クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった

名無しシャン

第1話 「ステータスと家族会議」

 
「あぅあぅ(声は出ねぇか)」

 俺はクラス転生しから、赤ちゃんの状態の為ベビーベッドに寝かされている。寝かされた状態で、目を開けていると1人の女性が覗き込んで話しかけてきた。が、何を言っているのかわからない。どうやら、異世界に来ても言語スキルは付与されないパターンらしい。
 仕方がないのであぅあぅ言っておく。そうしていると布団を掛けられた。寝ろって事なんだろう。知性は高校生でも脳や、体は赤ちゃんなんだな、少し考えごとをしただけなのにすごい睡魔がやって来た。ここはお言葉に甘えるとしよう。それにしても覗き込んだ女性はかなり若かった多分姉だろうと思うが母親って事もパターンではありえる。
 まぁどちらにせよ明日からは言語を理解する勉強だな。異世界に来て勉強だなんてな。
   
  ーーーー  そして二年の月日が流れた。ーーーー
   とりあえず言語は理解出来た。理解した事で幾つかわかった事がある。まずこの世界の俺の名前だ。家族は皆俺のことをルルって呼ぶからフルネームを知るのに苦労した。
   俺のフルネームはルルシア・レビュート、レビュート家の次男のようだ。
   次に家族だが父親1人、母親3人の一夫多妻で姉1人兄が1人の計7人家族のようだ。一夫多妻だからと言って仲が悪い訳ではない。どうやら父親と母親3人は友達同士だが、母親3人は父親が好きだったらしくそれを知った父親が全員と結婚したらしい。

「ルルー、朝ご飯ですよ」

   そう言って俺を抱き上げたのは1人目の母親で姉の実の母親に当たるセラ・レビュートである
   容姿は銀髪ストレートで肩当たりまで伸ばしており少し白い肌をしているが不健康には見えない

「あぃ〜」

   俺は返事をしておく
   そして食卓に向かうとそこには、料理を並べている金髪で腰の少し上ぐらいまで伸ばし頭の後ろで一つにまとめポニーテールにして、料理を並べてる女性がいた。

「料理は出来てるからルル、セラお座りなさい」
「わかったわ、エミー」

   エミーと呼ばれた人物が金髪の女性で俺の実の母親であり3人目の母親エミー・レビュートだ。
   そうしていると、キッチンの方から先程まで料理をしていたであろう、黒髪の女性が出て来た。

「ルル、エミー、セラ、片付けがあるんだから早めに食べちゃて、それから上の部屋にいるハゾメさんにも朝ご飯って伝えて起こして来て」
「わかりました、それじゃルル、セラ、レナ行ってくるわね」
「そうだエミー、ハゾメさん一回起こしただけだと起きないから2、3回起こすのだよ」
「レナ、それぐらいわかってるって」

   そう言ってエミーは上に上がって行った
   レナと呼ばれた黒髪の女性が2人目の妻でレナート・レビュートで兄の実の母親に当たる人だ。そして、ハゾメというのがセラ、エミー、レナの旦那でハゾメ・レビュートだ。

「ルル、もうそろそろお兄ちゃん達が降りて来ると思うわ。噂をしてたら降りて来たわよ」
「ルルーおはよーー ︎朝のルル成分補給しなきゃ。
         スーハー、スーハー」
「お姉ちゃんって、本当にルルが好きだね。それとセラさん、お母さんおはよう」

   凄い速度で走って来て俺に抱きついている、少しブラコン(ルルコン)の姉ちゃんが、セリア姉ちゃんだ。
   そして、そんなセリア姉ちゃんにあきれているのが俺からは9歳差の兄で、セリア姉ちゃんからは1歳差の弟、レビン兄だ。二人共母親の遺伝が強いからか髪の色は一緒である、もちろん俺もだが。

「セラ、レナ、ルル、セリア、レビンおはよう。そしてセリアとルルはいつも通りだな。」
「「「「「「おはよう(ございます)、ハゾメさん(お父さん)」」」」」」
「おはよう、それじゃあ席につこうか」
「「「「「「はい」」」」」」」

   そして、朝食を食べていたわけだが、突然ハゾメが口を開いた。

「明日、ルルのステータスを見に神殿に行こうと思うっている。ステータスには、その人の前世が記されていて、前世が分かる様になっているのは、知っているだろう」

 ハゾメが言った様に、この世界ではステータスを見ると、自分の前世と転生回数が分かる様になっている。
 転生回数が記されている理由は、未だ解明されていないらしいが、転生回数が多い程初期ステータスが少し高かったり、ステータスの伸びが大きくなったりするという事があるらしい。

「そこまではいいとしよう。俺がみんなに頼みたいことは、ルルの前世がどんなものでも、いつも通り普通に接してやってほしい。どんな悪人であれ、聖人でも、魔王や勇者だったとしても、だ。前世は前世だ、今のルルのステータスを作っているだけでルルとは別なんだ、そこをわかってほしい。ルルも前世が悪人だからと自分を卑下するな、聖人や善人だとしても人を見下すことをするな、わかったか?」
「あぃ〜〜」
「ハゾメさん、それレビンとセリアの時も言ってましたわよ」
「なんだ、そんなことですか。当たり前でしょう、だって私のルルは私のルルなんですから」
「エミーさんずるーい、ルルは私のルルでもあるんだから」
「そう言うのは、帝国に聞こえないようにしとかないとお父さん首飛ぶよ」
「レビン、ハゾメさんが帝国ごときに殺せる訳ないでしょ」
「それもそうだね」

   明日になればステータスがわかるんだな。まぁ、ステータスって言ってもわかると思うが母さん達と同じような感じで見たいから、明日まで待つけどね。
   ルルの全前世を課題とした家族会議はさらっと流れていき、この1日はすぎていった。さらっと出て来た親父最強説に関しては、また別の時に触れるとしよう。

「ルル見えてきたぞ、あれが神殿だ」

   決して小さくはないが日本の民家ほどの白く清潔感のある建物が目に入る。親父の言った通りならあれが神殿なのだろう。
   今日は俺のステータスを知るために神殿に家族総出で来ているのだが、やけに神殿内が騒がしい。

「やけに騒がしいがどうしたんだ?」
「あー、それはで、、す、、、ね、、、、レビュート家だーー ︎一家総出だぞーー ︎」
「ヒッ!レビュート様本日はど、どのようなご、ご用件でしょうか」
「いや、ただ息子のステータスを見にきただけだよ。それとこの騒ぎはなんなんだ?」
「いえ、ただこ、今年の子達はし、神童続出世代でして、それで騒がしくなってい、いるの、、です」

   いや、親父何したんたんだよ。めちゃくちゃ怯えられてるじゃん。いや、レビュート家って言ってたし全員なのか?、、、訳わかんねぇしほっとくか。

「そうなんだ、まぁ私のルルだし、神童クラスに入るでしょ、と言うことでルルのステータス解析お願いします」
「セリアのルルかは置いといて私とハゾメさんの息子だから神童には入るでしょうね」

   おい母親オヤバカと、ブラコン、変にハードルあげんじゃねぇよ。

「ステータス解析でしたね、忘れてた訳ではありません。だからお許しください、私には嫁と娘がいるです。靴でもなんでも舐めるのでお許しください」
「いや、だったら早めにステータス解析お願いします」

 いや、だから俺の家族何したんだよ!

「わかりましたと、すぐ用意します」
「早くステータス解析水晶持ってこい ︎」
「「「はい ︎」」」

   その掛け声が掛かって30秒後に目の前に水晶が届いた。
   
「では、お手を乗せてください」

   水晶に触れると冷んやりしていた。そして、触れていた手の平から何かが抜かれたような気がしたが、極々少量であったので特に何も感じない。そうしているとステータスと思うものが映像のように映し出しされた。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 名前:ルルシア・レビュート
 種族:人種族
 年齢:2歳
 前世:高校生
 Level1

 生命力・・500
 魔力・・測定不明

 筋力・・50
 敏捷・・300
 知力・・1000
 幸運・・600
 魅力・・3000
 物理攻撃力・・不確定
 魔法攻撃力・・不確定
 物理耐性・・不確定
 魔法耐性・・不確定
 ・固有スキル
 身体強化(相手)、絶対凌駕、ステータスチェンジ、異世界言語、異世界知識、解析鑑定、隠蔽
 ・スキル
 身体強化(極)、魔力強化(極大)、全魔法適正
 ・祝福
 転生神の祝福
 ・称号
 転生を繰り返しもの、人類最強の息子
 ・転生前職業
 異世界勇者、異世界魔王、異世界神、高校生
 ・転生回数
          100回
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「「「「、、、、、、はっ?」」」」

「クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • 異世界系大好き人間

    赤ちゃん強w

    0
  • ノベルバユーザー273550

    盛ったな〜

    1
  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    転生数最初5人とかだと思ってました。。。これはヤバすぎですねwww

    1
  • NULL

    設定ぶっ飛んでて面白い!
    グッド100人目!!

    5
  • ノベルバユーザー113073

    イヤーマジでパナイッス(笑)転生100回って盛りすぎっす((o(^∇^)o))

    11
コメントを書く