拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

68話 侵入者の正体でした!?

「あ、出て来た!」

僕は突然現れたダンジョンを警戒して数時間が経ちようやくダンジョンから人影が出て来た。

「あれは小人か?」

ダンジョンから出て来たのは小さな人だった。大きさこそ手のひらサイズの大きさだが姿や格好はまさに人そのものだった。

『はい、あれは小人になります、マスター』

ダンジョンコアからダンジョンから出て来たのが小人だと肯定してくれた。

『あれはモンスターと言うよりも人間種の一種と言った方が正しいかもしれません、マスター』

小人はモンスターと言うよりも人間の方が近い存在だった。モンスターの特徴である

『それで如何されますか?マスター』

ダンジョンから出て来た小人達は僕のダンジョンに向かって一直線に向かって来ていたのだ。小人達もこの近くに自分たちのダンジョンとは異なるダンジョンがあることを認識しているのだろう。

「そうだな、少しピョコン達に相手をさせてみるか」

僕はピョコン達の初めての相手として小人達を迎え撃ってもらうことにした。ピョコン達の戦闘能力は情報でしかわかっていないので今回の戦いで直接ピョコン達の戦闘能力を見ることができるいい機会になった。

「よーし、それじゃピョコン達に連絡しておくか」

僕はこれから小人達がダンジョンに侵入者が来ることをピョコン達に伝え、それを撃退してもらうことも伝えた。ピョコン達は初めての戦いで緊張しているかと思ったがピョコン達は以外にもやる気満々だった。

「一応念のために保険をかけておくか」

僕はもしも小人達が強くてピョコン達が倒される可能性も考えて、一階層にはクロマルとハクエンに行ってもらうことにした。2人ならピョコン達や小人達からも姿を隠す技を持っているので本当に危なくなるまではピョコン達を見守ってもらうことにした。

「それじゃ頼んだぞ!2人とも!」

「ん、まかせて!」

「キュ!」

2人には早速一階層に向かってもらった。

『それではそろそろ小人達がダンジョンに入って来ます、マスター』

僕は改めて小人達を見てみると、小人達は僕のダンジョンの入り口へと着々と近づいて来ていた。

「それじゃ、そろそろだな、頑張れよ」

僕はピョコン達に聞こえはしないかもしれないが小さく頑張れと呟いた。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く