話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

42話 女の子は奴隷でした②

「それでなんでクロマルは海賊船にいたんだ?」

「食べ物で釣られた」

クロマルと名乗った少女は海賊達に捕まる前からお腹が減っていてそこを食べ物をくれると言われとことこ付いて行ったらそこには食べ物なんかなく騙されて奴隷にされ船に乗せられていたんだそうだ。そうして食べ物を与えてもらえることがなく時間が経ち意識を失ったそうだ。

「そ、そうなのか、それは大変だったな」

「ん、大変だった」

クロマルと話していてクロマルには敵意がないと感じた。海賊達とは仲間のようではないし、かと言って僕の味方でもない、けどクロマルとは友好的に接することはできそうだ。

「クロマルはここがどこかわかるか?」

「わかんない、捕まっていたから」

クロマルにこの辺りのことを教えてもらうと思ったがクロマルも海賊達に捕まりここまで連れて来られたのでこの辺りのことは詳しくはないようだった。

「そうか、それじゃ仕方ないな」

「ん、ごめん」

「別にクロマルが謝ることじゃないよ」

クロマルは申し訳なさそうな表情をしていたが別にクロマルのせいじゃない。

「それじゃこれからクロマルはどうするの?」

「レイク、ご主人様」

クロマルは僕のことを指差しご主人様と呼び出した。

「ん?」

「私、奴隷、レイク、ご主人様」

クロマルは自分のことを奴隷と言い僕のことをまたご主人様と呼んだ。

「えっと、クロマルは僕の奴隷になるってこと?」

「ん、お世話になる」

クロマルの中ではもう僕の奴隷になることは決まっているようだった。

「それでどうやって奴隷になるんだ?」

『奴隷契約は首輪に血を垂らしたら完了です、マスター』

僕は奴隷と言われてもピンと来なかった。前世では奴隷なんてなかったし、今世でも村にいた時は奴隷なんてなかった。だから僕が奴隷になると言われても特別なことをしないと思っていたんだがクロマルの首にある首輪は奴隷の首輪と言われていてそこに血を垂らすとその首輪を着けている者を奴隷にすることができるとダンジョンコアから教わった。

「それじゃ奴隷契約を結ぶよ!」

「ん、お願い」

僕は近くにあったミドリが育てていた植物の棘に触れてから指から血をだし、奴隷の首輪に血を垂れ流した。

「来れて完了かな?」

「ん、これで契約完了」

どうやら奴隷契約は無事に成功することができるようだった。

「それじゃクロマルには僕のことを教えておこうと思う」

奴隷にはご主人様のことを守るようになる。それはどんなことも相手に漏らすこともないので僕のことを教えておくことにした。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く