転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?

狂乱さん

帝国編第四章 引っ越し:中編

シャド視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

俺達はギルドマスターのゼファーと一緒にグラン帝国郊外のリ・フレーゼという町に来ていた
もちろん人に擬態して

「さあ着いたぞ!ここが俺達のギルドだ!」

そこには屋敷とも言えるような大きな建物が建っていた…だが、中はまるでバーのような状態で、いかにも Theギルド と言う感じだった、そして受付は基本専門の受付嬢と言うのが付くらしい

「おお!ギルマスじゃないっすか!今までどこいってたんすか!」

「ん?何だあの餓鬼?ギルマスの連れにあんなやついたか?」

「でもかっこいいよねー

「ねー」

いろんな野次が聞こえて少しうざい

「あ!マスター!今日はどうなさいました?」

「あぁ、こいつの冒険者登録を頼む」

「はい!ではここにあなたの事を書いて下さい、名前とクラスに年齢を書いて下さい、名前はもちろん偽名でも構いませんし年齢の方は最悪書きたくなければそれでも構いません、クラスが決まってないようでしたらこちらで見繕わせて頂きますがいかがしますか?」

「あ、そちらでお願いします」

「わかりました、え〜とシャド・クラウドさんでよろしいですね?ではこの宝玉に手をおいて下さい」

そう言われて出された宝玉に手を置いた
そして宝玉は黒く染まりクラス名出てきた

「ッ!?こ…これは!?」

「どうかしましたか?」

何やらゼファーも驚いている、そして納得したようだ

「新クラスです!!クラス名は黒龍騎士です!適正属性は……全属性魔法!?適正武器種は全種!?これは勇者に並ぶ最強クラスですよ!!」

「なんだと!!」

「こんな餓鬼に!?」

「これは追っかけがうざいぞ……プフッ!………」

ゼファーに至っては笑いをこらえている、この野郎…

「え…えっとこれ、ギルドカードです」

「あっはい」

「ま…まぁ………とりあえず…行く…か…ブフゥーアーハッハッハッハ」

「………」

俺はそのまま外に出た

「さてと、ここは今日からお前の家だ」

俺は絶句した

「どう考えても超豪邸じゃねーか!!!!」

中に入ったら一人のメイド?が待っていた

「お待ちしておりました、クラウド様、今日からここでメイドをさせて頂きます、レナと申します」

ガチのメイドだった………

「ゼファー、本気か?」

「あぁ、好きに使え………プフ…………」

おいなんかいま笑ったか?

「はぁ、とりあえずクラウド様はやめろなんかむず痒い」

「それではなんとお呼びすれば?」

「シャドでいいよ、シャドで」

「はい、ではシャド様どうぞよろしくお願いします」

結局様付けか………まあいいや、めんどくさい

「あぁ、よろしく」

この時俺は知らなかった、このメイドの恐ろしさと……ゼファーが笑った理由を…………

「転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く