転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?

狂乱さん

帝国編第五章 ヤンデレ登場、そして憤怒

レナ視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「もしかしてシャド様は…………異世界人ですか?」

「!?」

どうやらこの反応は図星のようだ
何故そのような事を思ったかと言うと、あの調理法は異世界から伝わったとされ、あれをやれるなは異世界人だけで、その弟子でもまだ実例は無いからだ。
そして、鑑定Lv.7でスキルの中に自動翻訳Lv.MAXと言うのがあり、あそこまで手慣れていれば料理Lv.6はあるはずだそれが習得もできていないと言うのがおかしいからだ。
しかも称号の中に転生邪竜の幼体とあった。少なくとも転生体であり、前世が邪竜ならおかしいし、それなら異世界から転生した、もしくは異世界人がこちらに来て邪竜に転生したと言うのが正しいからだ。

「それにあなた様は少なくとも人種ではありませんね?」

人種では無いのなら龍種か、龍人種、になるはずだ。

「…………はぁ………何故分かった?」

「御自分のスキルをお確認下さい」

「ッ!!なるほど…………」

シャド様の頭から後ろにねじれた黒く禍々しい角が現れた

「これで十分か?」

やはり龍人種のようだ

「やはり龍人種でしたか……実を言うと私もなんです。」

そう言って、私は頭の角を見せた。
やっと見つけた……ああ………何と立派な角でしょう…………

「ッ あっぶねぇ」

シャド様が何かボソッと呟いたが、よく聞こえなかった。

「マサカ同族ガイルトワナ…………」

何故か片言になっていた。でも私に緊張しているのでしょう………ああ…………ああ………やっと見つけた…

「とりあえずこれはヒ・ミ・ツですね」

シャド視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

やべぇバレるかと思った…………
どうやら誤魔化しきれたようだ。
しかし何故だろうめちゃくちゃ嫌な予感がする。ていうかなんか黒いオーラ見えますけど!?

《認証しました。種族名:闇龍ヤマタノオロチは危機感地Lv.5を獲得………成功しました》

いらねーよ!?何!?俺以外も危機感感じてるの?

(ヤバイヤバイヤバイヤバイなんかヤバそう)

《異世界人だというのに気付かれただけでもヤバイのに、何この感じ!》

両腕もかなりの危機感を覚えたようだ…………それ以外は絶句しているようだが…………

よし、こっそり影移どu………

「させませんよ?」

❲ギャーーーーーーーー刺された!痛くないけど動けない!?❳

[〘{【(《『右足ーーーーー!!』》)】}〙]

「フフフフフ♪逃しませんよ?折角見つけたんですもの?ただで返すわけないじゃないですかぁ?」

❲ちょ!?抜けろ!抜けろよオイィィィィイ!クソが抜けろっつってんだろ!オイ!❳

ヤバイ、すごい量の悪感情が右足から出てる…………

《認証しました。個体名:《右足》仮は大罪スキル、憤怒を獲得しました》

❲抜けろっつってんだろがあぁぁぁぁぁぁぁぁあ!❳

『落ち着け!クソ、スキルで干渉できねえ何なんだこのスキル!?』

《ならお前が名付けしろ。独立進化させて憤怒を抑えさせろ。進化すれば多分これも抜けられる》

「フフフフフ♪抜け出せませんよ?影移動はその影をさされたら動けないのですからねぇ♪」

『だぁぁぁぁぁぁあ、時間がねぇぇぇぇぇぇえ!?!?オイ右足聞け!』

❲何だよ今忙しいんだよ!❳

良かった。声は届く

『今からお前に名付けする!お前の名前はサタナエル、"サタナエル・クラウド"だ!』

《認証しました。種族名:闇龍ヤマタノオロチ❲右足担当❳は個体名:サタナエル・クラウドたなりました》

《認証しました。個体名:サタナエル・クラウドは種族名:憤怒の脚龍オロチへ独立進化を果たしました》

《認証しました。個体名:サタナエル・クラウドは憤怒之王の称号を得ました。さらにスキル狂化Lv.1を獲得………成功しました。さらに個体スキル憤怒の暴走Lv.1を獲得………成功しました》

❲おんどりゃあ ❳

バキンッ!

投げられたナイフが壊れた

『いまだ!』

一斉に影移動をして逃げ出した

「あら?どこへ行くのですかぁ?逃しませんよって言いましたよねぇ?」

『喘息前進だ!!!』

このまま俺は屋敷に出ようとしたら結界に阻まれて、一日中レナが疲れて寝るまで逃げ続けた………

「転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く