転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?

狂乱さん

学園編第十章 自重?何それオイシイの?

システィーナ視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

あれからどれだけの時間がたったか分からない…………。

私は気絶させられて気づいた時にはこの部屋にて監禁され、拘束されていた…………

『何か足音がする…………誰か助けて!』

そして現れたのはエル・ダロアの王子…………つまり元婚約者であった。

「貴方が私をここへ連れてきたの…………」

そしてブロストは…………

「ふん!随分な物言いだな、システィーナ。自分の置かれてる状況を分かっているのかい?」

「気安く名前を呼ばないで頂戴!」

「ッ!どうやら本当に分かっていないようだな…………!まぁ、いい!ここから徐々に調教していけばいいのだからな!」

どうやら相当まずい状況みたい…………

『さっきから魔法が発動しない?反魔法空間アンチマジックエリア?』

「言っておくがここには誰も来れないぞ。ここはお前の国では無く、俺の国だからな!」

嘘!あそこからエル・ダロアまでは100Kmはあるはずなのに!

「転移門を作るのには苦労したよ。わざわざ使ったら壊れる使用にしたからな!」

それだと救出されるのは当分先になってしまう!

『レヴィー!助けて!』

龍種であるレヴィアタンならこの状況を打開出来るのでは?私は自分の思っている事がだいぶ自分勝手な思いだというのに気付いてなおレヴィアタンの事を思っていた

レヴィアタン視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

だあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!
クソ遠い!何なんだよ、ここから100Km先まで転移しておきながら一回使ったら転移門壊れるとか!?いくら俺が人外でもかなり時間掛かるっての!とりあえず…………

「我が望みは星の如き速さ!光速化スターダッシュ!」

俺は自己流加速魔法で時速300Kmまで加速した…………正直これは隕石の1000分の1程度の速さだ…いや流石にいくらなんでも秒速30Kmは魔法でも無理があるっつの!

だが、これだけあれば20分でエル・ダロアに着く!待っててくれシスティーナ!

そして俺はエル・ダロアに着いて新たなる魔法を使った

「我が望みは光を弾く衝撃!光学迷彩インビジブル!」

そして俺は隠密行動をとり…………城ヘ着いたはいいが跳ね橋が降りてねえええええ!?

仕方ない…………俺はとりあえず翼を使って飛んだ。
ん?何で翼って?最初っから移動の時点で龍形態ですが何か?自重?何それ美味しいの?

そして、システィーナが閉じ込められている部屋を見つけた。情報通りだ!

いやここに普通に入れるか?常識的に考えて地下牢とかにしろよ…………まぁ、見つけられたからいいけど。

とりあえず中を覗いてみる

『ッ!んの野郎!システィーナに奴隷紋を付けて拘束しておいて鞭で引っ叩いてやがる!ふざけんなよ!フザケルナ!フザケルナ!俺の知り合いに良くもこんな事を!殺す!殺スコロスコロスコロスコロス!』

《認識しました。大罪スキル嫉妬レヴィアタンを獲得…………成功しました。条件の開放を確認、属性開放条件を満たしました。個体名:レヴィアタン・クラウドは嫉妬之焔ジェラシーフレイムの開放…………成功しました。開放属性は黒炎です。個体名:レヴィアタン・クラウドの進化を開始…………成功しました。個体名:レヴィアタンクラウドは嫉妬の腕龍オロチに進化しました》

とりあえずぶち破る!

俺は進化してさらに禍々しくなった左腕で本気で壁を殴った

ドガアアアアアアアン!!!!!!

なんとか破壊出来たはいいけどめっちゃ腕が痺れた………痛覚無効があって良かった………

「ななな!なんだ!何が起こった!」

俺は部屋に入ろうとした。しかし阻まれたが無理やり入った。あり?魔法が解けた?

「りゅりゅりゅりゅ………黒い龍種だと!?」

「ウガァァァァァァァァァア!!!!」

ふざけて叫んで見た。ぶっちゃけ普通に喋れるけど………

「もしかしてレヴィーなのですか?」

とりあえず頷いた

「クククク!好都合だ!せっかく手に入れた嫉妬之傀儡レヴィアタン強欲之傀儡マモンの力を見せつけてくれる!そして俺が龍種を討伐した英雄として名を馳せるのだ!」

何言ってんのコイツ?
俺を討伐?バカなの?死ぬの?あぁそうだよ殺すよ!

来い!嫉妬と強欲に駆られた傀儡が!


「転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く