クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった

名無しシャン

第32話「2対2の模擬戦〜前編〜」

 グラウンドにて、システナとルナの2人と模擬戦をする事にしたのだが、戦力差があり過ぎると2人に言われたのでハンデを付ける事にした。
 ハンデの内容としては、俺は魔法をライは空間操作を使わないというものだった。
 合図用のファイアボールを打ち上げると、2チーム共かなりの速さで離れる。そして、互いに戦闘態勢に入り構える。
 打ち上げたファイアボールが地面に落下し、かなり小さな爆発を起こす。砂が巻き上げられ、視界を遮るが足音で動いた事は分かっている。
 俺が動くと同時ぐらいにライから声がかかる。

「3属性でランス5本づつ、狙いはルルが10、俺が5」

 ライの声が聞こえたかと思うと、炎と水が5本づつ俺の方に飛んでくる。ライに知らされていたので、回避ははかなり楽に出来る。
 今ので、砂煙が晴れると次の魔法を撃つ準備をする、ルナの姿だけがあった。システナの姿を探していると、背後に気配を感じる。後ろを振り返ると、システナが蹴る態勢に入っている状態だった。システナは、反応した俺に僅かに見開いたが蹴りを引かずに、攻撃をしてくる。見えていれば、受け流せる。
 魔法によって未来視を使わせ、5秒以内に背後から奇襲を掛ける。よく考えられた作戦だと思う。見えてから避けたとしても、あの数だから体制は崩されるだろう。作戦としては上出来だろう。
 システナと俺はそのまま近距離格闘戦に縺れ込む。
 システナは魔法は使えるらしいが、使おうとはしない。詠唱をしながら、戦えば近距離で魔法が撃てる。しかし、それをしないという事はあくまでも格闘術で挑もうとしている、という事だろう。
 俺とシステナの近距離格闘は、多彩な技が飛び交った。拳で殴った後腕を残し死角を作り、その死角からの蹴りや極端にギリギリまでのフェイント、飛んで空中で2回蹴る空中2段蹴りなどだ。

「流石、ルル君だね。本気でやっても軽く流されちゃうな」
「全然軽くじゃないよ。少し本気になってるからね」
「へぇ、何割ぐらい?」
「3~4割ぐらいかな」
「全然本気じゃないじゃん!」
「いやいや、凄いと思うよ。ライとの模擬戦が7〜8割ぐらいだったし、格闘術だけでここまでは凄いよ」
「一応聞くけど、ルル君のお父さんとやるとどうなるの?」
「10割で行って、1割程で流される」
「うわぁ〜、なにそれ。人のレベル超えてそう」

 はい、いつでも人間を辞めれる人です、っていいかけて何とか押し留める。

「で、ルル君のお姉さんって、ど、どんな感じなの?」
「う〜ん、直接聞いたらいいと思うよ。姉さんも合格って言ってたし、聞いたら教えてくれると思うよ」
「そうなんだ。休憩も出来たし、再開しようよ」

 俺が返事をする前にシステナは掛かってくる。
 休憩を挟んだからか、最後の方より動きは良くなっている。さらに、全体的に技が繋がっている。

 あれから時間が経ち、5時間目の終了を知らせる鐘が鳴る。そして、格闘戦は終了を迎える。

 システナとやっていて、幾つかの発見があった。
 まず、圧倒的な直感と反射神経だ。最初は偶然かと思ったが、違っていた。致命傷になり得そうな所への攻撃は、ほぼ見ずに避けており尚且つ、的確にカウンターが飛んでくる。
 次に、判断力の高さだな。回避と受け流しでは、後に続く攻撃など色々と変わってくる。回避する攻撃と受け流す攻撃を間違えると、少しづつだが、不利になっていく。また、回避を誘うフェイントも的確に対処してくる。
 システナの格闘センスは光るものがある、追いつかれそうでヒヤヒヤする。
 そういえば、ルナからの支援や魔法が飛んでこなかった所を見るに、ライが何とかしてくれたんだろう。

 6時間目はグループ同士で交流を図るって言っていたな。1〜4クラスのグループで交流なんて図れるのかな。幾つか不安は残るが、何とかなるだろう。
 特に1組なんかは、揉めるだろうな。雑魚の癖にとか言ったりして、喧嘩になるだろうな。とりあえず、リアや姉さん達のグループで集まっておきたいな。4組ってだけで、喧嘩を吹っかけてくる奴がいるだろうし。それと、姉さん達のグループメンバーも見たいからな。

 自分達のグループには喧嘩どころか、声すらかけてくれないとは、まだこの時は知らない。

「クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く