クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった

名無しシャン

第19話「入学試験〜前編〜」

「いよいよ、明日が入学試験か」

 誰の入学試験かと言うと、俺ことルルシアのである。
 リアを家族に紹介してからおよそ10年、俺は15歳になった。この十年間は、何故だか凄い速さで流れていった気がする。その間に大きな出来事が3つあった。
 1つ目が帝国との戦争という名の一方的な蹂躙である。何故戦争が起こったかと言うと、どうやら8年程前に皇帝が変わったらしい。
 前皇帝には双子の子供がいるらしいがまだ幼かった様で、前皇帝の弟が皇帝の座についた。そしてその現皇帝がレビュート家に対して、帝国が召喚した異世界のもの達の1人、オガ・ハルマを誘拐したという建前で戦争を仕掛けてきたのだ。建前と言ったが、本当の理由はレビュート家を帝国の支配下に置きたいという事だった。親父は戦争の前日に帝国に呼ばれており、戦争は親父抜きでする事になった。
 帝国側は100万とい大軍を率いて率いてやってきたが、対する俺らは最初は俺とリアの2人だけだった。途中から、一般的に見たら高いステータスを持ったハルマのクラスメイト達が出てきた為、親父とハルマ以外の家族全員が参加した。
 結果は言うまでもなく、俺らの圧勝である。戦闘時間10分で周りの被害は、街の地面の所々が焦げたり、削れた様に凹んだりしたぐらいだ。住宅への被害を避ける為に、学校をかなり前に卒業した姉さんが一瞬で街の全ての家に障壁を張ったのだ。
 戦争の流れを簡単に言うなら、身体強化された兵士が数千人規模で来るから俺が絶対凌駕を発動して片っ端から殴る蹴る。魔法はリアが固有スキルで消す。
 すると兵士は怯えて切り札とか言いながら、ハルマのクラスメイト達を出す。俺とリア、ハルマを鍛えているから運動不足ではないが、面白そうと言う事で母親3人と姉と兄が参加という流れになったのだ。ハルマのクラスメイト達は催眠系の魔法かスキルに掛けられていて、帰ってきた親父によって解かれて、現在はうちの隣にあるマンションに住みながらダンジョンに行ったり、ギルドと言われる所の依頼をこなしたりして、ほぼ全員がのんびり暮らしながら帰る手立てを探している。これが2つ目だ。

 ほぼ全員と言った理由が3つ目になる。レビン兄さんが

「僕、この人と結婚します」

 って、親父や俺の前でそのクラスメイトの1人を紹介して結婚した。そして現在亜人種の大陸で甘々な夫婦生活を送っている。
 話を戻すが、明日が入学試験の日なのだが俺は試験内容について頭を悩ましている。試験内容が物理・魔法の実技試験と、、筆記だ。魔法と武術の訓練はかなりしていたが、勉強なんて一切していない。明日の入学試験まであと1日ぐらいであり、筆記は語学と歴史と戦闘理論とかいう立ち回りなどについての問題の3つである。戦闘理論はなんとかなる、というより問題がレビュート家式戦闘理論なんだよな。一般用にグレードダウンした奴だが。
 問題は歴史だ。語学はなんとかなるが、歴史は絶対に無理だ。教えてもらうにしてもリアも隣で俺と一緒にどうしようって言ってるし、母さん達は買い物に行っていないし、親父はハルマのクラスメイトを鍛えに行ってるからいない。こうなったら、姉さんに頼むしかない。
 俺はリアにとある作戦を伝え姉さんの元に行く。姉さんはリビングに居て、俺たちを見つけると走ってきてダイブ。そして抱きつく。姉さんは呪いの所為で、15歳の状態で見た目やいろんなものが固定されたているので、15歳の俺たちとは身長は変わらない。

「ルルとリアちゃんは今日も可愛いね」
「姉さんと年齢は変わらないんだけど」
「もうすぐ、私の方が、お姉ちゃん」
「そんな事は知らないよ。ルルは私の弟でリアちゃんは私の義妹なんだから」

 リアは小さい時の喋り方が少し癖の様になったのと、人見知りが治りきらなかった様で俺や姉さんでも、たどたどしくなっている。そこが、姉さんに可愛いって言われる一つの要因なんだが。俺でも可愛いと思うし。
 そんな事はさておき、本題に入る。本題とは姉さんに歴史を教えてもらうという事だ。正直、絶対に無いと思うが断られると大変なので、作戦を用意している。そして、その作戦を使い姉さんにリアと声を合わせて頼み込む。

「「お姉ちゃん、歴史、教えて?」」
「グハッ!よ、よし。お姉ちゃんが歴史だけじゃなくて保険体育の実gi「歴史だけでいいから」」

 何考えてんだ姉さんは。母親は違うけど親父は一緒だろ。リアに関しては同性だろう。

「この世界は血縁とか関係ないし、リアちゃんには私の固有スキルで」
「そんな風に固有スキルを使うなよ。ってか俺の思考を読むなよ」

 その後、なんとかして姉さんに勉強を教えて貰った。教わった内容は帝国と王国の歴史。それとレビュート家の歴史だった。
 そして、入学試験当日。
 俺とリアは会場である中立学校王帝学院の出入り口から少し行った先のホールにいる。話し掛けられ、自己紹介される事が何回かあった。その時は基本的にレビュートの家名は出さずにルルシアですって挨拶をしている。リアもそんな感じだ。すると、いきなり騒がしかったホールが静まり返り皆が出入り口を重視する。そこには、透き通る薄い青色の髪の女の子が優雅に佇んでいた。そして、誰かが静かに口を開く。

「王国第一王女、、、シーディル・ミナティック」

 第一王女と言われた彼女は受付へと歩いて行く。そして騒がしさが戻りそうになったが、また静まり返る。そして、また出入り口に視線が集まる。そこには赤と白の男女が1人づついる。体格や胸といった違いが多いが、顔が似ている。恐らく双子なのだろう。そして、またもや誰かが同時に口を開く
「帝国次期皇帝候補、ライネット・ジアル」
「帝国次期皇帝候補、シアネット・ジアル」

 こうして、入学試験は波乱を迎えるのだった。

「クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く