~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。

簗瀬 美梨架

死した霊魂(アク)は魂を置いて、星になる

*5*

 イザークは西の対岸に、ティティは東の対岸に。ティティの手にはドドメ色の石。呪術がどうも巧く行かなくなった。これで、三つの石をフイにした。


(変な色。捨てちゃおうかな、もう)こそっと失敗作をポケットに収めたところで、ネフトと居住を共にしている女の子たちと、ネフトが星堕しの話を始めた。


「星の節が来るとね、サアラが剣を使って、子供達のために星を降ろすの。まあ、あいつは元々夜空に縁があるから大道芸のようなものね。マアト神は星の節にはこの世界から遠く離れるから、その隙に、一人でも多くの親を弔うために、星を降ろすのよ」


 すっかり定位置になったネフトの隣で、ティティは首を傾げた。

 神話では、霊魂はアクと呼ばれ、死した霊魂アクは魂を置いて、星になる。夜空の神が可哀想な霊魂アクを拾い集めて星座にした。お伽噺かと思っていた。

 極端に肩を剥き出しにした服は背中がガラ空きだ。同じ女性でも、ネフトの魅力にはくらくらする。女性を極めたような赤い唇で、ネフトは少し低い声を響かせた。


「今からしばらくは、マアトの裁きもないわ。貴方たちの呪いが暴発することもない。心配しているの。古代からの男女の繋がりは、超新星以上の力を持つ」

 ティティが右眼を軽く押さえる前で、ネフトは遠慮なく続けた。

「実際に、イザークは有り得ない力を発揮した。怖ろしいのよ、人の愛の強さは。だから夫は危惧して貴方たちを離したの。イザークの滞在する洞穴とここは大きく隔てられている上に結界がある。往き来できるのは私たちだけ」

 ティティは涙目で黒い海で満たされた海面を見詰めた。

(イザークは、あの夜を覚えてはいない。あの時のイザークはどこか虚ろで変だった。あの〝声〟も。月の悲鳴に共鳴していたのは覚えている)


「これはマアト神の呪いをかけようとした人間への罰。だから、わたしはイザークに逢えないのですか! 護符スカラベ、駄目なの。イザークを想うと、変な色になるの!」

 また変な言葉を口走った。ティティは俯いて、ぱっと顔を上げると、そそくさと膝に重ねた厚紙を手にした。船を折って海に浮かべるのだと子供達は大喜びをしている。

「さ、さあ、これ、全部折るんですよねっ!」

「ティティ」ネフトの口調が諫めるようなものになった。手が伸びてきた。ぱん、と両方の頬を一緒に叩かれ、指先で擽られた。

 清純なネフトの眼に晒されて、ティティはうつむき加減になろうとして、またそっと顎を持ち上げられた。ネフトの深い海のような瞳に囚われて、景色が歪んだ。

「正直になりなさい。ぱんぱんに胸に我慢詰めて何になるの。わたしの前でなら良いでしょ? さあ、言うのよ、貴女の為だわ。分かっているわね?」

 イザークに逢いたいと言う言葉が、わたしの為……ティティは涙を光らせて、ネフトを見やる。ネフトの服を掴んだ手が微かに震えた。

「逢いたい」

 ぽそっと呟くなり、大粒の涙が零れた。

(王女のわたしを泣かせてくれる相手など居やしなかった。それでも、イザークの前では何度涙を浮かばせただろう。心地良くて、ずっと手放したくないと思った)

「わたし、イザークと引き離したサアラさまを好きになれません。ネフトさま、わたしは臆病だから、理由をつけては心を見ないようにしているんです」


 震えた手に涙が落ちた。


「イザークの腕は温かいし、怖いことなんてないと思えるから。王女のわたしが身をやつして、商人ギルドに降嫁した事実も、気に入らないから、だから理由が必要だった」

 濁流になった。ネフトの指先がすっと下瞼に触れ、引いていった。

「逢いたいって思ったのでしょ? ずっと一緒にいたいと思ったのでしょ。愛されたいって思い始めたのでしょ? 人は心と体を同時に結びたがる生きものよ。まずは心から結んだらいいのよ」

 さわわ……と海風が吹いた。夜の匂いがする。月が啼く音はしなかった。

「マアトがこの世界から遠ざかったようね」

 ネフトは空を見上げ、指を指した。星が空を横切ってゆく。

「今夜は星降る夜。きっとイザークも来ているはず。綺麗な光景が見られるわ。想いを伝えなさい。古来より、夜空は恋する女の子の味方。護符スカラベはね……フフフ」

「なんで笑うの……だって、こんな色……綺麗に染まらないの」

「それが、貴女のイザークへのドロドロってことね」

 ドロドロ。確かに……ティティはぽすっとドドメ色の護符スカラベを仕舞い込んだ。

「二人でドロドロになっちゃえば、案外すっきりしたりして」

 茶目っ気口調の前で、星がすぐ近くの海に降ろされ始めた。閃光が空を駈けた。星の煌めきを詰めた夜の海は夜空にも匹敵する。踝まで海面に浸からせたサアラの側に、幾つもの光の粒が押し寄せてはすくい上げられてゆく。

「マアトはただ、裁く神。この世界が間違っていると思うなら、変えればいい」

 ネフトの手は温かかった。しゃくり上げるティティに屈むと、ネフトは子供をあやすかのようにティティに告げた。

「自分で、誰が味方で、何が真実マアートかを見極めながらよ。イザークが来ているわよ。行きたいなら、行きなさい。今なら逢えるわ」

 ネフトは視線を前方に向けて投げた。ティティはもう立ち上がっていた。


(知らなかった。わたしは愛情を狩りに行く性格だった。絶対伝えて見せる。わたしの感情は、わたしが決める。だから、わたしはちゃんとイザークに想いを言うわ)


 世界を変える。まずは、自分の世界から、変えて行こう――……。

「~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く