~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。

簗瀬 美梨架

光溢れる空に、突き抜けるようなオベリスク

*2*

「今日こそで・き・る・か・な~♬」

 ティティがイザークと過ごし始めて、一週間。不貞不貞しくもイザークは婚約用の腕環を買いに出かけた。さあ、スカラベ準備の宝玉呪術の絶好の機会到来である。

(わたしはラムセスへの仕返しを諦めたわけじゃない。父母を探すはその後よ)

 机上の石版柄のツボに手を伸ばした。宝玉がぎっしり詰まっている。

(ふうん、品は悪くないわねぇ。いい仕事しているようね。失敬)

 ティティは覗き込むと適度な大きさの原石を五つほど、選んだ。

「やすり、ナイフ、それから、布……肝心の甲虫探しに行かないと」

 ティティは外へ出ると空を見上げた。かなり明るい。一週間のマアトの裁きの後の空気は晴れやかだ。ティティの心とはちょっぴり裏腹。
 神の裁きが横行している世界の人々は今朝も怯えながら、一日を始める。
 ティティは空全体が光る不思議な天空を睨み、甲虫を備に探した。

「いた、いた。いらっしゃい。ほら、ほらほら」

 二匹を捕獲し、念を込める。左手に原石。右手に甲虫を持って、指を組み合わせる。

「呪力、大いなる三柱神がひとり、ネフティスに捧ぐ――……」

 願うような心地で、ティティは冥府の女神ネフティスへの呪文を口にした。ぐ、と組み合わせた両手をふくよかな胸に押しつける。この瞬間はいつも熱い。精神力も奪われる。虫と心を通じ合わせ、神への交渉を始めるのだから、当然といえば当然か。

(く……ぅ……まだまだ……! 我慢、我慢よ、ティティインカ……!)

 チリ、と音がして、怖々手を開くと、真っ青な原石に溶けて封じられた甲虫が靜かに転がっていた。術を掛けると甲虫は玉虫色に光る。美しい色合いだ。

(本当は魔除けか御護なんだけど……術をかけるは一緒。ま、何とかなるでしょ)

「会心の出来! これで、準備は整ったわ!」

 後はイザークの帰りを待つだけ。ティティは荒ら屋を振り返った。神殿のごみ置き場にもなさそうな粗末なコップ。食事はもっと貧相だった。寝場所は固いし、お風呂も何もかもが貧相の一言で済む。

(イザークは買い付けた商品を売るため、神殿に向かう。一緒に行って、ラムセスに目にモノ見せてくれるわ。わたしは王女。商人の妻になんてだーれがなるものですか!)

 一仕事を終えたティティは荒ら屋をそっと出た。

(不思議なものね。神殿を外から眺めるなんて……オベリスク、まだ建ってる……)


 光溢れる空に、突き抜けるようなオベリスクは、側面に王の名や神への讃辞が聖刻文字で刻まれた慰霊碑だ。先端部はピラミッド状のピラ角錐ミディオンになっており、金や銅の薄板で装飾され、光を反射して輝く。通常はファラオを追われた一族のオベリスクは片っ端から一番に叩き壊される運命にあるはずだが、父のオベリスクは変わらずにあった。


(遺しておくということは、ラムセスのお馬鹿は何を考えてんのかしら。わたしも殺さずに降嫁させてるし。変人は理解できない。父と母をどこへやったのよ!)

 ――生きていると信じよう。きっと父と母は生きている。身重のお腹を抱え、生き延びている。イザークは逃がしたとはっきり言ったわ。でも。

「仇はわたしが取る。何としてもラムセス王の諱を暴いてね!」

 オベリスクが歪んだ。ティティは指で目頭を押さえた。

(父上、母上……逢いたい……どこへ行ったの……寂しさの悪魔がやって来るのよ)

「寂しいなら、俺らが慰めてやろーか? お嬢さん?」

 ティティはいつしか、数人の男達に囲まれていた。(不愉快)とくるりと背中を向けた。ふわんと膨れた髪が軽く跳ねた。男たちがヒュウと口笛を吹いた。


「あっち、行って。相手にするお暇はないの」
「へへ、そんなツレない言葉吐くなよぉ~?」

 ティティはスカラベを握った。どうやら脅してやらねばならないらしい。

(ええと、光の呪術はアヌビス神への呪文だったわね……)

 しっかりとスカラベに念を込めたところで、真横にあった樽が突如吹っ飛んだ。驚くティティを過ぎて、樽は男たちに飛び込んだ。

(なに? 何が起こったの? もう、次々なんなの!)

 爆音にあっという間に涙は引っ込んだ。粉塵をゴホゴホと手で払った長身がぬっと立った。着やせするが大柄だ。聡明そうでいて野性的な瞳は常にギラギラと滾るように赤く輝いている。爪先がザザッと動いた。


イザークだと気付いて、ティティはほっとしたも束の間、猛獣の唸りに飛び跳ねた。

「俺の妻(予定)を泣かすヤツはどいつだ! 片っ端からぶっ壊してやるから、並べ!」
「誰が妻(予定)よ! だ、大丈夫、いいからっ!」
「そういうワケに、行くかァ……っ! ティティ、下がってろ……」

 両腕を強く引いてイザークが怒鳴る。男たちの一人がさっそく、尻餅した。

「久しぶりに愛妻(予定)に会えると思いきや、てめぇらァッ……」

 尻餅の頭を掴み、地面に伏せさせて、泡を吹かせると、イザークは次の獲物を睨んだ。しかし、獲物たちは蜘蛛の子を散らす如く逃げ去った。怒号が追いかけて伸びた。

「待ちやがれェ! 俺の愛妻(予定)を下卑た眼でニヤニヤ見やがって!」

 手がつけられない猛獣イザークの腕を強くつねって、ティティは頬を膨らませた。


「あたしが勝手に泣いたのよ! ありがと。……苦いお茶くらい、淹れてあげる」

 ティティの厭味混じりの御礼に、イザークはにっと笑った。


(帰って来た、良かった。もう一人じゃない)

 心の緩みに気付くなり、ティティはそっぽ向いた。

「~大神殿で突然の婚約?!~オベリスクの元で真実の愛を誓います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く