転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?

狂乱さん

学園編第四章 再会そして正体

システィーナ視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「うう………お父様お話があります…………」

流石にこのままだと協力を取り付ける事ができない

「な、何だ?そんな脱力して…………」

そして私はお父様にその事を話した

「ふむ、いざ言おうとすると緊張してしまい言い出せないと…………」

「というかこれお父様が原因ですよね!?」

「まあ、作った覚えはあるが対策ならすでに考えておるわ」

「何をするおつもりですの?」

「それはな・・・」

なんとそれはレヴィアタンを王城に呼び出すと言うことだった

「それ…大丈夫ですの?」

「まあ、なんとかなるだろう」

凄く心配だ…………

「それと、最近話題になっているシャド・クラウドと言う者も呼び出すつもりだ」

「誰ですの?シャド・クラウドって?ん?クラウド?レヴィアタン・クラウド!」

「そうだ、ミドルネームが同じだ!おそらくは親戚または兄弟、もしくは親と考えられる」

「それに黒龍騎士と言う新しい職業クラスと聞いています」

「その通りだ」

『しかしシャド・クラウドはとても若いと聞く、しかし兄弟は七つの大罪の悪魔の名前と聞いている、しかしその中にはシャドというものはなかった………なら親戚?詳しく調べる必要がありそうね…………って何を!?』

そして翌日

レヴィアタン視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「えっとこれどゆこと?システィー」

「お父様があなたを呼び出したのですわ」

「いやそれはわかるけど…………」

「何か?」

『ちょっとまてシスティー、その視線は怖い!』

「わ、分かった」

シャド視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「おい、シャド、王から呼び出し食らってるぞ」

「ちょっとまて、俺なんかやらかした?」

「いや、どちらかというとその職業クラスが原因だろう」

「はぁ、分かった。すぐ行くよ」

「念のためエルをここに残しとくから何かあったらエルに伝えてくれ、こっちにも伝わるから」

「分かった……まぁ、頑張れ…………クフフ」

『おいこいつしれっと笑いやがったぞ』

そして翌日

「シャド様、こちらにて王がお待ちしております」

そしてドアを開けるとそこにはとても威圧感のあり、とても豪華な、そして力を感じさせる鎧を着た人が座っていた。おそらくはあれが王だろう。

「お初にお目にかかります陛下。私はこの街で冒険者をさせていただいております、シャド・クラウドと申します」

「うむ、よい。我が名はバロン・ド・フレーゼ・グランという。まぁ知っての通りこの国の王だ」

随分と気軽に話してくれたなこの人

「陛下!?」

「良いのだ。デュランよ」

「しかし…………」

「良いと言っておろうが、余はこの者を王としてでは無く一人の人として呼んでおるのだ。」

「申し訳ございません」

「良い。誰にでも失態はある。この私もな」

結構いい人っぽいな、意外と好意が持てる人物だ

「もう一人客人を呼んである、しばし待たれよ」

もう一人?

そしてドアが開いたその先には…………

『な!?何故ここにいる!?レヴィアタン!』

《おいちょっとまてどういう事だシャド!》

二人してバロンを見つめた

「ハッハッハ!やはりお主らは同一個体!多頭龍種のようだな!明らかに龍人種とは違う!」

『な!?一瞬で見抜かれた!?』

《嫌な予感するな…………》

「何、心配するな。別に討伐だの追い出したりなどせぬよ。さて、折り入ってお主らに頼みがあるのだが、この国を救ってはくれまいか?」


「転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く