クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった

名無しシャン

第9話「家族のステータスと詳細〜その2〜」

    ハルマのステータスを見て、ある程度疑問のある固有スキルなどの質疑応答が終わり、次の人に順番がまわった。 次の人は、ハルマの隣に座っていたレビン兄さんになった。

「次は僕がいこうか。と言っても、なんの面白味もないと思うけどね。ステータスオープン」
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
 名前:レビン・レビュート
 種族:人種族
 年齢:14歳
 前世:黒龍(最上位種)
 レベル15

 生命力・・550
 魔力・・300

 筋力・・400
 敏捷・・480
 知力・・650
 幸運・・9999999
 魅力・・450
 物理攻撃力・・580
 魔法攻撃力・・780
 物理耐性・・650
 魔法耐性・・580
 ・固有スキル
 認識阻害、幻覚・幻惑、飛翔
 ・スキル
 隠密、剣術、暗器術、鉄仮面、風魔法
 ・祝福
 運命神の祝福、龍神の祝福
 ・称号
 前世が不幸過ぎた者、人類最強の息子
 ・転生回数
 2回
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
「「兄さん(レビン君)、、、、、、面白味がないってどの口が言うんだ?」」
「まず、ルルとハルマの疑問に答えるなら、僕のステータスがこの一家の中で一番まともなんだよ」
「レビン君、幸運の数値を見てもう一度言える?」
「言えるけど、どうかした?」
「そうか、僕の考えが甘かったようだ」
「レビン兄さんの幸運の数値ってなんでこんなに高いの?」
「ルル、それは祝福と称号のおかげなんだよ」
「どういうこと?」
「ステータスの説明によると前世が不幸過ぎたようなんだよ。それを不憫に思った神様が、転生する時に干渉して来世では幸運が少し高くなるようにしたらしい。しかし、その神様はステータス調整は、部下に任せてるから加減がわからなかった。だから、少しだけ高くなり過ぎたかもしれないらしい」
「いやいや、レビン兄さん少しじゃなくて、かなりだよ」
「まぁ、幸運の事は終わりにして、幸運以外で聞きたい事はある?」
「レビン君、龍神の祝福ってどんな効果なんだい?」
「えっと、龍神と謁見とかじゃなくて、友達の家に行く感じで行けるのと、飛翔がついて飛べるようになるっていう効果があるよ」
「そうなんだね。僕は他には無いけど、ルルは何かある?」
「そうだろうな〜、鉄仮面ってどんなのなの?」
「表情が出なくなったり、冷徹になったり、動揺しなくなったりだね」
「ヘ〜、気になったのはこれぐらいかな。他にはないよ」
「じゃあ、次は隣にいるセラさんだね」
「わかったわ。私のステータスはこんな感じですわよ。ステータスオープン」
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
 名前:セラ・レビュート
 種族:人種族
 年齢:ー表示出来ませんー
 前世:鬼神
 Level250

 生命力・・9000000
 魔力・・6500000

 筋力・・10000000
 敏捷・・8500000
 知力・・10000(上限)
 幸運・・8000
 魅力・・50000(上限)
 物理攻撃力・・10000000
 魔法攻撃力・・8300000
 物理耐性・・8300000
 魔法耐性・・8600000
 ・固有スキル
 三位一体、魔力提供
 ・スキル
 身体強化、移動速度強化、火・風魔法
 ・祝福
 無し
 ・称号
 人類最強の嫁、鬼神
 ・転生前職業
 鬼神
 ・転生回数
 1回
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「Levelを100から101にするのって大変なんだよね?」
「そうよ、ハルマ。しっかり勉強していてえらいわね」
「じゃあ、なんで200超えてるの?1上げるだけでも大変なのに」
「ハゾメさんについて行ったら、こうなってたのよ」
「という事は、エミーさんとレナさんも?」
「250に入ってるのは、セラだけよ」
「そうなんだ、母さん」
「じゃあ、私のステータスでLevel以外で疑問はあるかしら?」

    三位一体については、盗賊の時に説明されたから気になるのは固有スキルの魔力提供と称号の鬼神って奴かな。俺は、気になった事を頭の中で纏めていると、ハルマが三位一体について聞いていて、説明は俺に説明したのとほぼ同じだった。少し違ったのは、魔力を消費しないってところだろう。まぁ、あの時は説明として省いたのだろう。
    次に、ハルマが称号の鬼神についてどのような称号かを聞いていた。説明された内容は筋力や物理攻撃力などの一部ステータスにかなりの補正が入る事とステータスが上がりやすくなっている事がわかった。
    魔力提供はハルマが聞かなかったので、俺が聞くことにした。

「僕は聞くことが無くなったけど、ルルはなんかある?」
「じゃあ、固有スキルの魔力提供って予想はつくけど、詳しくわからないから教えてよ」
「魔力提供は多分予想している通りの、他人に魔力を渡す事が出来るスキルなの。まぁ、譲渡する時はその人に触れて無いといけないし、そっちに集中しているからかなり無防備になる事がデメリットになるわね」
「そうなんだ、他に聞くことはないかな」
「それじゃあ、次の人にいこうかかしら」

    こうして次の人に順番がまわったのだった。

「クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • 電脳世界の住人

    このチート一家め!(褒め言葉)

    0
  • 名無しシャン

    現世の職業については、どうしようか迷いましたが、書かない方向で行こうかなと思いました。
    一応、転生する時に確定するという感じにしようかなと思いました。

    0
  • ノベルバユーザー69968

    勉強していて偉いの偉いが平仮名になってます

    0
  • ノベルバユーザー167689

    転生前の職業があるのに現世の職業がないのは仕様でしょうか?

    0
  • 名無しシャン

    そうです。 ご指摘ありがとうございます

    3
コメントをもっと見る / 書く