クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった

名無しシャン

第6話 「風呂と親父のステータス」

     武術の訓練を終え、汗だくになった俺は丁度帰ってきた親父と風呂に入る事になった。そして、今は風呂に向かってる最中に仕事について聞いておく事にした。

「そういえば父さん、朝ごはんの後仕事に行ってたみたいだけど、何の仕事だったんですか?」
「そうか、ルルには教えてなかったっけ。俺の仕事はな、A〜S級冒険者が勝てない奴の討伐がメインだな。冒険者について説明はどうする?」
「いや、いいよ。確か、頼まれた討伐や採取の依頼クエストをこなす人達の事で、ランクがF〜Sまで有って、Sに近づくほど高難易度のクエストを受けられるんだよね」
「その通りだ。で、俺はそのSランクが倒せない奴の討伐がメインなんだが、どいつもこいつも名前だけで大して強くないんだよ。今日だって、王国が邪神が出たとか言うから、楽しみに行ったのに結局汚れただけだったし」
「いやいや、邪神相手に汚れただけで無傷で圧勝って、、、」
「おっ、風呂に着いたな。そうだ、風呂でステータス見してやるよ。まだルルには見してなかったし、家族ならステータスはお互いに知っておくべきだろう。風呂から出たら、全員でステータスを見せるとしようか」
「分かったよ」

    俺は親父と一緒に風呂に入る為に、脱衣所に入って服を脱ぎ、風呂に繋がる扉を開けた。
    そこには、今となっては見慣れたが、最初はかなり驚くほどの広さの大浴場があった。日本の温泉と肩を並べるほどの広さがあり、少し熱めのお湯が張られている。
    まず、俺はシャワーをといいたいがこの世界にはないので、バケツでお湯をすくって体に何度か掛け、汗を流し風呂に浸かる。

「「はぁぁぁぁぁ」」

    風呂に浸かると自然と声が出てしまう。親父は邪神討伐より行き帰りの200kmほどの距離の移動が疲れたらしい。往復2時間程だったらしい。無茶苦茶だな。
    ある程度浸かると、親父に話掛けステータスを見してもらう事にした。

「父さん、ステータス見してよ」
「そうだな。[ステータス・オープン]」

    そして俺の目の前に親父のステータスが明かされる。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 名前:ハゾメ・レビュート様
 種族:(恐らく)人種族
 年齢:32歳
 前世:不明
 Level 350

 生命力・・26000000
 魔力・・11000000

 筋力・・16000000
 敏捷・・10000000
 知力・・10000(上限)
 魅力・・50000(上限)
 幸運・・運が関与できません
 物理攻撃力・・表示できません
 魔法攻撃力・・表示できません
 物理耐性・・表示できません
 魔法耐性・・表示できません
 ・固有スキル
 ハゾメの世界、全神具適正、神具召喚
 ・スキル
 身体強化、剣術、移動速度強化、耐性強化
 ・祝福
 無し
 ・称号
 神殺し、竜殺し、魔王殺し、霊殺し、神に恐れられし者、人類最強、人間を辞められる者、前世不明の者
 ・転生前職業
 不明
 ・転生回数
 不明
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「無茶苦茶すぎだろ、、、」
「よく言われる」

「クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー69968

    誤字脱字ではないのですが、ステータスの数値が桁が多いとわかりにくいので、カンマで桁区切りするか、6千万みたいに漢字表記の方が良いのかなと思います。
    個人的に漢字表記より数値の方が強さが分かりやすいと思います

    3
  • 名無しシャン

    コメントありがとうございます。
    訂正箇所は訂正しました。

    3
  • ノベルバユーザー206128

    「人間を辞めれる者」ではなく「人間を辞められる者」の方が国語的に良いのでは無いでしょうか?

    4
コメントを書く