~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。

簗瀬 美梨架

ヴァベラの取替子の反逆と愛の交わし

*5*

 ――一日、あげるよ。呪いの力を解放すれば、相当な霊力が生まれる。


(クフの野郎、言葉を護るつもりがあるのか。追っ手は来ないみたいだが。弟ながら世界で一番信用できん。善悪が分からん弟など、いっそ裁かれてしまえばいい)


 イザークは神殿を抜けたところで、ティティをそっと降ろした。

 ティティは涙ぐんでいた。時間は限られている。一番してやりたいことはなんだ。決まっている。ティティインカの心を縛っている両親の所在だ。


「ティティ、来い。まだ時間がある内に、貴女の両親の足取りを追うべきだ」
「こんな時なのに」
「貴女の心配を取り除く。今一番、優先すべき事柄だ」

 掴む手の力が強くなった。あたたかい小さな手はまだ、震えている。


 イザークは足を船着き場の方面に向けた。マアトが戻る直前の空には、サアラの星堕しの軌跡。月は相変わらず泣いている。

 こんな狂った世界はいい加減終わりにしたい。終わりにする。この命果てても。


*4*


 夜のテネヴェはどこか罪の匂いがする。イザークは時折ティティが追いつくを待ちながら、埠頭へと足を進めていた。舫結びの船と、大きな帆船。遠き都カルタゴへの出港の船が蒸気を上げている。珍しくない風景だが、ティティの涙は乾いた様子。


 砂の王国育ちのティティは海を知らないのだろう。

「すごい、海を渡れるの? ねえ、お父さん、お母さんもここを?」

「国を追い出された王は、同じ大陸にはいられねえ。教えた通り、帆船に乗って、対岸の大地へ向かったはずだ。貴女を心配していた。秘密事ばかりで裁かれて当然とも」

 ティティは何も言わず、霞み始めた水平線をじっと見詰めていた。消えた両親を想っているのか。羨ましい話だ。

(生きているなら、なんとしても再会させてやりたい。ティティには、精一杯してやりたいと思わせる何かがあるんだよな……)

「テネヴェは一度裁かれた。しかし、人はしぶといぜ。何回でも立ち直る」

 イザークの独り言にコブラ頭が振り向き、小さく揺れた。ティティは、逸らさずにイザークを見つめたままだ。心配そうな瞳にぶつかって、イザークは肩を揺らした。

「大丈夫だ。貴女の両親は」「ううん」ティティは首を振って、じ、とイザークを今度は上目使いで見上げて首を傾げるように純粋な眼を輝かせている。

(なんだ? 無性に色っぽい。ほら、第二の心臓が早速反応。罪作りな王女だな)

 可愛い大きな瞳が、イザークを映している。まだ、右眼の色は残っているから、マアトは遠くにいる様子だ。ちろ、とティティはイザークを見、唇を緩めた。

「おい、上目使いはちょっと勘弁。収まりつかなくなるだろ……」

 ティティは「ん?」と不思議そうに上目使いで見ている。正直、これ以上駆け引きの中で、ティティの言葉に動揺しないでいられる自信がない。既に暴走し始めている。

「そういえば、ネフトのお姉ちゃんに邪魔されたが、ティティ、〝良かったのに、シテも〟とか言っていたよな。いいのか? 俺、止めないぜ?」

 ティティははっと正気に返り、すっと目元を指先で押さえた。

「一人で抱えるな。貴女は妻だ。オベリスク……何が書いてあったか、言えるな?」

 頷いて、ティティはぼそぼそと口にし始めたが、恐怖からか、口を噤んでしまった。
 イザークはティティの両肩を掴み、震える唇に口づけを繰り返した。

「これなら、言えるか? 俺を信じてくれるか? 何度でも、してやるから」

 よく動く瞼に、そっとキスを重ねて行く。唇を降ろして、何度も唇を啄み合った。

 ようやく銀糸で繋いだ唇を遠ざけた頃には、ティティはゆっくりとすべての文言の内容を口にしていた。安堵の表情を浮かべたと思うと、吹っ切れると一目散の性質らしく、もうおどおどもせず、こんな言葉を言って来た。

「怖がって得しちゃった。いっぱい、口づけして貰えた」

 唇を嬉しそうに押さえたかと思うと、さっと掌に甲虫石を取り出す。

「でもね、貴方を傷つけたくなかったから、言わなかったのは判って。ん、今なら、綺麗に染まる気がする。恐怖も薄れたみたい」

「そんなに弱くない。民衆たちが、俺を殺せ、と……オベリスクが赤くなったはその影響? マアトの呪いが関係してるのか。謎だな、俺たちの目も?」

「わからないわ」ティティは吐息をついた後、「夜の神、アヌビス神」と呪文を唱え始めた。しばらくして、ティティは肩を落として、無言になった。

「なんだ、その甲虫石。錆びてんのか」

「貴方にあげようと頑張っているのだけれど、何度やってもこんな色。ホラ見て。二個も失敗しちゃって。もう、汚れた変な色!」

 ティティは、ぽーんとスカラベを投げようとした。イザークはぱしっと空中で受け止めたが、二個目が額に当たった。

「宝玉呪術を失敗するなんて! なに、このドロドロ色。ネフトさまは心を映すって言ってたのよ。でも、こんなドロドロの心なんか持った覚えない! もう!」

 イザークはティティの投げたスカラベを抓んだ。確かに、ドロドロ色。いや、ドロドロというよりは、モヤモヤ。

(モヤモヤか。気付かねえうちに、ティティが俺への想いでモヤモヤ……悪くない)


「貰っていいか。俺、これでいいわ。これが欲しい。あと、ティティ自身も」
「わたし自身? わ」

 ティティを強く抱き締めた。柔らかい四肢に腕が埋まる。「わ」との可愛い悲鳴も、愛に喘ぐ顔も、声も、笑顔も泣き顔も、全部モノにしたい。

罪人アザエルの身分だろうと、王子だろうと関係がない。相手が神だろうと、やっと見つけた愛を奪う輩は許さない。ヴァベラの血のまま、反逆してやろうじゃねぇか」

 ティティの頭をそっと撫でた。

(暇つぶしの婚約が、こんなにも色濃くなるとは思わなかった。ラムセスと言い合ってたティティに向かって、俺はずっと手をひらひらさせた。俺に気付いて顔を背けた瞬間、困惑した横顔が、たまらなかった)


「でも、いつか、ちゃんとした御護、作って見せるから! 絶対よ! イザーク、今、罪人アザエルって言った?」

 空気は読まないが鋭い愛妻(決定)に向けて、イザークは小さく頷いた。

「サアラが俺を罪人アザエルと言ったんだ。見せておきたい場所がある。ティ、もう少し歩けるか。ラムセスがいた場所だ」

***

「こっちだ。足元に気をつけろ」

 スタスタ歩くイザークにパタパタ追いついて、見ると礼拝堂と湖があった。歩くと、かしゃ、と音がする。驚いて、ティティは足を持ち上げた。白と蒼の結晶。

「塩湖だ。塩の結晶を踏んでる。多神教の礼拝堂だ。全員の神の塑像が並んでいたが、暴動で壊された。クフはマアト神の塑像だけを神殿に置いたはずだ。あれだ」

 ドームはかろうじて形跡があるだけ。組み合わさった木々は腐植して、ダラリと垂れている。イザークが狼のような眼を凝らした前には小さな家があった。

「ラムセスが軟禁されていた場所だ。誰も踏み入れない神の建物。俺と、ラムセスとは王子同士で立場は同じ。俺がアテンへ行かなかった事態が悲劇を生んだ」

 イザークの口から出る〝悲劇〟の言葉に身震いした。

(怖い。でも、聞いておかないと。お父さん、お母さんが話せなかった真実だから)

取替子チェンジリングと言って、王子を取り替える古い風習だ。親交の証でね。古代は赤子の時にすり替えたらしいが、俺たちは十の時に政治的にそれぞれ出立する手筈だった。で、ラムセスがテネヴェに来たわけだ」

 イザークは話の途中に扉を開けた。

 数冊の本と、ベッド。それに剣の腕を磨いたらしい、木の板。

「最初は宮殿にいたんだぜ。賓客だから」

(子供のいた気配? 本が、少々と……器が一つ。なんて暗い部屋)

 イザークはぱらぱらと本を捲りながら、息を吐いた。

「だが、利用しようとする者が出て来た。ラムセスに祖国の怨みを吹き込み、戦わせようとする悪の民。先導したのが、クフだ。小さかったが関係がない。クフは自ら国を手に入れ、父を消そうと何度も試みているんだ」

 イザークは自嘲を繰り返した。

「テネヴェの民の中には、善悪の分からない人間が紛れて生まれる。大昔に悪魔に刷り込まれた悪の遺伝子を持っている人間をヴァベラの民と呼んだ。生まれつきのヤツもいるし、目覚めたヤツもいる。クフは、――後者のほうだな」

 ティティはクフを思い浮かべた。口調もコロコロ変わるし、人格も不安定さがあった。笑顔は能面のように貼り付いている。元に戻そうとした本に気付いた。

「あ、それ、知っているわ。アケトアテンの歴史書」

 ラムセスは、ここで歴史を調べ、侵略を企てたのだろうか。でも、引っかかる。

(いくら、わたしがいたからって、王と王妃をイザークに任せて殺害しないなんてあるのだろうか。ラムセスは何が目的で侵略をしたのか。ううん、もしかすると)

 国に戻りたくて、歴史書をくまなく読んでいた少年の姿は容易に想像がつく。

(ごめんなさい。わたしは王子たちの運命の過酷さなど知らず、宮殿で笑っていたわ)

「おまえとラムセスは間違いなく兄妹だ。ラムセスも、多分、家族を求めて――」

 イザークはそれ以上は告げず、また夜空の元へ歩んだ。


***


「サアラの星堕しが見えない。マアト神が世界に来る」


 ティティはイザークの大きな手を握りしめた。

 ずっと持っているらしい甲虫石はやはり変な色だ。(わたしも)とティティも手の中に甲虫石を同じように押し込めて、手を重ねた。


 ――裁かれるだけなら、わたしたちは、どうしてここに生きているの。あのオベリスクが元に戻れば、何かが変わるのだろうか。できるの? こわい――……。


「呪術なんか、知らなきゃ良かった」

 ぎゅ、と手を強く掴むと、イザークは気付いてティティを覗き込んでくれる。もうティティは知っていた。イザークはティティの不安をすぐに察知してくれる。

 塩湖の匂い。テネヴェとアケトアテンの大気は違う。白い水面は時折朱に反射し、揺れていた。ぱき。かしゃん。割れた塩の結晶が足元で音を立てる。湖は濃度が高いのか、鏡のように淡く光っている厳かな雰囲気。今なら、素直になれる気がする。


「ネフトさまが言ってた。人は心と体を同時に結びたがる生きものだと。今なら分かるよ。こうやって手を結ぶのも、体と体を繋ぐことで、今度は抱き締められたくなる。うー、上手く伝えられない」

 イザークは両手でティティの頬を包み込んだ。二人の手から甲虫石が転がり落ちた。

「その先は?」ティティは言葉を見つけられず俯いて、さっとしゃがみ込んで甲虫石を拾った。「耳」とイザークの形良い耳元で片手を添えて告げ、頬を熱くした。

 視線が合って、一度は逸らし、また灰色と朱の眼を見る。イザークは珍しく眼を瞠っている。

(えへ、驚かせちゃった。そう、神さまがわたしたちの想いを裁くなら、わたしたちは、わたしたちで、わたしたちの想いを護りたい)

 力強い塩の結晶を踏みしめる音。迷いのない手がティティをしっかりと導く。


「分かった。礼拝堂へ戻ろうぜ。優しく、する」


***



 ――証拠が欲しい。手を繋ぐだけでは、口づけだけでは足りない。わたし、変?


 礼拝堂で、イザークは何度もティティの痛みを気遣った。小さな衝撃を超えて、ティティがイザークの全てを受け入れた瞬間すら、夜の光のない残酷な世界と愛を一緒に噛み締めた気がした。

「どこへも、行かないよね。ずうっと、一緒よね」

 背中に回したティティの指は震えていた。

「行かねえよ。どこに、も」イザークもまた何度も言い含める。
 潤んだ瞳の端に塩湖が映った。いずれは人間も、塩の柱になる。


「心と体を同時に結びたがる生きもの……か。ネフトのやつ、とんだお膳立てを」


 愛の交わしは、少しだけ罪の色と、愛に包まれていた。

「~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く