クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった

名無しシャン

プロローグ クラス転移かと思ったらクラス転生

 
  「ハァ、ハァ、後30秒で遅刻じゃねぇか」
    
   只今俺は、遅刻する30秒前の為学校に向かって全力疾走中である。遅刻しそうな理由は、重い荷物を持ったおばあさんを助けてたとか、事件事故に巻き込まれたとかそういうのではなく、唯の寝坊である。

  「くそ〜、まさか携帯の充電が切れてアラームが鳴らなかったなんて。おっ、学校が見えて来たし後100mぐらいか。間に合うかな」

   キーンコーンカーンコーン

「セーーーーフ」
「いや、残念だったな、1.3秒アウトだ」

   セーフと思い門をくぐり抜けたが、目の前ではこの学校の風紀委員長でもあり、俺の親友でもある、喜山 聡介きやま  そうすけがストップウォッチを持って立っていた。

「1.3秒ぐらい良いじゃんかよ聡介、俺ら親友だろ」
「親友を正すのは親友の役目だろう、時雨」
「うぐぅ、ケチ」
「ケチでもなんでも言えばいいさ」
「鬼、悪魔、魔王、邪神」
「いいすぎだろ!」

   時雨と呼ばれたのは俺、七宮ななみや 時雨しぐれのことである。身長はめちゃくちゃ高いわけではないが、平均よりは大きい。趣味はWEB小説漁りと、アニメ鑑賞であり、世間一般ではオタクといわれるやつである。
       この学校は現代日本の唯一屈指の名門高等学校でありあらゆる方面で才能を持った者だけが通れる才人だらけの学校なのだ。その為オタク仲間は聡介しかいないのである。要するに友達が少ない奴だ。
   そんな平凡なやりとりをしながら俺らは教室に向かった。
   教室に入ると皆の目線は俺らに集まった。というより聡介に集まった。

「遅刻者1人、欠席者0人だな。おい、早く席につけホームルーム始めるからな」
「わかりました、金城先生」

   今、教卓に立ちホームルームを始めるようとしている金城先生と呼ばれた人が俺たちの担任を持つ金城  休化かねしろ きゅうかだ。
   俺は先生と聡介のやりとりをきき、先に席についた。

「今日は〜〜〜で、〜〜〜だからしっかりするように。これでホームルームを終わる」

   ホームルームは普通に連絡事項を伝えて流れていった。そして、ホームルームが終わると1時間目は移動教室らしいので皆用意を準備し始めていた。そんな中俺に話しかけてくる人物が1人いた。

「おはよう、七宮君」
「おはよう、千凪さん」

   千凪せんなぎ 美奈みな成績優秀、容姿端麗、運動神経抜群、さらに生徒会長もしている。父親が大企業の社長、母親は300以上の資格を持っているという、ほとんどの人からは高嶺の花になる人物である。
 友達が少ない事を知っているからか、俺によく話しかけてくる人物でもある。その度にクラスの殺気の篭った視線が飛んでくるのだが、張本人は気づかず話し続けるのでどんどん殺気が濃くなってくる。

「あ、あの七宮君、放課後予定あるのかな。ないなら伝えたい事があるから、生徒会室に来て欲しいんだけど」
「いや、特に用事はないからいいけど」
「、、、、、よし、今日こそは告白するんだから」
「千凪さん何か言った?」
「あ、いや、何もないわよ、何も。兎に角約束だからね」

 そう言って千凪さんは離れていき、自分の用意をし始めた。そして、自分の用意をしようとした時だった。教室の床一面に知らない言語で書かれた魔法陣が表れて光り輝き出した。

「何が起きてるんだ」
「扉が開かねぇ」
「窓も無理やわ」

 と、クラスが困惑している時に俺はクラス転移キターっと思っていた。そして光はさらに強くなりクラスメイトを全員飲み込んだ。そこには、誰一人残っていなかった。
   そして光に包まれた時俺は声を聞いた。

「あー、あー、テステス。よし、時間がないかから手短に説明するね。まず私は転移・転生担当の神です。あなた達は今から「グリムノル」という異世界に転移してもらう予定でした。しかし、え〜とですね、あの〜ですね、私のミスで、全員死んだんですよ。あなた達を呼んだ国には、死体だけが届く感じになります。それでですね、貴方達はその世界に転生してもらいます。その世界にはステータスといわれるものが存在してます。貴方達は転生前のステータスによってステータスが決まるようにしておきました」

(クラス転移キターっと思ったのにクラス転生かよ!さらにその理由が神のミスかよ!
   まぁでも、異世界にいけたらこっちのもんか)

「スキルに関しては転生前のステータスの影響で幾つか候補が出ますんで選んでください。あっ、時間切れのようです。では、貴方達に幸福を願っています」

 そして、光が治るとそこは、ベビーベッドの上でした。


「クラス転移キターっと思ったらクラス転生だったし転生を繰り返していたのでステータスがチートだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • べりあすた

    時雨…かっこいい名前

    2
  • 電脳世界の住人

    選んでねぇw

    1
  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    まさかのクラス転生は笑いますね笑

    1
  • ノベルバユーザー113073

    選ぶ暇なく転生、笑えましたw

    5
コメントを書く