話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった

名無しシャン

第66話「王女との遭遇と帰宅」

 目を覚ますと見慣れた光景が広がっていた。
 その光景は日本にいた時に見ることが出来たが、この世界では見られないと思っていた光景だった。
 その光景は畳や障子、襖などによって作られた和室である。しかし、閉め切っているせいで和室特有の広さがない。

 だんだんと目が覚めてきて、今の状況を完全に理解する。
 スザキアにあと少しというところで、魔力が切れ気絶した。今、この部屋に寝かされていたことから誰かが運んでくれたのだろう。
 誰かいないか、何かないかと辺りを見渡してみると、自分が寝ていた枕元に時計が置いてある事に気づく。時計の針は5時を少し過ぎたぐらいを指しており、窓から見える外の景色からも夕方である事がわかる。

「目が覚めたのね」

 この部屋に入って来た人の方へ体ごと顔を向ける。

「やはり、この部屋はディルの部屋だったか」
「そうよ、この部屋を作るのにとても苦労したのよ」
「確かに、この世界には和の雰囲気がある建物は見かけないからな」
「思考錯誤しながら一から作ったのよ」
「なるほど。で、そんな女の子の自室にすんなり男を入れていいのか」
「安心していいわよ、私の自室は別にあるから」
「で、この部屋に俺を置いた理由は?」

 軽い会話から切り替え、本題を聞く。

「魔力切れで倒れたから休ませる為に運んだのだけど?」
「それじゃなく、本当の目的だよ」
「どういう事かしら」
「まず、この部屋は不自然だ。この部屋を作ろうとしたなら閉め切ることは出来るだけ避けたいはずだ」
「たまたまかも知れないわよ?」
「次に、周りが不自然だ。あまりに静かすぎる」
「城の中なのだから騒がしいわけないじゃない」
「最後に、ディル、どうやって入って来たんだ?」
「この襖を開けて入って来たに決まってるじゃない」
「いくら滑りが良かったとしても、必ず音がなる。その音が無いのはおかしくないか」
「音が無いのは、ルルが崇めている神様のお陰よ」
「崇めている神様なんていない」
「そう」
「で、答えてくれるか? 本当の目的を」

 少しの間があく。時間にすれば数秒ってぐらいだろう。

「『転生人』は何人?」
「何人って、20人だろ」
『転生人』の数はそうね。じゃあ七宮君、『転生人』は全員で何人」
「だから、『転生人』は元クラスメイトの数だから40人、、だ、、ろ?」
「やっと気付いたかしら。おそらく1人しか消えたいなかったのに、気がついたら半分になってたの」
「消えた半分は?」
「その1人みたいに、この世界にいた証明ごと無くなってたわ」
「残りの半分は?」
「存在はしているわ」

 少し言い方に引っかかる。まるで時間が経てば消えるみたいな言い方だ。

「で、この部屋に入れた理由は?」
「この話、誰が聞いているか分からないところで出来る訳ないでしょ」
「そうだな。で、俺以外には誰に話したんだ」
「父と皇帝、ライとシアだけね。他の『転生人』は口が軽そうだから話していない」
「とりあえず、父さんには話しておくけど、いいか?」
「それなら、こちらから頼もうとしていたのよ」
「わかった。で、用はそれだけか?」
「そうよ。帰るなら、そこを開ければ城の外に出られるわ」
「挨拶とかはいいのか?」
「いいわよ」
「そうか」
「それじゃ、帰るなら気をつけて」
「何に気をつけるんだ」
「目的は分からないけど、『転生人』が狙われているのは確か。ルルも『転生人』でしょ」
「それなら、ディルも気をつけろよ」
「わかっているわ」
「そうか。じゃあ、また学院でな」
「また学院でね」

 襖を開け、外に出ると来た時に通った門の前だった。
 後ろ振り返ると、何もなく先に城があるだけだった。

 門から真っ直ぐ伸びる大通りを通り、王国の外に向かう。大通りに並ぶ出店を見物しながらだったので、20分程掛かってしまった。

 街を囲う壁の門へとやってくると、見た事のある人たちが前から歩いてくる。
 Aランクパーティー『アスラム』の人たちパーティだ。顔に現れている疲労具合や足どりの重さから、クエストか何かの帰りなのだと分かる。
 こちらが気づくのと同時ぐらいに、パーティリーダーも俺の事に気づいた。

「お前は、ルルシアだったっけ」
「そうです。何かの帰りですか」
「あぁ、ダンジョンの帰りなんだが」
「だが?」
「初踏破を目標にしてたんだよ。でも、今日ダンジョンに行ったら、レビュート家の1人がソロで踏破したって言われてよ」
「そうですか」
「ルルシアもダンジョンを踏破しようと此処に来たんだったよな。どこまで進んでるんだ」

 さっとランクのプレートを見せる。

「目的は達成してます。今日は別件で来てました」
「なるほどな、あの強さはこれが原因だったか」
「まぁ。で、どこまで進んだんですか」
「現在の攻略度と情報収集と、浅いところで連携の確認だけだ」

 初回から突っ込んで行ったのかと思ってた。思ったより慎重なんだな。

「慎重だなって思っただろ?」
「....確かに思いましたね」
「俺だけのソロなら突っ込んだが、パーティなもんでな。出来る限りのことをして、危険は回避したいんだよ」
「上位ランクのパーティって、だいたいそうなんですか」
「どうだろうな。でも、Aランクになれば慎重になる奴は増えるだろうな」
「どうしてですか」
「Aランクのクエストって、余程のことがない限りSランククエストにならないんだよ」
「なるほど、どのクエストも必ずAランククエストに1度なってから、Sランククエストになったりすると」

 Sランクの冒険者が対応するようなクエストでも、必ずAランクの冒険者達が1度やる事になるからか。
 明らかなクエストは直接Sランクの方に行くだろうが、Aランクの冒険者には荷が重いクエストでも誰かが受けなければいけない。だから、Aランクになれば慎重になると言ったのだろう。

「でもまぁ、失敗と死が同じクエストばっかやらされているSSランクの奴よりはマシだがな」
「今はまだやったことがないですけどね」
「あんたらが出てくるようなクエスト、出ない方がいいんだよ」
「まぁそうですね」
「明日から本格的に攻略を始めるから、今日はもう帰って休むわ」
「そうですね。すいません、引き止めて」
「俺は構わん」
「そうですか。そうだ、引き止め料としてダンジョンの情報なんてどうですか?」
「ざっくりとしたのはギルドで聞いた」
「そうですか、では1つだけ。41階層からは10層毎に帰る事様にした方がいいですよ」
「大丈夫だ、全て10層毎に帰る様にしてるからな」
「やはり、慎重なんですね」
「まぁな。それじゃあ、またな」
「ではまた」

『アスラム』のメンバーと別れ、家へと帰宅する。
 道中で数種類の魔物に遭遇したが瞬殺した。それ以外には特にこれといった事はなく、8時前には家へとたどり着いた。

「ただいま」
「おかえり」

 扉を開けると姉さんがいた。

「いつから待ってたの」
「ルルが帰ってくる気がしたの。だから1分も待ってないよ」
「もはや一種の固有スキルだろ」
「エミーさんも、帰ってくる気がするって言ってたし
 。固有スキルじゃないかな」
「そうか」

 姉さんと話しながら、リビングへと向かう。
 扉を開け、リビングに入ると中では各々が適当な事をしていた。

「おかえり」
「ただいま」
「セリア姉さん、当たり」

 リビングに入ると真っ先にリアが来る。

「ルルも帰ってきた事だ、晩飯にするぞ」
「レナさん、先に食べといてくれても良かったのに」
「ハゾメももうすぐで帰ってくるって言うからよ、なら待ってようかって」
「俺がいつ帰ってくるかが分かるのが、普通みたいな感じなんなの?」
「セリアとエミー程じゃないけど、大体なら分かるよ」

 そんな話をしている間にも、食卓の上には料理が並んでいく。

「そうだ、ルル。上で寝ているシャルルを起こしてきてくれ。寝させといてやりたいんだが、あまりにも筋肉がなさすぎるからな。技術の習得と同時進行で体も作らないと駄目だ」
「わかったよ。今日1日で訓練の方向性は決まったんだ」
「まぁな。とりあえず、行ってきてくれ」

 俺以外は席に座ろうとし、俺は2階のシャルルの部屋へと向かった。

「クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く