クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった

名無しシャン

第39話「夢と記憶と神様」

 夢を見ている。
 夢と言っても自分が登場人物として行動するようなものではなく、テレビでも見ているような感覚で、第三者視点で眺める感じだ。
 しかしそれは、夢とは思えない程に内容は現実味を帯びているのだが、夢である事は確信が持てる。
 ふと、今の自分の現状を確認しようとするが意識はハッキリしておらず頭も回らない為、パッと思い浮かばない。夢だという事実から遡っていき、寮の部屋で寝た事を思い出す。
 今、自分は寝ている。自己解決するとだんだんハッキリしてきた意識を夢の方に向ける。

 意識を向けるとさっきとはまた違った光景が見える。それは、骸骨の魔物が敵と戦い魔王に成り上がるという、ラノベなどでよく見る成り上がりの話だった。その魔王が勇者であろう人間に討たれその夢は終わった。
 すると、また別の夢が始まった。恐らく日本の学校であろう場所の生徒が、俺がこの世界に来た時の様な魔法陣にクラスごと包まれ、別の世界に転移して勇者として魔王を倒す話だった。この話もさっきと同様に主人公だと思う奴が死ぬと別の夢に変わる。
 そこから先も、死に方は事故、自殺、他殺とバラバラだったし内容は似ているものも多かったが、共通しているのはどれも死ぬのが産まれてから19年が経っていないという事と、高校生、勇者、魔王、神の4種類しかなかった事だ。

 少しの間それを眺めていると自分のよく知っている人物が映る。その人物は、七宮時雨。前世の俺だった。
 その内容は、俺の前世と全く一緒の内容だった。産まれて、幼稚園、小学校、中学校、高校。そして、19歳になる前に死んだ。

 小さい時から物覚えがかなり良く、覚えた事はあまり忘れなかった。そのおかげで、運動神経や学力、容姿などが普通でありながら才能の有る人達だけが行けるという、現代日本で屈指の超名門高等学校に入学出来た。
 そこは、何かしらの他人に負けない才能が有れば推薦で入る事が可能な学校だった為、勉強にしても運動神経にしても、それを推薦で入った奴と他の才能で入った為それが極端に苦手という2種類の人間がいた。そんな中、どれをとっても普通程度に出来る俺は殆どの結果が平均的になってしまった。
 まぁ、この話は置いといて、これでハッキリと分かった。夢だと思っていたこれは俺の100回の転生の間の記憶だ。
 途中ぐらいからなんとなくの予想はついていたが、これで確信した。

「どうだった? 転生100回分の記憶は?」

 不意に背後から女の子の声が聞こえてきた。
 その声は一度どこかで聞いた事がある様な気がして記憶を探るが、心当りが見つからない。

「どうって言われてもな、なんとも言えないな。ところで、どこかで会った事あるか?」

 振り返ると、小学生ぐらいの女の子が浮いていた。

「最近だったら、15年ぐらい前かな」
「15年前って言ったら、この世界に転生してきた時ぐらいか」
「丁度その時だね。転生させますって言ったの私だよ」
「あ〜、ミスして殺した奴ね」
「それ、ミスじゃないわよ。それと、私が転生させなかったら帝国に奴隷化させられてたわよ」
「俺達を救う為にわざと転生させたのか。それで、ここは夢の中って事でいいのか?」
「正確には私の私室なのだけど、夢の中って事でいいわ。で、伝えて置きたい事があるのよ。まぁ、目が覚めたらあまり覚えてないでしょうけど」
「そうなのか。伝えたい事って?」
「宇宙の法則とか、運命神の苦渋の決断とか、あなたが神格化した時の希望とか、色んな事情が絡まりあって、貴方が何回転生しようと絶対に変わることのない運命が決まってるのよ。
 その運命ってのが貴方は19歳未満で死に、絶対に転生するって事なの」
「......えっ? それって、絶対なのか?」
「......そうよ。絶対に変わる事のない運命よ」
「そう、なのか。.....原因の中に、俺が神格化した時の希望ってあったけど、具体的にはどんな感じだったんだ?」
「そうね。まずは元々の原因から話ましょうか。
 魂って、転生を繰り返しするとだんだんと弱くなってくるのよ。どんなに強い魂でも、4回もすると無くなるのよ」
「じゃあ、俺はなんで100回も繰り返しているんだ」
「貴方の魂は特殊で、生まれて18年以内だと弱まるどころか誤差レベルで強くなるのよ」
「誤差レベルって、誤差じゃないのか」
「ほんの例えよ。まぁでも、魂自体は少し強化されてるから誤差ではない事は確かね」
「という事は、普通に生きても転生には耐えれるんじゃ」
「無理よ。貴方の魂は元が弱すぎたの。転生どころか生まれるだけで消える程にね。そんな中、最初で最後の人生を18歳になった時に事故で死んでしまった。どの転生担当の神もあの魂は消えたって思ったわ」
「なるほど、消えたと思われた魂が消えてなかったとなると、詳しく調査が入るわな。19歳になるまでに神の意志で殺されたと」

しばらくの沈黙が流れた後、少女女神が口を開く。

「その通りよ」
「大前提は分かったから、俺の希望が関わってくるところだけ話してくれ」
「分かったわ。貴方が初めて神格化した時に転生担当者が貴方にこの事を説明したの。神の世界でも年齢の概念はあるし、歳を取りすぎても死ぬからね。その時に貴方には二つの選択肢があったの。一つがこれまでの事を運命として組み込む事、二つ目がとある神の魂を貰って周りと変わらない魂にする事の二つ」
「その時の俺が一つ目を選んだと」
「......」
「沈黙、か。その運命を変える事は?」
「今の貴方の魂の強さなら無理ね」
「そうか、分かった」
「あっ、時間みたいね。続きはまた呼ぶからその時ね」
「でも、起きると忘れるんじゃ、、」
「ここにきたら思い出すから。そういう部屋にしてるから」
「なんとご都合主義な」

 だんだんと、意識が遠くなっていく。
 寝ているはずなのに、眠りにつくような感じだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女神side

「ごめんね、100回分って言ったけど実は98回分しか見せてないんだよ。私達が結婚した時のは恥ずかしいからね。見せれないよ」

ルルが消えた後、女神は1人を呟く。

「あまり覚えてないみたいだったなぁ〜。そりゃ、転生回数が1桁の時の事だから覚えてないかもって、覚悟はしてたけど、ちょっとくるものがあるわね」

「私の魂を使って、貴方を周りの魂と変わらない魂にしようと選択肢を出したら、迷わず1つ目の選択肢を選ぶと思わなかったわね。次に神格化したらまた同じように聞いて見ようかしら」

「その時には、もう一回結婚したいわね。こんなババアは嫌かもしれないけどね」

どうやら、深い関係がありそうだが、その内語られるだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く