転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?

狂乱さん

帝国編第四章 引っ越し:後編

レナ視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ある日突然ギルドマスターからある奴のメイドとして雇われて欲しいと言う連絡が来た。その"ある奴"とやらが気になってそのことについて聞いてみたところ、名前はシャド・クラウドと言うらしい。

『どこかの貴族かしら?でもそんな貴族の名前は聞いた事もないはず』

とりあえず特に変わった内容も無く結構収入も高い、受けない理由も無い為、その条件で受けた。しかし給料の金貨4枚はそのシャドと言う人物では無く、ギルドマスターが直接渡すと言う事だった。

『ではシャドと言う人物は貴族では無い?どういうこと?』

色々と考えながら明日を迎えた

シャド視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

正直ゼファーから貰った屋敷は『どっかの大富豪でも住んでんのか!?』と突っ込みたくなるほどだった。

中をレナさんに案内してもらった。しかし何故だろう?なんかすんごいガン見されてる気がする。

《認証しました。種族名:闇龍ヤマタノオロチは気配感知Lv.1を獲得………成功しました》

どうやら当たりらしい。しかし《気配感知Lv.1》は気配は感じ取れても誰からかはわからないようだ。Lv.が上がればわかるようになるのかな?

《認証しました。個体名:シャド・クラウドは推理思考強化Lv.1を獲得………成功しました》

おっと、今度は俺達では無く俺の方だけに来たようだ。

そんな事考えながら進んでいく内に目的地に着いたようだ。

どうやらここは俺の寝室のようだ、さすがに家具まではなかったがとても広いいい部屋だった。

次に台所に案内された。ここは基本的にレナが使うようだが、俺も料理はよくやってたので(一人だったから)たまには自分で作って、レナを労ってやろう。

そしてリビング、風呂場を案内され、次にレナの部屋に案内された。さすがにレナの部屋には家具は置かれていた。

ぐうぅぅぅ

腹が減った。さすがにお昼頃になっていた。この体だと本能的に何も食べなくても生きられるというのは解るのだが、やはり空腹には勝てない。

「昼食にいたしましょうか?」

「そうだな、よし!材料買って作るから待っててくれ!」

「そんな!そのような雑務なら私にやらせてください!」

「いいよいいよ!久々に作りたいものが色々あるからさ!」

「ではお供します」

材料買う金なんてどこにあるって?そんなもんトラップを売って金貨146枚に銀貨30枚に銅貨16枚があるから大丈夫!

後で聞いたところ、ここでの通貨は、銅貨10000枚=銀貨100枚=金貨1枚となるようだ。日本円に換算すると金貨は10000円相当になるらしい。この世界ではお金の読み方はセシルと読むから銅貨は1セシル、銀貨は100セシル、金貨は10000セシルとなるようだ。

とりあえず、八百屋などに寄ってみた。よく見ると日本で見た野菜なんかもあり、米なんかもあった値段を見るとやはり米は高かった、12600セシルという超高額になっていた、しかしその量は普通に3ヶ月くらいは保つ量なのでむしろ安いくらいだ。その後オニオウル(日本でいう玉ねぎ)とロングオウル(長ネギという、てかネギ=オウルなのか?)とレタス(これは普通だった)を買って、もとから持ってきていた豚に似た魔物、ラッシュボアという魔物を解体したものとエレメンタルチキンと言う魔法を使う鶏の卵を用意して、調味料を買って戻った、しかし、23562セシルという大金を払ってしまった。

「ありがとねぇ、こんな買ってくれて、それにこのライス草はあまり売れないんだよ。」

「そうなんですか?美味しいのに。」

「お!分かるねぇ。でも、ここじゃあ調理がし難くてあまり売れないんだよ。」

意外だ。米が普及してるなら人気があると思っていたが、調理のし難くさにあまり人気が無いようだ

レナ視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

シャド様はどうやら貴族では無いらしい。それにここに来たのも初めてだと言う、どこか遠い国からいらしたのだろうか?部屋を案内し終わった頃、シャド様のお腹が鳴っていた。お昼を作りましょうか?と言ったら、自分で買って作ると言い出した。

『確かに料理経験はあるみたいだけどそれは私に任せてくれれば良いのに』

そしたら、シャド様は大金を叩いて珍しい食べ物を買っていた。

『オニオウルとロングオウルにレタスと調味料は分かるけど何故ライス草を買っているのだろうか?全く作る料理が思いつかない』

日の本の国はライス草を良く食べると言うからシャド様はそこからいらしたのだろうか?

シャド様とお屋敷に戻った時に聞いてみた。

「シャド様は何を作られる御つもりですか?」

そしたらシャド様は…………

「ん?チャーハンと言う料理だよ」

ちゃーはん?聞いた事も無い。

シャド様はライス草のした処理を終えたらどこから、炊いて、エレメンタルチキンの卵と塩コショウを混ぜたものと一緒に炒め始めた。

「!?」

少し驚いてしまった。その後ラッシュボアの肉を細かく刻んだオニオウルと一緒にタレに漬け込んだものとロングオウルを細かく刻んだ物と一緒に炒めて鍋を大きく振り始めた。シャド様が用意したのは中華鍋と言う鍋らしく、フライパンに似ているが丸みのある鍋だったのでそんな事をしたら折角の料理が空に飛んでしまう。そしてそれは案の定空な舞ったが全て鍋の中に入って舞ってを繰り返している。

『信じられない!?あんな調理を仕方!?』

そう、この調理法は少しだけ広まっていたが、難易度があまりにも高すぎて誰もやらない方法なのだ。

最後に火を止めて、大きめのスープ用のお椀に移し、大きめの皿をひっくり返してから乗せて、もう一度ひっくり返して乗せていた。それから塩ゆでしたレタスの葉を乗せて完成した。

『とてつもなく美味しそう』

どうやらスプーンで食べるようだ、するとシャド様が………

「頂きます。」

と言って食べていた。どうやらこれはシャド様が居た国で、食材に感謝を込めて食べると言う風習だそうだ。なので私も………

「頂きます。」

そう言って食べた。そしたら凄く美味しかった

「!?」

『何これ!?めちゃくちゃ美味しい!?ライス草ってこんな病みつきになる味だっけ!?それにこのラッシュボアの肉も甘くて柔らかくて凄く美味しい!?』

そうしたら、少しだけ気が付いた。

「もしかしてシャド様は…………異世界人ですか?」

「!?」


「転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く