話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ミミック転生  ~『比類なき同族殺し』の汚名を晴らす方法~

チョーカー

巨大オークの正体と弱点と決着と

 「ごめん、見えなかった」

 カスミの動体視力でもオークの攻撃を捉えられなかったのだ。
 きっと、俺は苦虫を噛み潰したような顔をしているだろう。
 いや、切り替えよう。
 あの攻撃の正体を確かめるなら……どうする? 何か罠を張って、一瞬でも動きを止める方法を――――

 「もう一度……もう一度挑戦してみる」
 「え?」
 「もう一度、いえ……あの緑の何かを見破るために何度でも私は挑んでみるの!」

 カスミが言った、その言葉は力強く、決意の表れが……

 「いや、待てカスミ。あの攻撃は緑色なのか?」
 「ん?うん、色はボンヤリとだけわかるけど……それ以上は……」
 「……フッふぁっはっはっはっ……」

 俺は思わず笑いがこぼれた。
 カスミはそんな俺に異変が起きたと思ったのかもしれない。
 何度も「だ、大丈夫なの?ミミックくん」としきりに聞いてくる。
 しかし、俺の笑いは止まらなかった。

 「あはっははっは……いやいや、心配させて、ごめんごめん。どうも見えないということの認識が違ったみたいで、それが面白かったんだ」

 「?」とカスミは俺の言葉に疑問符を浮かべた。

 「俺は、あいつの攻撃が見えなかった。けど、カスミはわからないなりに、何かが飛来しているとわかったんだろう?」
 「うん、緑色の何かが、あいつから伸びているのはわかるよ」
 「十分、それだけわかれば上等だ」

 緑色のナニカ? オークの体のどこかを変化させて飛ばしている?
 ―-――否。
 オークの肉体にナニカを加えた攻撃だ。
 人間の魂をオークの肉体に定着させた。それにプラスアルファ……

 「じゃ、なんで緑色をしている?」

 オークと無関係ならどうして緑色をしているのか?
 保護色のようにオークの体に合わせた? なるほど、その目的もあるかもしれない。
 現に俺はもちろん、カスミも、その攻撃を直視することはできていない。
 けど、それだけではない。
 むしろ、逆だとしたら? その加えられた力を隠すために、あの巨大なオークの肉体を与えられたとしたら? 
 俺は思考を加速させる。
 ヒントは今まで戦いの中にあった。
 あのオークの異端性……本来のオークとの違いは何か?
 まずは規格外のサイズ。なぜ、あのオークは巨大なのか?
 そして、あの回復力だ。
 超回復……というよりも高速再生能力と言えばいいのかもしれない。
 それに加えて、あの不可視の攻撃。どうして、緑色なのか?

 「……となると、答えは簡単だ。頼めるか? カスミ」
 「うん、次の曲がり角。越えたら反転して……使うよ!」

 打ち合わせは終えた。
 そして、曲がり角を曲がり作戦通りに反転。
 待ち伏せの形になり、俺たちの位置へオークが突っ込んでくる。

 「――――このタイミング! 放て!」

 俺の合図を受け、カスミは――――

 「忍法 火炎魔法の術!」

 忍法なのか? 魔法なのか? 術なのか?
 そんな疑問は、おいておく。
 カスミは素早く手元で印を組み、口から毒きりでも吹き出すかのように――――

 業火は吐き出した。
 それと同時に――――

 「毒触手流拳法 雌誕訃炉叛の拳」

 体内で生産した可燃性の気体を触手から噴く出す。
 その結果、オークの巨体は一瞬で火に包まれ、大きな火柱のように見えた。

 「……緑色の攻撃。やはり、単純にツタをムチのように撓らせて攻撃していたのか」  

 巨大オークの正体。
 それは植物の回復能力を取り込み強化、加えて巨大化させたオークだった。

 「純粋に再生する巨大オークなんて、悪夢でしかないが……その正体を晒すような攻撃法を取ったのが勝敗を分けた」

 炎に包まれ、植物の再生能力ですら凌駕した燃焼効果には敵わないのだろう。
 やがて、巨大オークだった、ソレは――――

 崩れ落ちた。


 
  

「ミミック転生  ~『比類なき同族殺し』の汚名を晴らす方法~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く