話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

47話 船の上での戦いでした!

無事に船を動かす事ができ、僕は適当に方角を決めて船に乗り旅に出ていた。

「う~ん、気持ちいいなぁ~」

僕は船の中には入らずに船の甲板に出て海の風を受けていた。ダンジョンコアは船長室にいて何か問題があったらすぐ行動を起こせるように待機しており、ミドリとクロマルは休憩部屋を体と心ををもっと安らぐ事ができるようにしたいと言い休憩部屋を改造していた。

「ん、あれはなんだ?」

僕は海の上に黒い影を見つけた。その黒い影が何かと目を凝らして見ると

「あれは海賊船か?」

黒い影には海賊旗が掲げられていたのだ。海賊旗が掲げられていることから僕は黒い影の正体が海賊船だと考えたら。この船は元々海賊船だったので海賊旗もあったがどう見てもダサいので僕が剥がして置いたのだ。この世界の海賊旗はドクロを使うなどといった海賊旗にはこれ!と言ったものはなく海賊船によって様々なのだそうだ。

「ダンジョンコアに知らせに行くか」

僕は海賊船を見つけたので船長室にいるダンジョンコアに海賊船を見つけたと報告しに行くことにした。

『そうですか、わかりました、マスター』

ダンジョンコアと話し合った結果、まだ黒い影が海賊船と決まったわけではないのでこっちからどうこうすることはしないことにした。だがもし僕たちの船に攻撃させるような事があれば僕たちも黙ってやられるわけにはいかないのでやり返すことにした。あくまでもこっちからは手を出さずやられたらやり返すと言う方針を立てた。

「それじゃ僕も一応準備をしておくよ」

『わかりました、私はミドリ達に知らせておきますね、マスター』

僕はもし攻撃された時のために反撃出来るよう準備をしておくことにした。ダンジョンコアにはミドリ達にももしもの時の反撃するための準備をしておくように伝えてもらうことにした。

「それじゃモアラー隊にも来てもらおうかな」

僕は船のダンジョンゲートをくぐりダンジョン島に帰って来ていた。そこにはモアラー隊が畑仕事を終えていたので船にモアラー隊を連れて行くことにした。島の防衛はシルに任せておけばわ大丈夫なのでモアラー隊にももしもの時のために連れてくることにしたのだ。

「それじゃ行くよ」

「「モキュ!」」

僕はモアラー隊を連れてダンジョンゲートをくぐり船に戻って来た。

『そろそろ船と接触します、マスター』

船に戻ってくるとダンジョンコアからそろそろ何ものかの船と接触するとのことだ。

「それじゃみんなは警戒態勢で!」

僕は一応海賊かどうかを判断するために甲板に出ることにした。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く