拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

63話 クラーケンと戦います②

クラーケンと戦うことを決めた僕は腰にかけてあったカラドボルグを抜いてクラーケンに矛先を向けた。

「それじゃやるぞ!」

「はい!」

「ん!」

「任せろ!」

僕はクラーケンの本体に攻撃しようと思ったがまずはクラーケンの8本ある触手が僕たちの乗っている船を襲う矛でありクラーケンの本体を守る盾であるのでまずは触手を切り落として行くことにした。

「それじゃ行きますね!《グリーンヴァイス》」

ミドリが魔法を唱えるとクラーケンに向かって蔓が伸びて行く。そしてそのままクラーケンの触手の1本に絡まって動きを止めた。

「ここで一気に行きます!《グリーンキャノン》」

ミドリは新技で大技の《グリーンキャノン》を唱えた。この魔法は《グリーンバレット》とよく似ている魔法だ。だが《グリーンキャノン》は《グリーンバレット》とは違い《グリーンバレット》が種をそのまま撃つのに対して《グリーンキャノン》はそのまま種を撃つのではなく一つに固めて撃ち出す魔法なのだ。これをすることによって威力が格段に上がったのだ。実際にクラーケンの触手を1本吹き飛ばしていた。

「気をつけろ!クラーケンには再生するぞ!」

フラワからクラーケンは再生することが告げられた。

「まじかよ!」

フラワから言われた通りミドリが《グリーンキャノン》で吹き飛ばした触手が1本海の中に沈んでいったと思ったらすぐに海の中から出てきた。そしてフラワに言われた通りクラーケンの触手は何事もなかったように再生していた。

「ん、やっかい!」

クロマルもクラーケンの触手を切り刻んでは再生されまた切り刻んでは再生されを続けていた。

『マスターのカラドボルグなら大丈夫です、マスター』

ダンジョンコアからクラーケンに対しての戦い方が伝わってきた。

僕はダンジョンマスターなのでダンジョンコアとは離れていても会話することが出来るのだ。そしてダンジョンコアからクラーケンの弱点とも言える情報を教えてもらった。

「そりゃぁぁぁあ!」

僕はカラドボルグに雷を纏われてクラーケンの触手の一本を切り裂いた。

「ギュュュュュ!」

はじめてクラーケンから鳴き声ならぬ泣き声が発しられた。

ダンジョンコアから教えてもらったクラーケンの弱点とは僕のカラドボルグだったのだ。実際にはカラドボルグに備わっている力だ。カラドボルグの力の一つである雷の力でクラーケンの再生しようとしている触手を痺れさせて麻痺させれているのだ。その力のおかげで雷を纏わせたカラドボルグで切った触手は再生することができないでいた。

「よし行けるぞ!」

僕はクラーケンにカラドボルグの雷が有効だと分かったのでクラーケンの触手を切り刻んで行くことにした。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く