クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった

名無しシャン

第42話「魔法について〜後編〜」

 
「ルルの説明通りなら、誰でも魔法が使える筈だけど俺は使えないぜ?」
「そういえば、ここら辺は授業でやってなかったっけ。じゃあ、予習になるから、覚えとくと少し授業が楽になると思うよ。
 まず、人の体の中にある魔力の質って全員違うものなんだ。だから、基本的には人に魔力をあげたりする事は出来ないんだ」
「基本的にって事は例外はあるって事だよね」
「そうだな。シーライの言う通り、例外はある。でも、今はややこしくなるから考えない様にして」

 その例外がセラさんなんだけど、言わなくていいか。知っていても知らなくても関係はないだろうし、言うと訳わからなくなりそうだからね。

「で、その魔力の質っていうのは、生まれた時に決まるって言われてる」
「言われてるって事は正確には、いつ決まるのかは分かっていないって事だね」
「その通り、現状解明されつつはあるけど、今のところはそういう事になっている。で、さっきのアスラの質問の答えが、この魔力の質なんだ」
「魔法が使えるという質の魔力と、使えないっていう魔力の質があるって事か?」
「そういう事。ついでに言うと、使える質の魔力にも属性に対する適正があるから」
「なるほどね、魔法の属性適正が多い程希少とされるんだ」

「次は詠唱について説明するけど、『イメージ』についても合わせて説明するから」
「あぁ、分かった」
「魔法を使うのに、呪文を詠唱するのは何故だか分かる?」
「魔力を魔法として発動させる為に、イメージを言霊として魔力に伝え、イメージが伝わると魔力が魔法に変わる、だったと思うけど言霊とか意味が分からんかった」
「それじゃあ、言霊の意味から説明しようか。
 言霊っていうのは、人の言葉にあると言われる不思議な力の事で、その力には言った通りの結果を起こす事があるって言われてるんだ」
「そんな力があったら皆んな神様みたいになるな」
「そうだね。でも、魔法の発動にはこの力が関わっているとされている。目に見えないから、確かなものなのかは分からないけど詳しく調べて、発見されたのがイメージを言葉にして魔力に伝えるって言う仕組みなんだ」

「詠唱にはイメージを伝える役割ともう一つ役割があるんだ。それが、イメージを補助する役割」
「イメージの補助って、そんなにイメージするのが魔法は難しいのか? 魔法が使えないからよく分からんが」
「そうだね、『ファイアボール』の一つにしても最初からイメージしたとしたら、使う魔力の量だったり、形や大きさ、威力や飛び方色々あるからね。敵を前にすると、そんな事を考えてる暇はないからね」
「確かにな。じゃあ、無詠唱のスキルがあるからって、無詠唱でやろうとすると1からイメージしなきゃならないのか」
「俺は無詠唱のスキルは持ってないから、どんな感じかは知らないけど、無詠唱のスキルが勝手に詠唱した時と同じ働きをしてくれるらしい」

 自分が持っていないから、ディルから聞いた事をそのまま言ったけど大丈夫だろう。

「じゃあ、言霊とかも無詠唱のスキルがやってくれるんだな」
「そうなんだろうね」
「魔法についてはだいたいこんな感じだけど、他に知りたい事はある?」
「えっと......ルル君は魔法はどれぐらい出来るの?」

 質問をしてきたのは、男の娘のエタネルだった。
 アスラとシーライは話しに入っていたが、残り2人は完全に空気だったな。
 というか、エタネルの声がちょっと高めだからか女にしか見えない。女だって言われたら信じてしまうだろう。

「俺は、全属性使えるよ」
「「「「........」」」」

 4人共固まってしまったが、すぐに再起動する。

「まぁ、レビュート家だしな」
「そうだな、レビュート家の子供だしな」
「首席なだけあるな」
「他の子なら嫉妬しそうだけど、ルル君から聞くと嫉妬しないのが不思議だね」
「、、、、まぁいいや。他に聞きたい事あるか?」
「特にはないかな。後で復習するし」
「そうか。じゃあ次はどの教科にしようか?」
「じゃあ、次はーー」

 ある程度教え終え、解散という形になった。
 時計は昼11時頃をさしており、2〜3時間ぐらい教えていた事になる。

 自分なりに考えながら喋っていたから軽くお腹が空いた。少し摘む程度に軽く昼飯を食べたら学院内を回りに向かった。

「クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    男の娘…だと…!?(♢ω♢)

    1
コメントを書く