転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?

狂乱さん

学園編第五章 気付き、時すでに遅し

システィーナ視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お父様とのお話が終わった頃、私は自分の部屋でシャドという者について考えてた

『シャド・クラウド、年齢不詳、経歴不明、祖国不明、得意魔法は暗黒魔法ドラゴニックマジック、属性適切は全属性+α、まるでレヴィアタンと同じね、住居は…………あれ?ここはレヴィアタンが来る前に住んでたところだわ。と言う事は同一人物?でもまだ不明な所が多いわね…………まだ同一人物かどうかを判断するには早いわね』

そしてレヴィアタンの自主練が終わる頃の時間にレヴィアタンに会いに行った

「レヴィー大事な話がありますの!」

「なんだ?藪からスティックに?」

「藪から…………?まぁ、いいわそれよりこれに目を通して下さる?」

そう言ってお父様からの呼び出しの命令書を出した

「あいよ、え〜ナニナニ?ッ!?」

そしたら汗を垂れ流して

「えっとこれどゆこと?システィー」

「お父様があなたを呼び出したのですわ」

「いやそれはわかるけど…………」

どうやらそうとう焦ってるみたいだった。何故ここまで焦る必要があるのだろうか?

「何か?」

いきなり固まった

「わ、分かった…………」

なんか私に怯えられた様子だった

『そんなにならなくてもいいのに…………それじゃあ私が…………私が?何?』

色々と疑問は出たが、レヴィアタンを連れ出す事には成功した

そして王城にて…………

「あちらにて王がお待ちしております」

そして入った時に黒い鎧を着た龍人種がいた、そしてその角は禍々しくそしてとても力強さを感じさせて、頭の横から後ろに生えていた、そしてその顔立ちはレヴィアタンと似ていて、整った顔立ちをしている、しかし、レヴィアタンが紫色の目をしているのに対して、シャドと言う人物は真っ黒、何もかもを吸い込みそうな黒だった………

『あれがシャド・クラウド………ほんとにレヴィーそっくりね………いずれは挨拶に………って何考えてんの私!?』

そしてレヴィアタンとシャドの目が合った瞬間二人はとても驚いていた。

少し固まっている所を見ると伝達魔法『メッセージ』を使っているのだろう………無詠唱で…………

するとお父様が…………

「ハッハッハ!やはりお主らは同一個体!多頭龍種のようだな!明らかに龍人種とは違う!」

『ちょっと!?お父様は何を仰っているの!?』

しかし、二人はとても動揺していた

「何、心配するな。別に討伐だの追い出したりなどせぬよ。さて、折り入ってお主らに頼みがあるのだが、この国を救ってはくれまいか?」

「ちょっと………待って下さい、お父様………レヴィーが龍種とはどういう事ですの?………」

『龍種はモンスター………でもレヴィーは………でもでもモンスターは私達の敵………ならレヴィーも?いや………嫌嫌嫌嫌………いやぁぁぁぁぁぁぁぁあ!?!?!?』

そして私は気絶した

そして医務室で起きた時に私はある手紙を目にした、そこには………

『システィーナへ、国を救うと言う依頼に関してはお受けします、しかし、報酬にはあなたとの婚約と言うものがありました………なのでそこの件はキッパリと断らせて頂きました、俺にはそんな資格は無いですからね、やはりこの世界には俺の居場所なんて無いようだ………残念だが、俺は依頼を終えたあとこの国から出ていくことにするよ………正体がばれた以上ここにいる意味は無いからね、もっとこの世界について知りたかったよ、あとはお前にだけしか教えない事だが俺は異世界からの転生者だ、つっても俺はシャドの体の左腕部分の龍種だ、だから俺の本体はシャドなんだ、だが意識はもはやシャドと違うものになり始めている、お前には前々から伝えようか迷ってはいたんだでも正体がばれた以上はもうここには居られないからな、だから手紙で伝える事にした、もう長いからここで終わりにするよ、じゃあな、さようなら。レヴィアタン・クラウドより』

そして手紙の裏には

『追伸、案外お前の事好きだったよ』

私は泣いた………精一杯泣いた………レヴィーが居なくなる事に………レヴィーと会えなくなる事に………そして気付いた………

『あぁ、私はレヴィーに恋をしていたんだわ、でもレヴィーにはもう………会えない………』

「レヴィー………レヴィー………レヴィー………………」

そして手紙の近くには真っ黒な鱗が置かれていた

私はそれを自分の部屋に持ち帰り………抱きしめ………深い眠りに落ちた


「転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く