拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

45話 船に乗りました!

僕は船に乗り旅に出たいと思っていたので船をダンジョン化することにした。

「ん~、ダンジョン化したけど見た目は変わってないな」

船をダンジョン化することが出来た、ダンジョン化によって船の見た目は変わってはいなかった。

「それじゃ僕は船の中を見てくるから、シルは待っててくれ」

「わお!」

僕はシルの背中から船に飛び移った。

「それじゃまずは船長室から見てみるか」

僕はダンジョン化によって変わったことはないか確認することにした。まずは船長室から調べてみることにした。

「うん、船長室も変わりなし!」

僕は一つ一つ変化していることないか確認していくが船長室には変化していることはなかった。

「次は休憩部屋に行くか!」

僕は船長室を出て、次に休憩部屋に向かうことにした。

「う~ん、ここも変化なしか」

この部屋も変化したところはなかった。

「最後はここか」

僕は休憩部屋を出て最後に向かうのは物置部屋だ。ここで最後なので何か変化しておいてくれたらいいなぁ~っと、少しの期待を胸に物置部屋の扉を開けてみる。

『おかえりなさい、マスター』

「おかえりなさい、ご主人様」

「「モキュ!」」

物置部屋の扉を開けてみると、そこにはダンジョンコアとミドリとモアラー隊がいた。

「へ?」

『船をダンジョン化したのでここと船の一室が繋がってしまいました、マスター』

僕は何か変化してればいいなぁ~っと思っていたのである程度の変化には驚かないでいたのだがここがまさかミドリ達がいるダンジョンに繋がっているのは予想外だったので驚きのあまり変な声が出てしまった。

「えーと、つまり?」

『簡単に言いますと、このダンジョンから船に、船からこのダンジョンに移動することができます、マスター』

ダンジョンコアが言うには船をダンジョン化したおかげでこの船は僕のダンジョンの一部となり船の一室がダンジョンゲートとなり物置部屋からダンジョンに移動することが出来るようになった。後、侵入者は何故か分からないが一階層にダイヤ達がいる石の階層にしか行けないようになっているようだ。

『それじゃ私たちも船に向かいましょうか、マスター』

「そうですね、行きましょうか、ご主人様」

「「モキュ!」」

船をダンジョン化したことによってダンジョンコアが船に移動することが出来るようになったようだ。

『これが私たちの船ですか、マスター』

「これが船なんですね」

「「モキュ!」」

ミドリ達は船の中を確認するように船内を見回っていった。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く