話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった

名無しシャン

第20話「入学試験〜後編〜」

 この学校は人気な様で毎年受験しにくる人は500人を超える。なので、筆記は会場が6つに分かれる。俺は第二会場でリアは第一会場と、会場が分かれた。
 筆記試験が始まる10分前ぐらいに俺が入ると、ほぼ全員が会場にいた。俺は指定されている席に座ると両隣はまだ来ていなかった。そして、始まるギリギリに扉が開き2人の男女が現れた。その人らは先程ホールに入って来た双子だった。双子は、俺の席の隣に右は男子、左は女子で座る。そして、監視の人であろう人が入って来て問題が配られる。
 語学、歴史、戦闘理論の問題が一緒に配られ、筆記試験はスタートする。制限時間は60分だが、一つの科目に最低30分はかかりそうな量の問題なので、どれに時間を使うかの時間配分が大切になる。そこも入学試験に含まれるのだろう。
 60分が経ち終了の合図がある。俺は後ろから答えを集める時に、皆んなの回答用紙を見てどれぐらい出来ているのかをチラ見して、自分は大丈夫な事を確認する。
 俺は筆記試験が始まって、全力の速さで語学、戦闘理論を解いて終わらせる。そして、時間を見ると残り時間が40分と少しあった。後は、落ち着いて歴史のやったのだ。
 そして、思いふける間も無く実技試験に移る。実技試験は物理は魔法無しの素の格闘技術と武器だけの受験生同士の模擬戦。魔法は徐々に遠くなって行く的にどれだけ当てれるかだ。魔法は範囲魔法は無しらしい
 俺は物理試験に呼ばれるまで、椅子に座って待っていると声が掛けられる。

「ルル、試験、どうだった?」
「良い感じだよ。リアは?」
「私も、大丈夫」

 俺に話に掛けて来たのは、双子とかじゃなくてリアだった。会場の違うリアがいるのは、会場が実技になると6つから3つに数が減り、会場1と2は合わさる様になる。
 リアとしばらく話していると、家名は呼ばれずに名前が呼ばれるので闘技場の様な円形の場所ではなく、かなり広い長方形の周りの地面より少し高くなっている、まるでステージみたいなところだった。そのステージに向かう最中に試験に使うであろう木で出来た武器の置かれたところに行く。そこで俺は木で出来た剣をとりステージに登る。
 ステージに登ると相手は準備が出来ており、かなり大きな剣を構えている。そして、監督官は両手を俺と相手に向けた後始め、の掛け声と同時に斜め下に振り下ろし腕を交差させる。
 掛け声と共に相手はかなりの速さで突っ込んで来る。大剣を持っているとは思えない速さだ。しかし、親父やリアの速さで慣れている俺はかなり遅く感じる。
俺は自分から近づいてギリギリまで引きつけたところで左側に避け、領主がやっていた逆をする。右足で前から両足を払い、右手で後頭部を押す。すると、領主と逆でやっているのだからうつ伏せになる、これは領主の時だ。ルルがやると、大剣の奴は空中でほぼ一回転して仰向きで倒れる。

「ゴホッ!」
「、、、えっ、、、」

 俺は予想していたのとは違い、ほぼ一回転した事に驚き声を出してしまうが、とりあえず剣を相手の首に添える。

「、、、降参だ」

 そして相手が降参して、俺の勝ちになった。
模擬戦が終わるとすぐに魔法試験の方に移った。リアは丁度俺の次だったので俺はリアの模擬戦を見れそうにない。
魔法試験は当てるだけでいいので、一度の詠唱で大量の『ファイヤーボール』を出し、用意されている的に全て当て急いて模擬戦を見に行くがリアの試験は既に終わっていた。
そして、すぐにリアが魔法試験から帰って来たので試験が終了次第各自帰って良し、と言われているので帰る事にする。学校を出るとリアが手を繋いで来たが避ける理由はないので、そのまま繋いで帰っていった。
家に帰ると、母さんが扉まで来て結果を聞いて来るので、頑張ったとだけ言っておく。
汗はかいていないが、一応風呂に入る様に言われたのでリアを先に入る。一緒に入ると言われた時はめちゃくちゃ焦った。
ーーーーーーーーーーーーーーー
一方学校では
今年は転生人と神童達が全員同時に受験するため結果が必然的に高くなるのだが、その中で4人は頭一つ飛び出している。その中の3人は王国の王女と、帝国の2人だ。後1人はルルシアとしか名前が書かれておらず、家名が書かれていないのだ。教員が調べていると3大勢力と言われる帝国と王国、そしてもう一つの勢力であるレビュート家の名前が出て来たのであった。
学校生活での、波乱の幕開けが見えた全教員なのだった
ーー一ーーーーーーーーーー

「クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    頑張れ教員…!!

    1
  • ノベルバユーザー74869

    最高に面白い!!!!!!!

    2
コメントを書く