ティティはオベリスクを見、瞬きを繰り返した。

霊魂アクが塗り込められてる。天に還してあげたほうがいいけど、わたしは、せいぜいイザークを呪うくらいが関の山。ねえ、もうちょっと近寄って大丈夫?」

「どうぞ。どうぞ」(言って良かったのよね?)と訝しんでいるティティの背後、クフは小刻みに震え始めた。


「そうか……兄に呪いをね……」


 クフは肩を震わせ始めたと思うと、仰け反って、大笑いを響かせた。マアト色に顔を塗った無言の神官ソルたちが駆けつけてきた。中央で、クフは両腕を広げ、笑いを響かせ、袖に手を突っ込んだ。

「まあいい。存分に見てやれ。塗り込められた霊たちも悦ぶだろうから」

(何がおかしいのよ。ううん、異常は、このオベリスクだわ。神への冒涜でしょう。テネヴェで、何かが起こりそう。嫌な予感がする)

 オベリスクに夢中のティティは、少年クフ王がマアト神の聖刻文字が刻まれた短剣を握り、忍び寄っている現状に気付かなかった。

「~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く