話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

49話 船の上での戦いでした③

モアが自分以外のモアラー隊を相手の船に飛ばしていた。

「おぉ~凄いなぁ~」

僕はモアが投げて相手の船に飛ばしている様子を見て驚いていた。モアラー隊には特に指示を出していなかったので自分達で考え、そして行動を起こし、それがあまりにも驚きのことをしていたことに驚いていた。

「それじゃ僕もモアに飛ばしてもらおうかな」

僕もこの船にいてもミドリがこの船に乗りかかろうとする海賊達を《グリーンバレット》を放ち誰1人として船に乗せさせていないのでこの船で僕がやる事は何もないのだ。

「それじゃ、ここはミドリに任せるね」

「わかりましたわ、それでは気をつけてくださいね」

僕はミドリにこの船を任せて、相手の船に乗るためにモアのところに向かった。

「僕もあの船に乗り込みたいんだ」

「モキュ!」

僕はモアに相手の船に乗りたいことを伝えて飛ばしてもらうようにお願いをして、それをモアは了承してくれた。

「それじゃお願いするよ」

「モキュ!」

僕はモアと手を繋ぎ、ぐるんぐるんぐるん、と勢いをつけて回されて、そして僕は相手の船に向かって飛んで行った。

「到着っと!」

僕は無事に相手の船に乗り込むことができた。少し回されて目がグルグルと酔ってはいた。

「私もきた、」

「キュ!」

少ししてからクロマルも飛んできた。クロマルが飛んできたと言う事はクロマルと一緒にいるハクエンも同時に飛んできたと言う事だ。

「なんできたんだ?」

「手伝いに来た」

「キュ!」

クロマルとハクエンは僕の手伝いをしに来たようだ。僕はこの船に海賊達を倒しに来たんだが甲板ではモアラー隊が暴れていて僕は必要そうではなかった。それよりも逆に参戦することによって邪魔になりそうだった。

「それじゃ僕たちは船内に入るとしようか」

「ん、」

「キュ!」

船の甲板では僕たちが出来ることはなかったので僕たちは船内に向かうことにした。

「隠れて」

僕はクロマルに言われた通りに近くにあった物陰に隠れた。船内に入ると海賊達は慌ただしく船内を走り回っていた。海賊達はどこからか武器を持ってくると甲板に向かっていた。おそらくモアラー隊をどうにかしようとしているのだろう。だがどうにかすることが出来ずどんどん船内にいた海賊達を呼んで数でモアラー隊をどうにかしようとしているのだろう。そして僕達は海賊達に見つからないように船内で1人でいる海賊達を倒して回っていた。基本的に1人になった海賊しか狙わないが倒せそうで、僕たちが船内に潜伏していることがバレないようなら見つけた海賊達から倒していた。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く