~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。

簗瀬 美梨架

世界で一番最初に神に与えられた、大切なもの。

*2*

 ラムセスは螺旋階段の上で、ゆっくりと獣を撫でた。と思うと、飛び乗って一気に舞い降りて来た。


「ご要望に応えた。我が妹」


(うう、近くに来たら来たで、苛々する。圧倒されてる場合? 絶好の機会到来よ)

 スカラベに爪を立てた。願いを込める時はふわりと大気に、今は深く、己の心の炎の更に奥に突き進む如く強く願う。

 ――ネフティス神よ、願いに応えよ。兄か何だか分からない男を連れ去れ――。


 ラムセスは厭きたとばかりに背中を向け、イザークに会話を仕掛けている。手の中の宝石は赤から濃赤に染まり、黒に近づいていた。熱に掌が少し焼けた。

(お願い。あの男に復讐すると決めたの。――そうして、平穏を取り戻すのよ!)


 ティティの心に呼応するかの如く、スカラベは赤く燃え上がった。イザークが予感を感じたかの如く、ゆっくりと振り返る瞬間と、儀礼鉾の何十名の名前が浮かび上がって、剥がれてゆく瞬間は一緒だった。
 歪んでゆらゆらと伸びてゆく名前。一つの文字が浮かび上がった。

 葦の穂・連なった麻糸・獣の肋骨・焼き上がった小麦粉の四つの聖刻文字がゆっくりとイザークとラムセスに重なる。間違いない。ラムセスの諱、見つけた!


「イホメト……だ……イ――ホ――メ――ト――……」

 ティティは迷わず口にした。マアトの呪の魔除けの願いの要領で、ゆっくりとスカラベにラムセスの諱を呪い、念を込めて織り交ぜてゆく。


「宝玉呪術のわたしの力、甘く見たのがツキよ!」

 取り出したスカラベはすっかり浄化されて白く濁り、如何なる念をも、受け入れるべき準備は整っていた。


「駄目だ! ティティインカ!」イザークの叫び声と共に、ティティはスカラベを高く翳した。

「現アケト・アテン王ラムセス! あんたの諱はスカラベに、運命もろとも封じ込める! ネフティス! 〝イホメト〟に天罰を!」

 太陽光線とも言えるほどの激しい光の泉が暗い神殿を突き抜けた。


 スカラベは熱く焼け付き、土を剥き出しにした大神殿アペト・スウトの床を黒く焼いた。光閃は大きく拡がり、拡散して、ラムセスとイザークを包み込んだ。


 願いはスカラベの中で、小さく爆発する。呪えば星が壊れるほど、周辺の磁場をも歪ませる。

「ラムセス、闇の世界で思い知るがいいのよ! 国は渡さないから!」

 ――やった、か……スカラベの呪いの術は初めてだ。
 ティティはぎゅっとこぶしを胸に押し当てた。


***


 硝煙の中、ジャラリと金鎖が擦れた音がした。ぎくりと振り返ると、ラムセス王がロブハーの獣に座り、足を組み直していた。頭巾と、顔を覆っていた面は綺麗に消えた。ガラス玉のようでいて、水のような薄い水色の瞳にティティは砕け散ったスカラベを手に、怯えながら問うた。

「どうして、粛正の光の中にいないの……? 諱、間違っていなかったはず!」

 ラムセスは無表情を崩さず、ティティの会話を受けた。

「俺の諱とは限らない。多少は影響を受けたが、ティティインカ、足元の民くらい見えるだろう。それとも、呪術を振りかざしたアケトアテン王女は、そこらの商人など見ないと?」

 怖々視線を落とした足元にぎくりとした。頭を抱え、蹲ったイザークの姿。

「イホメトとは、イザークの諱」
「なん……ですって……。では、わたしは……」

 ラムセス王はティティの細い顎を掴み、ぐいと持ち上げ、至近距離で決定的な一言を含んで嘲笑った。
「俺は歴代の王が何故呪死を迎えるかを調査した。諱を詠まれる影響だ。従って俺の諱はどこにも残してはいない。代わりにイザークの名を残した。それが《死者の聖典》を開示する条件。つまりは身代わりだ。――残念だったな」

「だからって……儀礼鉾に嘘を彫り込むなんてそんな大それた話……」

「強い者は罪を犯しても生き残るべきだとの天の理だ。俺には裁きはない。世界を手にすべき男には、神すらも畏怖する何かがあるものさ」

 呆然とするティティの前で、ラムセスは腕を振った。

「アケト・アテン王への呪術による暗殺疑惑だ。地下井戸へ放り込め」

 ティティは沸騰しそうな眼を見開いた。イザークがティティを腕に引き摺り込んだ。

「止めないで!」

 羽交い締めにしたイザークのパサついた髪が小刻みに揺れた。

(わたしの呪術は完全だった。諱さえ、諱さえ合っていれば……! わたしはイザークに呪いをかけてしまったの……だめ、心を強く……だめ、無理……)

「卑怯者! 卑怯過ぎる! あんたなんか、兄じゃない! 悪魔よ!」


 ティティは遠くなるラムセスの背中に向けて叫んだが、大量の神官の壁の向こうで、ラムセスが立ち去る気配と、甘えた猛獣の唸りがしただけだった。


***


 ティティの手からスカラベが落ちた。スカラベは赤く燃え上がり、欠片が眼に飛び込んだ。

(何という愚行をしでかしたの。わたしは、包んでくれる相手を呪いに突き落とした)

「ごめんな、さい……」ティティは何に謝るでもなく項垂れた。諱が違っているなど、考えもしなかった。疑いもせず、ラムセスの奸計かんけいに嵌まった事実を思い知る。イザークがあれほど止めた理由など、考えもせず!

(イザーク、どうして言ってくれなかったの……言ってくれていたら!)

 ――どうなるのだろう。呪術を憎しみに使ったら、どうなるかなんて……。

 手を床に置き、項垂れたティティの前に、影が過ぎった。慌てて顔を上げると、イザークが屈み込んだところだった。


「ティティ、立てるか」
「あの、わたし……とんでもないことを……呪い……諱の呪い……」


 言葉が出ないティティにイザークは「ん?」と目を見開き、強く言い放った。

「呪いなど俺は信じちゃいなかった。だが、こうして呪われた。ということは、呪いが解けるものであるという話だ。変わらずある。――生きる資格があるというだけだ」

「生きる資格って?」

 イザークは口端を上げて見せた。


「奪われちゃなんねぇもん。世界で一番最初に神に与えられた、大切なもの。それが諱だ。この世界で生きようぜって証拠。じゃあ一緒に生きて行くか、なァ?」


(やめて。一緒になんて。呪術の恐ろしさを判ってて、利用しようとしたよ、わたし)

 お姫さまだっこされ、ティティは眼をぱっちりと開けた。イザークは長い足を振り上げて、神官を蹴飛ばしたところだった。


「地下井戸に行けと言うなら、行く。俺たちが大人しくすれば、誰一人と王に首を飛ばされはしないから大丈夫だ。神に従うか、呪いを受け入れるかは別問題だろ」

 イザークはサンダルでマアトの翅をぎゅうぎゅうに踏みつけて、ふふんと笑った。

「俺は神には従わんが、愛する妻(予定)と己の心に従う――退け! 俺も、裁けよ。ラムセス王、マアト神よ!」

 ティティはイザークの顔を見て、息を飲んだ。

 イザークの美しかった左眼は、今や真っ白で何も映してはいなかった。

*2*


 ふいに右目のイザークが霞んだ。「あ……」ティティは同じく左眼が薄くなったイザークを見詰めた。瞳には、右目の色のないティティが映っていた。

「ティティ、捕まってろ。大丈夫だ。視界がぐらつくくらいで落としはしねぇ」


「何故、わたしに優しくするの? 王の暇つぶしで降嫁したわたしを妻(予定)と呼び、どうして大切に出来るの? わたしは大切にしてあげていないのに」

「俺のことは俺が責任持って面倒見る。余力があれば頼むよ。捕まれ」

 ティティはがっしりした首に両腕をしっかりと回し、涙が零れないよう念じたつもりだった。なのに、涙は造反して、たくさん零れ落ちた。

「わたしは、貴方をまだ知らない。なのに、胸が痛いの。呪いをかけるつもりはなかった。呪いを受けるつもりも、なかった……っ! 憎んだことが間違いだった? では、家族を奪われたわたしの感情はどこへ向かうのが正しいの?」

 イザークはティティを抱き上げ、神殿を歩き始めた。螺旋に渦巻く冷えた石階段を、ゆっくりと降り始めたところで足を止めた。

「憎しみであれ、喜びであれ、感情は俺のものでも、世界のものでもない。貴女の感情は貴女だけのものだ。貴女が決めればいい」

 ――わたしが、決める……どこに向かうのか、決める。

 難しい問題だ。もの凄く考えなきゃいけない。ティティはイザークを見詰めた。

「……ひとりにしないで」
「了解。貴女、案外、甘えん坊だよな」

「甘えてなんかない。あまりに世界が寂しすぎるの! 貴女はわたしを甘やかしすぎ」

 イザークは嬉しそうに眼を細めた。ぱっとティティは視線を外した。突然微笑まれて、頬が熱い。

(何なの……どうして、こう、いきなり微笑むのよ、この人……)

 何重にも地下へ深く彫られた井戸へイザークは一歩一歩進んで行った。
 地下は冥府のアヌビス神の領域か。炎は細く立ちのぼり、死の世界への口をぽっかりと開けたように、地下へ、地下へと続いている。


(〝イホメト〟の文字は二度と口にはしないからね……ごめんなさい)


 ティティは涙の中、一人空しさと悲しさを噛み締めた。

「~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く