拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

52話 船の上での戦いでした②

海賊達の船を吸収すると、かなりの魔力を得ることが出来た。

『これでまた、たくさんの魔力が集まりましたね、マスター』

「そうだな、ゴブリンキングぐらいの魔力はあったな」

海賊達の船は前に倒したことがある、ゴブリンキング並みの魔力を集めることが出来た。

「「モキュ!」」

『モアラー隊のモア以外が進化したようですよ』

海賊達の船を吸収することが出来たところにモアラー隊がやって来た。何かモアラー達が何時もと雰囲気が違うと思ったらダンジョンコアがモアラー隊は進化したと教えてくれた。

「よく見たら、モアと同じように毛の色が変わっているな」

モアラー隊をよく見てみると、モアと同じように毛の色が変わっていた。だが、モアと同じ赤色ではなく、青色、黄色、緑色、白色と各色に進化していた。

『今回は力試しが出来ないので簡単に私が説明したいと思います、マスター』

「わかった、お願いするよ」

今は船の上にいるので進化したモアラー達の力試しをすることは出来なかった。万が一船が沈没なんてしてしまったらシャレにならないからな。

『それでは説明していきますね、マスター』

ダンジョンコアがモアラー達の力について話し始めた。

まずは青色のモアラーの力についてだ。青色のモアラーは水魔法が使えるようになったようだ。そして青色のモアラーの体はひんやりしている。

次に黄色のモアラーについてだ。黄色のモアラーは土魔法を使えるようになったようだ。だが土魔法は土がある場所じゃないと発動することは出来ないようだ。

さらに次は緑色のモアラーについてだ。緑色のモアラーは風魔法を使えるようになっていた。緑色のモアラーは特に風魔法を使えるようになっただけで特にこれといったものはない。

最後に白色のモアラーについてだ。白色のモアラーは回復魔法を使えるようになっていた。白色のモアラーの近くにいるとなんだか癒されているような気持ちになる。

『これが進化したモアラー隊の力です、マスター』

「すごいな~、これからもよろしくな!」

「「モキュ!」」

モアラー隊は全員が何かしらの魔法を使えるようになっていた。これによってモアラー隊の力は何倍にも上がったことだろう。

「ん、これはどうするの?」

モアラー隊の進化した力をダンジョンコアから聞き終わった後にクロマルがやって来た。クロマルがやって来た理由は海賊達の船から持ち帰って来たお宝をどうするのかということだった。

「そうだな~まずは使えるものと使えないものに分けようか」

「ん、わかった」

『手伝いますよ、マスター』

僕とクロマルはダンジョンコアに協力してもらい、海賊達のお宝を分ける作業を始めた。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く