転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?

狂乱さん

ベルフェゴールの怠惰な一日

ベルフェゴール視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

朝の6時

起きた…………眠い、いくらレヴィアタンの監視があると言っても、眠い物は眠い二度寝しよ

基本的に俺は自分から動きたくない、監視?適当に体の一部くっつけて何かあったら伝わるようにしとけばいいだろめんどくさい

そして二時間

おはよう、眠い、動きたくないでごさる

でも飯食わなければ…………《物質創造『怠惰』》
…………出て来い、カ○リーメ○トゼリー

とりあえずめんどくさいから吸い尽くして寝る

そしたら今度はアラームが鳴っていた…………

うるせーな今度は何だよ…………何だレヴィアタンが大きなダメージを受けただけか…………ダメージ?

(お〜い、シャド、レヴィアタンが何かダメージ受けてるぞ)

『はぁ!?何でだ!?俺達は液体で固体化してもめちゃくちゃ硬いんだぞ!?』

(どうやら大罪スキル…………それも強欲の劣化版を持ってるから攻撃が強いらしい)

『勝てるか?』

(勝てるだろ、あ?とどめ刺した)

『そうか、勝ったはいいけど強欲の劣化スキルか…………』

《聞こえてるか?ベルフェ》

通信に割り込んできた

《あのクソったれの王子は始末した。がしかし魔力切れで動けん、救援頼む》

(了解、シャド、面倒くさいから行け)

『おいちょっと待て、何で俺なんだよ』

(いいからはよ行け)

『俺お前らの本体なんだがなぁ』

(と言う訳で今そっち行ったから待ってろ)

ようやく寝れる…………おやすみ…………



こうして、ベルフェゴールの怠惰な日々がまた始まるのだった




「転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く