~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。

簗瀬 美梨架

じわりと来るなにか

*1*

 ピチョーン……天井に籠もった雫が落ちる音が響いた。湿気と、穢れのない地下水が段々になった岩壁に滴り落ちては、美しいエメラルド色の地下湖に流れてゆく。
 ティティは砕けたスカラベを見詰め、再び罪悪感に涙を滲ませたところだった。

「食えるもんは、ねぇようだ」と付近を捜索していたイザークが戻って来た。
「ないでしょうね……もう、食べ物なんか探しても無駄よ。事実上の死刑だもの」

 ティティは冷たく言った後、しょんぼりと俯いた。

「わたしにも揺り返しが来たみたい。右眼が見えないの。諱を弄ったからかな」

 イザークはじろとティティを見、唇を歪めた。珍しい表情だが、怒りを抑えているは分かる。ティティはもっと項垂れて無言になった。

「すり寄って、口づけくらいしたらどうなんだ。謝って済む話か」

 ――怒っている。当然だとティティは唇を咬んだ。優しさに甘えていた。何をされても文句は言えない。

(口づけ。やった覚え、ない……こんな風に初めてを迎える事態が償い。口づけだけで、許されるはずがない。次に何を言われるのか、こわい、でも、逆らう権利はない)

 服をぎゅっと抓んだ。地下湖の水面にはティティの姿が蒼く浮き上がっている。水面に重なったティティとイザークが揺れる様が見えた。(ごめんなさい)を込めた涙の口づけをイザークは靜かに受けた後、銀の髪をわさわさとかき上げた。

「ほんの意地悪だ。――気にするなよ」

「気にします! ほ、他に何が望み? 言えばいいのよ。わたしが悪いのだもの」
「バカ言うなよ。俺はおまえの夫たる身分だ。罪は一緒に背負うから夫婦なんだろ」

 じわりと眼が熱くなった。ごそごそと眼を擦るティティにイザークは肩を竦めると、いつかのように、肩を力強く引き寄せた。

「ティティ、呪いなんてものは、身に背負って初めて罪を感じるものだ。それより、やけに明るいな……」

 降りてきた場所は封鎖され、光すら入ってこない。なのに、湖は発光している。ティティも気付いた。地下井戸にしては、確かに明るい。

「ねえ、水面が光っているの。片眼がおかしいせい? 色調がよく分からなくて」

「いや、光ってる。光が漏れてるんだよ」

 イザークはティティの頬を両手で包み込んだ。

「ぽっかり、白いな。多分、神の呪いだ」

 イザークは「これ以上はやめようぜ」と壁に座り込み、足を伸ばした。ティティも隣に座り込んだが、服の裾が長すぎる。手でかき寄せて、膝を立てて腕で抱えた。

「月が目覚める、あの音が聞こえる」

 言われてみれば、不快な月の音が、地下まで響いている。まるで女性の断末魔の声。

「――ティティ。俺を、呪いたかったのか。本気で抱き締めたからな」

 首を振った。「貴方は、保留」イザークは会話を切った。

 俯いた顔が時折地下湖の鏡面に映る。逆さまになったティティは小さく見えた。
 イザークは返答に困り、「俺、寝るわ」とあくびをした。

「緊張感のない! ねえ、起きてよ。神の裁きが来るのよ」
「なーんてね。ちょっと気になることがある、待ってろ」

 からかっていたらしい。むっとするティティの前で肩を竦めたかと思うと、がばりと起き上がった。今度はバサリと服を脱ぎ捨てた。

 砂混じりの上着がティティに飛んできた。

(え?)と思う前でバシャンと水飛沫。しなやかに、イザークは湖に飛び込んでいた。

「ちょっと! 水浴びなんかしてる場合じゃない……っ。結局一人ぼっち!」


 ぶくぶくぶくと泡が弾ける音も消えた。呼びかけてみるが、深く潜った様子だ。
(もう! 勝手なんだから!)ティティは上着を地面に叩きつけ、また埃を払って丁寧に抱えた。ドロ水に飛び込んで、毒素の中、後悔すればいい。もう知らない。
 放置を決め込んでは、ソワソワと湖を覗き込む。

(イザーク……浮かび上がって来ないな……)

 水面にイザークの頭は一向に浮かんで来なかった。心配で小さく呼んでも、「それが何か」とばかりに水面は揺れない。溶けて微生物にでも成り下がったのか。

「いいわ! 勝手になさいな! もう!」

 怒鳴ったところで、ざぱ、とイザークが上半身を水面から突き出させた。

「イザーク! 心配したのよ! 冷たいでしょ、あっためるから、こっち」

 イザークはキロ、と眼を動かし、逞しい腕を伸ばし、懸垂の要領で這い上がった。

「ティ、ここが地下湖だと思っていたか?」

「ええ。地下井戸でしょ? 井戸とは汲み溜める性質のものだもの」

「じゃあ、あれはどう説明するんだ?」イザークは絶えず落ちる流水を指した。

 流水は壁から染み出て、階段になった石壁を伝って、床に落ちる。結構な水の量だ。

「井戸なら、いずれ水が溢れてくる。それが、どんどん流れて、循環しているんだ」

 言う通り、水は綺麗に流されて、井戸、もしくは地底湖に溜まるが、溢れていない。

「出られるってこと? 水の逃げ道があるの?」

 イザークが確信した素振りで頷いた。

「だとしたら、底しかない。思った通りだった。光が漏れてずっと続いている。相当の距離だが、抜けられないわけでもない。洩れた光は近そうだから」

 期待が絶望に変わった。ティティは服を握りしめたまま、背中を向けた。

「わたしに、得体の知れない水に飛び込めなんて言わないわよね? 絶対嫌よ! そもそも、貴方が死者の聖典の交渉なんて考えるからいけないの!」

「どこまで甘ったれなんだかな。さすがの俺も呆れるほどの王女っぷりは見事だが」

 聞いた経験もない唸り声で、イザークはティティに躙り寄った。
「ひぃ」と眼を強く瞑るティティの頬に当たったはイザークの唇だ。

(え? それだけ? 頬に口づけ? どうして?)

 長い腕に抱き込まれて、ティティは眼を瞠った。
(呪いをかけたわたしは、優しくされる資格なんかないのに)ぽん、ぽん、と背中を叩かれて、むっとした。

「わたし、子供じゃない」
「子供だよ。子供。事実や哀しみだけに真っ赤になって、先が見えずにおたおたする」

 が――ん……言葉を喪ったティティにイザークはにっと笑った。


「ともかく、ラムセスをぶっ殺すもぶん殴るも。ここにいたら始まらねえだろ。マアトの夜の後だから、裁きも降っては来ないだろうし。ということで」

 ――え? 思う間もなくティティは短い叫びとともに、腰に腕を回され、有無を言わさずイザークに湖に放り投げられた。

(わたし、水に放り投げられたことなんてない――っ。沈む、沈む沈む……あら?)

 ティティは水の中でぷかりと浮いた事実に驚いてイザークを見やった。イザークは立膝に腕をかけ、人魚宜しく浮かんだティティを見下ろしている。

「浮いてる……ねえ、わたし、浮いてるの?」

 ククッとイザークは片手で口を覆い、微かな笑い声を上げた。むっとティティは頬を膨らませた。

「笑うことないでしょ。だって、水に飛び込む機会なんてなかったのよ」
「色々飛び込んだほうがいいぜ。退屈しないだろ? それに、そっちのほうがいい」

「そっち?」意味を尋ねたティティに、イザークはまた笑った。

「ツンツンしてるティティも可愛いが、未体験に噛み付いてさ、素直に驚くティティが新鮮って話。呪いを味わったり、水に浮いたり。くるくる表情変えてさ、素で可愛いって言ってんの」

(さて、これはからかわれているのか、可愛がられているのかどちらだろう)

 ――未体験が新鮮なんて、思いもしなかった。ティティは今までの自分を思い返した。冒険心が欠如していたのだろうか。でも、危険を冒すなんて、考えられない。

 ティティはじっとイザークを見上げた。

(なんだろ。怒る気が起きないどころか、イザークの破天荒な行動を見る度、驚いて、頭が真っ白になる。それで、じわりと何かが来るのよ)

 泣きそうになった心を立て直して、ティティは小さく尋ねた。

「でも、地下井戸から忽然と消えたら、怪しまれるんじゃない?」

「処刑が面倒だから、永久の地下井戸に閉じ込めた。生死は勝手にしろといったところか。一帯を焼き払えと言うだろうな。そういうヤツだ。昔っから――」

(昔から?)ティティの視線にイザークは明確に(まずい)という表情をした。

「ねえ、ラムセスと貴方ってテネヴェで?」
「さて、じゃあ行きます、か!」
「ちょっと待って! 話はまだ、え? ちょっと! 心の準備が……っ」

 イザークは同じく水に半身を浸からせると、浮かんだままのティティの腰を抱き、恰も悪人魚ローレライのように背中から水中に飛び込んだ。

(水圧が襲わないように、しっかりと抱いてくれている。本当は分かってた。イザークは、絶対にわたしを傷つけない。なのに、同じ呪いを被せてしまった。復讐なんていい気になって。バチが当たった。助けてくれないのに、報復は与えてくるの。大嫌い、神さまなんて嫌い)

 外ではマアトの裁きの夜がひっそりと、世界を闇に包み込んでいる。

 頬にただ、冷たい水と、揺れる感触だけを感じ、ティティは力強いイザークの腕に身を任せた。世界中の人間がティティを裏切っても、大丈夫。


(イザークだけは裏切らない。もう心で、分かっているから。ほぅら、大丈夫――)

「~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く