話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

50話 船の上での戦いでした④

僕はクロマルとハクエンと一緒に海賊達の船内にいた。

「ん!」

「キュ!」

僕達が海賊達の船内を動き回って海賊達を倒して行っていると、クロマルとハクエンが何かを見つけたようだ。

「どうしたんだ?」

「ん、ここ」

僕がクロマルになにを見つけたのか聞いてみると、クロマルは指を指していてその先には海賊達の船内の中で見て来たどの扉よりも大きくて立派な扉がそこにあった。

「入ってみるか」

「ん、」

「キュ!」

他の扉より大きくて派手なので中の様子が気になって中を覗こうと扉を開けてみることにした。

「ここはお宝部屋か!」

「ん、お宝たくさん」

「キュ!」

僕たちが大きくて立派な扉を開けてその中を覗いてみると、その中にはたくさんのお宝が置いたあった。

「よし!それじゃお宝を持って行くか!」

「ん、持って行く!」

「キュ!」

僕とクロマルは2人で協力してこの部屋にあるお宝を持って自分たちの船に帰ろうとしたら、僕たちのいる部屋の扉からドンと大きな音が聞こえて来たと思ったら海賊の1人が入って来た。

「な、なんだ!お前らは!」

「ちっ!バレてしまったか!」

「ん、バレたの」

「キュ!」

僕たちがお宝を持ってこの部屋を出る前に海賊である男の1人に出会ってしまった。

「おい!そのお宝はこの船の船長である俺のもんだぞ!」

この男はこの船の船長だった。確かにこの男をよく見てみると、ここまで来た時にみた他の海賊達より装飾品を付けているのがわかる。

「だからそれは置いていけ!」

それだけを言うと海賊達の船長は腰にかけていた剣を抜いて僕たちに襲いかかって来た。

「クロマル、ハクエン、迎え撃つぞ!」

「ん、わかった」

「キュ!」

僕たちは襲いかかって来た船長を迎え撃つために僕たちも自分たちの武器を抜いて船長の攻撃を避けた。

「行くぞ!カラドボルグ」

「ん、やるの!」

僕はカラドボルグで、クロマルは僕がクロマルのために召喚していた小太刀で船長に襲いかかる。

「ちっ!この野郎!」

海賊達の船長は僕とクロマルの攻撃を防ぐ。だがこのお宝部屋では暴れすぎるとお宝が壊れてしまったり傷付いてしまったりするので海賊達の船長は僕たち2人に攻めきれずにいた。

「キュ!」

「な、なんだ!?」

今まで隠れて身を潜めていたハクエンが姿を現した。そしてハクエンからもくもくと煙が溢れ出て来た。その煙は海賊達の船長を包み込んだ。

「ん、やる!」

煙に包まれたことで海賊達の船長は僕たちを見失った。そしてその隙にクロマルは小太刀を構えて海賊達の船長に向かって一直線に向かって行った。

「な、なんだ!?」

クロマルの小太刀は船長を刺した。

「く、くそ!」

それだけを言うと海賊達の船長は倒れ込んだ。

「ん、やった!」

「キュ!」

「良くやったな、クロマル、ハクエン」

クロマルとハクエンは手を腰に当ててドヤ顔を決めていた。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く