話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ミミック転生  ~『比類なき同族殺し』の汚名を晴らす方法~

チョーカー

ギルドからの門番

 
 「メシは食べれなかったな」

 この町は死んでいる。俺は悪態を続けた。
 不思議な町だ。誰もが危険性を認識している。それなのに誰も脱出しないのだ。
 町外れに、核ミサイルがシンボルとして掲げられても、誰も距離を取ろうとしないようなもの。
 ある種の諦めか? それとも何かが引力として、町民を引き付けているのか?
 だとしたら、それは――――

 「じゃ、結局、どうするの?」

 カスミの疑問に俺は「……うむ」と考える。
 ニンバリたちが住処としている館を見る。
 周囲にはギルドから雇われている冒険者たちが監視している。
 館を取り囲むように……10人ほどか?
 念のため、この町のギルドにも行ったが、予想通りに非協力的。
 個々の情報はもちろん、監視たちの人数すら教えてくれない。
 仕方なく、俺とカスミは監視の冒険者を離れた位置で監視している。二重監視ってやつだ。
 彼らは、決して館に近寄らず、かと言って離れず。一定の距離を保ちつつ――――
 いや、止めよう。要するに何もしていないのだ。 ただ、待機しているだけ。
 ギルドと魔族が裏で繋がっているのだ。
 冒険者には何もさせず、それでいて何かをさせている事で体裁を整えているだけだ。 
 それを確認した俺は――――

 「もういいんじゃないか?」
 「え?」
 「可能な限り、館を取り囲む冒険者の無効化。その後、館に突入だ」
 「騎士団本体の到着は待たなくてもいいの?」
 「この町じゃ宿も食事もできない。これじゃ長期戦は無理だな。俺たちは兵糧攻めを受けているみたいなものだ。……だとしたら俺たちができるのは速攻。事前情報だと館内の敵対戦力は1人のみ。その1人は厄介な相手だが、周囲を囲む冒険者たちの方がより厄介だ」 

 皮肉だけどな。と俺は付け加えた。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 「まるで野戦病院だ。懐かしい戦場の匂いだ」

 白衣の男が言った。
 背後には複数の男たちが一箇所に集められている。
 一見すると無傷のように見えるが、口からはうめき声が漏れている。
 無傷に見える理由。それは俺とカスミが、戦闘力をそぎ落とすだけのダメージを与えたからだ。
 残ったのは白衣の男のみ。彼がこの冒険者の司令塔だ。
 奇襲時に他の冒険者から得た情報だと、彼は回復要員ヒーラーらしい。
 戦闘要員向けの職業ではないが、冒険者たちの司令塔に選ばれるほどには、戦闘に長けているのだそうだ。
 そんな彼に向かって俺は――――

 「しかし、皮肉なもんだな」

 と姿を見せた。
 俺の姿を見ると同時に「なっ! ミミックだと」と動揺を見せる。
 だが、すぐに――――「いや、転生者か」と俺の正体を暴いた。

 「なるほど、司令塔に選ばれるわけだ」

 俺は賞賛のつもりだったが、彼は侮辱と受け取ったららしく顔を歪めた。

 「あなたの戦闘能力は理解しました。だが、ここから先は通しません」

 彼は白衣の身に似合わない長剣を俺に向ける。
 その姿は背後の部下を守るように見え、同時に館の扉を守る門番のように見えた。
 だから――――

 「なぜだ?」

 俺は純粋な疑問を口にした。しかし、彼には意味が通じなかったようだ。
 「なにが!」と怒気を孕んだ返事だった。

 「君が部下を守る理由はわかる。しかし、この扉を守る必要性……むしろ、扉を守る事は世界にとっての害悪だと、わかっているのだろ?」
 「だが、けど、それでも――――」

 彼は思いつく限り、言葉を繋げようとした。
 しかし、彼にはわかっていたのだろう。
 そこに理由はない……と。
 俺は彼の横を通り抜け、扉の門を開いた。




「ミミック転生  ~『比類なき同族殺し』の汚名を晴らす方法~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く