転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?

狂乱さん

学園編第十五章 スサノオ勲章

レヴィアタン視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

俺とシスティーはその日から恋人になった………が

「なぁ?システィー」

「ねぇ?レヴィー」

俺達が思ったことは唯一

「「恋人同士って何すればいいの?」」

俺を含め、恋愛に関してはよくわからなかった

「とりあえず、後で国王になんて言おうか?」

「う〜ん、人払いを済ませてからの方が良いと思うけど」

「「どうしよ」」

結構息ぴったりだつた

そして次の日

「国王、済まないが人払いを済ませて欲しい」

「構わないが何かあったのか?」

「俺とシスティーナ姫の関係に関してです」

「分かった、おい、聞いたな?」

そして執事やメイドたちは去っていった

「それで、話とは…………」

「言わなくてもそのくらいは分かるよ、なに、システィーナと恋人同士にでもなったと言う所か」

ふぁ!?何故バレたし

「その様子、その言動、簡単だろう」

思い当たる節しかねぇ

「別に余は…………いや、公式の場では無いからいいか、別に私はあの娘の父としては構わんさ、あの娘が望むのならな」

多少以外だな、というかこれがあの人の素か

「まぁ、私にもまだ娘に、留学中の息子もいる、別に王位は適当に息子にでも継がせればいいさ」

システィー以外にも居たんだ…………

「あとは学園でゆっくりと関係を深めていけ」

「わかりました、あとは学園の件、申し訳ない」

「なに、娘の為だ、どうということはないさ」

「では失礼します」

「娘のこと、よろしく頼むぞ」

「ええ」

そして俺は部屋を出て、その日の必要な事を終えた

そして翌日、登校日である

「おはよう、レヴィー♪」

「おはよう、システィー」

登校いきなり抱きついて来た、周りの視線が痛いです、まぁ《悪感情吸収『嫉妬』》で力になるからいいけどさ

というか俺の能力を知ってるからやったな、しかもめちゃくちゃ顔赤いし

「そろそろ離れてくれ、周りの視線が痛すぎる」

「そ、そうね、いくら恋人でも恥ずかしい」

最後は小声過ぎて聞こえなかった

「ほほ〜ん、いちゃついてるいちゃついてる♪」

何だ、耳障りだと思ったらエイミーか

「レヴィーくんは私結構狙ってたんだけどな〜」

「だ、だめ!」

「悪いな、先客が居たもんでね」

「へえ〜もしかしてその先客ってシスt……むごっ!?」

「だめダメダメ!エイミー、やめて!言わないで!」

おいおいちょっと、そんな反応したら…………

「え?噓?あのシスティーナ様が!?」

「あの主席くんと!?」

知ってた

「ハイスペック同士とか、爆発しろ」

酷えな

「あー羨ましいなー」

だろうな

「俺今度玉砕覚悟でシスティーナ様に告ろうと思ってたのに!」

あぶねえ

「無駄無駄、どの道無理だよ」

まぁ、そうか

「リア充爆発しろ!」

おいちょっとまて、その言葉どこで覚えたし

「コロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロス」

怖い怖い怖い怖い、とてつもない殺意が出てる

とりあえず《悪感情吸収『嫉妬』》を使っておこう

だいぶ殺意が和らいだな…………一人除いて

「ホラホラ!席につけ!HRを始めるぞ!」

「「「はい!」」」

「出席を取りたいと思うがその前に…………」

「レヴィアタン、国からの感謝状が来てるぞ」

「「「はぁ!?」」」

「あっ、やっぱあるのね」

「ちょっと待ってレヴィー君どういう事!?」

「お前休んでいる間に何があった!?」

「もしかしてシスティーナ様がしばらく来れなかったのと関係あるの!?」

「コロス!」

「もしかして駆け落ちー!?」

「「「きゃあー♪」」」

「まさかシスティーナ様と恋人になったのと関係あるの!?」

待て待て待て、なんか今一つ変なのあったぞ!?

あとはうるせぇ!!

「待て待て、今感謝状読むから」

「レヴィアタン殿、貴方は軍事国エル・ダロアとの戦争において、一人でシスティーナ姫を救い出し、さらにその悪事を暴き、戦争を終結させた事から、スサノオ勲章を与える」

「「「スサノオ勲章!?」」」

「「「戦争終結!?」」」

「あ?これか?」

俺は空気を全く読まずに八つの蛇の首のレリーフを取り出した

「「「空気読めよ!?英雄野郎!!」」」


その場は大混乱だった

「転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く