拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

54話 やっと街に着きました!

「やっと着いたなー!」

「着きましたねー!」

「着いたの!」

僕たちはようやく人がいる街に着くことができた。

「長かったな~」

「長かったですね~」

「長いの~」

これまで船で旅をしてきて思っていたより時間がかかっていた。

「それじゃ、案内を頼むよ、クロマル」

「ん、任せて」

クロマルにこの街の案内をしてもらうことにした。僕たちはこの街のことを知らないし、それならこの街のことを知っているクロマルに案内してくれることになった。

「まずはあっちにいくの」

この街に船で入る時には専門の門を通って入らなければならないようだ。

「はい、これが通行証だよ!」

僕たちが門の前に向かうと、この街の兵士と思われる人たちが立っていた。その人たちはこの街に入って来たり、出ていったりを管理する人たちだった。僕たちはこの街に船で入るためにお金を払う必要があった。入場料はクロマルが持っていた。どうやらクロマルは海賊達からお金を奪っていたようだ。

この世界のお金は、金貨、銀貨、銅貨、鉄貨と分かれていて、前の世界で考えてみると、金貨は10万円、銀貨は千円、銅貨は百円、鉄貨は十円の分の価値になる。

「それじゃ中に入ろうか」

「そうですね、少し楽しみですね」

「ん、案内は任せて」

僕たちは兵士の人に案内されて街の中へと入っていった。

「それでは着いて来てね」

街の中に入ってからしばらくは船を止める場所にまで距離があるようですぐに街に向かうことは出来なかった。

「この街は大きいなぁ~」

「そうですね、たくさんの人がいますね」

「ん、この街は結構大きいの」

クロマルが言うにはこの街は世界有数の大きさを持っている街だそうだ。

「はい、ここに船を止めてね」

僕は兵士の人に案内された場所で、言われた通りの場所に船を止めることにした。

「結構、船が止まっているんだな」

「そうですよ、この街にはたくさんの人が来ますからね」

僕たち以外の船もたくさん止まっていた。それだけこの街に来る人が多いということだな。それならこの街に期待が持てる。たくさんの人が来るっていうことはそれだけこの街がこれだけの人に来たいと思わせるほどの何かがあるということだからだ。

「はい、これで大丈夫ですよ」

僕は指定された場所にきっちりと船を止めた。

「それでは、ようこそ!海の街『シーペイト』へ!」

兵士の人が僕たちをこの街に迎えてくれた。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く