話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ミミック転生  ~『比類なき同族殺し』の汚名を晴らす方法~

チョーカー

魔族の戦闘能力

 初めてマリアと出会った時、マリアは大剣を背負っていた。
 今、マリアの背中は俺の定位置になっている。では大剣はどこにいったのか。
 それは俺の体内だ。
 俺のスキル『体内拡張』の効果で、体の面積以上の道具や荷物を収納できる。
 理屈はよくわからない。おそらく、魔力によって体内の空間がねじ曲がっているのかもしれない。
 じゃ、『スキル』ではないく『魔法』になるのではないか?
 そんな疑問も浮かぶが、魔力を理由した物理現象の歪みも『スキル』に分類カテゴリされるのが魔物が魔物と言われる所以なのだろう。
 結局、理屈はよくわからないわけだが……

 マリアは大剣を構える。
 場所は狭い室内。大剣には不似合いな場所にも関わらず、マリアの構えは堂に入っていた。
 その姿にコウ少年は「うん……」と興味深くマリアと、その大剣を見つめた。

 「その剣、何者かの手によって洗礼を受けているみたいだね。所謂、聖剣と言われる剣の部類かな」

 その言葉に心底驚かされた。

 「あの大剣が……マリアの大剣が聖剣だって!」

 「うん、ごめんね。黙っていて……」とマリアの表情に翳りが見えた。

 「いや、普通にダメだろ。魔物に聖剣なんてもの食べさせたら……」

 俺、下手したら普通に死んでたぞ。体とか溶けちゃう可能性もあったよ。
 よかった。暇な時にでも研磨しておいてあげようと思っていたが、実際にやってたら、俺の体はどうなっていた事やら……
 爆散していた可能性もあったわけで……

 「まぁ、聖騎士だからね。普通に聖剣を持っていても想定内だったから気にするな」
 「ん、ありがとうミッくん!」

 そんな俺とマリアのやり取りに何か思うところでもあったのか、コウ少年は―――

 「人間と魔物のつがい・・・なのかな。いや、魔物の中身は人なのか。それでも十分に珍妙だけど……うん、面白いね!」

 「ねぇ、ミッくん!つがい…って何?」
 「後でいくらでも教える!今は集中しろ!」

 俺の叫び声が合図になったのか、コウ少年が前に出る。

 ―――そのタイミング。

 マリアはコウ少年の動きを読んでいたのか。片手突きでカウンターを放った。
 打撃音と聞き間違えるほどの強烈な剣撃音。
 だが、それを受けてコウ少年は平然と立っていた。それどころか―――

 「凄い踏み込みだね。でも、聖騎士のスキルも聖剣そのものを十分に力を発揮できていない?封印されているのかなぁ?」

 何かに勘付いたマリアは聖剣を引こうとする。
 しかし、遅かった。マリアが引くよりも速く、コウ少年は手刀を振りかぶり―――

 バッキ――

 聖剣は叩き割られた。それも素手によって―――
 「なっ!」と悲鳴のような声をマリアがあげる。

 「安心して、命まで奪わないから……」

 コウ少年は掌底をマリアのアゴに向けて放つ。

 「―――させるか!」

 間一髪。俺は触手をコウ少年に絡みつける。
 しかし、動きを止めれたのは一瞬だけ。俺にはコウ少年が何をしたのか知覚する事すらできなかった。
 その場で横回転したかと思ったら―――

 「痛っ!」

 俺は触手から痛みを感じ、それで触手が切断されたことに気づいた。

 「触手から毒素を送り込むタイプか……でも、この程度の毒じゃ僕は止められないね」

 背筋に寒気は走る。
 束縛すると同時に放った麻痺毒が効いていない。
 本当に生物か? いや、それよりも―――
 魔族と言っても肉体は人間。それなのに毒が効かないのは肉体が魔族へ変化しているのか?

 「正解。そのための儀式。そのための魔法陣だよ」

 気づけば、目前にコウ少年―――
 前蹴りが入り、一瞬の浮遊感。そして、壁との接触で全身がバラバラになるような衝撃に襲われた。

 「接触時に魔力を流し込んだ。もう動けないでしょ?」

 その通りだった。意識はしっかりしている。しから、体は言う事を聞いてくれない。
 コウ少年は俺に興味を失ったかのように―――
 マリアに向かった。

 「―――っ!に、逃げろ、マリア!」

 マリアは折れた聖剣を捨て、素手で構える。
 無茶だ。こんな怪物に素手で勝てるはずがない!

 マリアが放った右ストレート。
 コウ少年はそれを避けると一瞬でマリアの背後に回った。
 振り向こうとするマリア。それよりも速く、コウ少年の腕がマリアに触れる。
 それだけだった。それだけでマリアは意識を失い、前に倒れた。
 おそらく、たぶん、俺にしたように魔力を直接マリアの体に流した。
 それだけ―――それだけで意識を刈り取ったのだ。

 「―――ッッッ!?」

 失神したマリアを見て、俺の中で何かが噛み合うような音がした。
 まるで失われた歯車が元に戻ったかのように―――
 そして、俺の脳内には、こんな声が聞こえたのだ。

 『ユニークスキル 比類なき同族殺し 緊急事態エマージェンシーにより限定的擬似使用エミレーションを許可。目標を魔族、人間、魔物と一致 戦闘能力を強制上昇させます』


「ミミック転生  ~『比類なき同族殺し』の汚名を晴らす方法~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く