~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。

簗瀬 美梨架

大いなる命の河。ハピの河川

*2*

 上坂を登り切った。ティティは神殿を振り返った。


(こうして見ると、アケトアテン王国はやっぱり美しい。王女としてつつがなく過ごしたはずだった。幸せを貰った。でも、幸せは逃げて行ったの)

 靜かに居城だった神殿を見ているティティに商品を手にしたイザークが告げた。

「神殿に戻りたいか。そうだよな」
「見ていただけ。外から見た経験なんてなかったのよ」


 その後の道は、なだらかだったので、ティティは車の端っこに座らせて貰った。



イザークは思う存分ティティを一人にしてくれたので、思う存分景色を見て、涙を流した。


 やがて拓けた視界に、巨大な河。水の清らかな匂いがする。




 宮殿暮らしのティティの眼に映る自然の威力。イザークが教えてくれた。

「大いなる命の河。ハピの河川だ。ラムセスがおまえと俺に住まいを用意した」

「~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く