拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

56話 冒険者ギルドにやって来ました!

僕たちは海の街シーペイトの宿で1日を過ごした。

シルやモアラー達、ダンジョンに居残り組のために買ったものはその日のうちに届けておいた。

「今日はどうしようか?」

「それなら、冒険者ギルドにいくの」

「そうだな、それもいいな!」

冒険者ギルドとは簡単に言うと何でも屋のことだ。冒険者ギルドに依頼することができれば何でもしてくれる所のことだ。何でも屋と言っているが犯罪やまたはそれに近いことはしない。主に冒険者ギルドはモンスター退治やダンジョン攻略を稼ぎどころしている。依頼はいつ来るかわからないし、もし依頼が来ても自分が受けれるか分からないので、一定の需給がある、モンスター退治を稼ぎとしてやっているのだ。

「そうだな、冒険者ギルドに行ってみるか」

「ん、わかったの」

「ご主人様、朝ごはんができましたよ」

「わかったよ、それじゃ朝ごはんを食べたら冒険者ギルドに向かいますか」

僕たちは宿の朝ごはんを食べてから冒険者ギルドに向かうことにした。

「ここが冒険者ギルドか~」

「すごいですね~」

「ん、立派!」

朝ごはんを食べた僕たちは冒険者ギルドに向かった。宿から冒険者ギルドは近かったのでそう時間はかからなかった。冒険者ギルドに着いてみるとすごく立派な大きな建物だった。

「それじゃ入ってみるか」

「はい!」

「ん、」

僕たちは冒険者ギルドの扉を開けて中へと入っていく。

「うわぁ~たくさんいるな~」

「そうですね、たくさんいますね~」

「ん、人がいっぱいいるの」

冒険者ギルドの中に入ってみると、中はたくさんの人がいた。冒険者ギルドには依頼を出したり、受けたりする受付と、お酒やご飯を食べることができる居酒屋さんも中にあった。冒険者ギルドにいる人は受ける依頼を見ている人とお酒を飲んでいる人に別れていた。

「すごいなあ~あれはなんの列だ?」

僕が冒険者ギルドの中を見ていると、列ができている場所があった。

「あれは受付なの」

「あ~そう言うことか」

僕はなるほどと手をポンと叩いて頷いた。

冒険者ギルドの受付は可愛い人が多いのでそれで受付の前には列が出来ているんだなと理解した。事実、僕は受付の人を見てみると全員が可愛いらしかったのだ。

「それじゃギルドを出よっか」

「ん?冒険者にならないの?」

「うん、ならないよ」

僕は冒険者になろうと思っていたんだけど、受付の人を見る時に冒険者になろうとした人がいた時に気が付いたが冒険者になるためには鑑定されて自分のことを調べる魔法みたいなのがあるそうなのだ。その時に僕がダンジョンマスターだとバレてしまう危険性があるので僕は冒険者になることはやめておくことにした。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く